• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 気になる?年収・給料・収入
美容師の気になる?年収・給料・収入

美容師の気になる?年収・給料・収入

美容師は華やかな仕事というイメージをもつ人は多いのではないでしょうか。実際は、競争が激しい業界でもあり、収入の低い研修期間や、立ち仕事が基本の身体的負担もあることなどから、勤続年数は他と比べて短い傾向にあります。
しかし、有名店の人気スタイリストやオーナー、またはフリーランスとして固定客をもつことで、長く安定して高収入を目指すことができる夢のある職業でもあります。実際の年収はどのぐらいなのか、収入面を見ていきましょう。

美容師の初任給は?

美容師は最初にアシスタントとして働く期間があり、その間の月収は、地域によって異なりますが、15万円以下のことも多く、生活していくのがやっとということも珍しくありません。見習い期間を終えたあとのスタイリストとなると基本給が月20万円前後となり、売り上げに対してのインセンティブがつくことが多いようです。

美容師の収入はどれぐらい?

それでは実際の年収はどれぐらいもらえるのかを見ていきましょう。「平成29年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)によると、美容師の平均月収は、男性で25.9万円、年間ボーナスは6万円。女性の場合、平均月収は23.2万円、年間ボーナスが5.7万円という結果でした。収入の男女差は、男性のほうが僅かに高いものの、ほとんど差はありません。日本国民の所得の中央値は442万円であるため、美容師の給与は決して恵まれているとは言えませんが、自身の月の売り上げに対してのインセンティブや自分のお店をもち経営者になることまで考えるのであれば生涯年収は高くなる見込みもあります。

理容師・美容師の平均給与

理容師・美容師の平均給与

年齢や経験によって美容師の収入に差はあるの?

それでは、年齢や経験年数によって収入は変わっていくのでしょうか?
美容師の年齢別平均年収額の推移を見てみると、はじめは男女とも、年齢を重ねるごとに上昇していきます。本調査では、男性は40代前半が最も高く462.3万円、女性は50代前半が最も高く358.6万円でした。50代前半以降は、年齢に関係なく、年収が上下していました。

理容師・美容師の年収推移(年齢別)

理容師・美容師の年収推移(年齢別)

40代後半からの収入が伸びにくいことや、立ち仕事であり、身体的な面で高齢になると働きづらい職種であることから、他業種で働くよりも、老後資金が貯まりにくい可能性は否定できません。
美容師は、通例としては、見習い期間のアシスタントとしてキャリアをスタートさせます。個人差はありますが3年ほどアシスタント期間を経た後、スタイリストになります。ここから給料を上げられるかは接客や技術が直接的に関わるようになります。店舗にもよりますが、売れっ子スタイリストはディレクター(トップスタイリスト)にランクアップし、一部の人は年収が1000万円を超えることもあります。
ここ最近の傾向として、店舗に所属するのではなくフリーランスとして働く美容師が急増しているようです。美容室の空きスペースを間借りしてカットなどを行うのが一般的で、労働時間や場所が自由であること、アシスタントがおらず顧客と1対1の密な関係を築きやすいこと、客数が直接収入につながることがこのような働き方に人気が出た要因であると言えます。
次に経験年数別で見てみましょう。
経験年数0年で16.8万円、1~4年目で19.4万円、5~9年で23.6万円、10~14年で28.2万円と、経験年数が増えるごとに月収平均は徐々に増加しています。
年間ボーナスは、1~4年目で3.8万円、5~9年目で5.2万円、10~14年目で6.8万円、15年目以降で11.7万円です。年間ボーナスは他の職種と比較すると非常に低い値となっています。

理容師・美容師の経験年数による収入の推移

理容師・美容師の経験年数による収入の推移

働く施設の大きさによって美容師の収入に違いはあるの?

次に働く施設の規模によって収入に差が出るのかを見ていきましょう。
施設規模が小さくなるに連れ平均年収は微増しますが、それほど相関関係はないようです。施設規模の大きさよりも地域や店舗、個人の実力に大きく依存するのが理容・美容業界であると言えます。

理容師・美容師の年収・年間ボーナス平均額(企業規模別)

理容師・美容師の年収・年間ボーナス平均額(企業規模別)

美容師として働く人が収入アップするための方法は?

理容・美容師業界は、実力がものを言う競争の激しい業界であることや、経験年数が10~14年以降に年収アップしづらい傾向にあることから、収入を大きく上げることは他業種よりも難しいと言ええます。
技術や接客の向上に伴う人気や職位が収入に関係することはもちろんですが、より収入の高い店舗に移動したり、独立またはフランチャイズのオーナーになるほか、フリーランスになって固定客を増やしたりするなどして収入アップをねらう方法も考えられます。売り上げが上がればその分自分の収入も上がることになるので、収入アップがモチベーションにつながっていくはずです。努力は必要ですが、若くして独立する美容師も多くいるため、やり方次第では高収入を目指すことも可能です。
収入面とは別に、美容師には他の職業にはない強みもあります。まず、免許は国家資格のため一度取得すれば、一生美容師の仕事をすることも可能です。手に職をつけたい人にとっては最適な職業のひとつと言えるでしょう。
また、会社員と比較すると働く場所を選ぶ自由度の高さも魅力です。全国どこでも働くことができるうえ、国によって免許制度は異なりますが海外で働く道もありえます。
大きな収入アップを目指すことも夢ではない職業とはいえ、実際は雇われているときの収入が不満で辞めてしまう場合も少なくないのが現状です。お金には替えられない「やりがい」がある仕事であることを十分に理解し、さらに収入面以外の美容師の「強み」を武器に実力をつけていきましょう。

出典

「平成29年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/index.html

全国のオススメの学校

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

関連する記事

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路