• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 会いに行こう
美容師に会いに行こう

美容師に会いに行こう

美容室は誰でも訪れることができる場所なので、プロとして働く美容師に接することも簡単にできます。美容師は身近でありながら“憧れ”の存在といえるかもしれません。美容師の仕事を深く知るために、さまざまなスタイルの美容室に足を運んでみましょう。

店によって求められる力はさまざま 大型チェーン、個人経営、10分1000円…

美容師が活躍する場所として、多くの人がまず思い浮かべるのが、美容室だと思います。とはいえ、美容室にも、チェーン展開している大型サロンや、個人経営の小型サロン、「10分1000円」などの低価格店などさまざまあります。
それぞれのサロンに特徴があり、美容師に求められることも変わってきます。例えば、低価格店では、短時間で多くのお客さまを対応するため、スピードが求められます。
激戦区にある大型サロンの場合は、カウンセリング力が問われます。こういった店舗はお客さまを集めるためにクーポンを出しているサロンが多く、初めて来るお客さまが多い傾向にあります。じっくりとカウンセリングをしてその人に合ったスタイリングを提案し、次の来店につなげるためには、「聞く」力が必要になります。
反対に、個人経営の小型サロンの場合は、カウンセリング力よりもコミュニケーション力が重要になります。何度も来店しているリピーターの割合が高いので、オーダーもお任せであることが多いです。美容師とお客さまとのアットホームなコミュニケーションに耳を傾けてみましょう。
その他に、高単価なサロンはメニューが豊富なことが特徴です。こだわり重視のお客さまが多く来店するサロンでは、ヘッドスパやエステ・ネイルなど美容に関する幅広い技術と高い知識が美容師にも求められます。

まつパ・まつエクのアイリストも、美容師免許を持っている

サロン以外にも美容師免許を活かせる場所を多く知っておけることは将来の自分の活躍の幅を広げることにつながります。
ヘアセットを専門におこなうお店で活躍する美容師もいます。また、まつ毛エクステやまつ毛パーマなどをするアイリストの仕事にも美容師免許が必要です。そのため、美容師免許を取得し、まつ毛ケアのプロフェッショナルとして美容サロンで働く人もいます。

理容室にも足を運んでみよう

今日では理容師と美容師との間で仕事内容の差が小さくなっていますが、理容室の一番の特徴は「シェービング」メニューがあることです。レディースシェービングをおこなう理容室は増えており、理容室を訪れる女性客も増えています。男性のシェービングでは、ひげや産毛を剃るのはもちろん、ひげカットや眉カットなどおしゃれにデザインしてくれるメニューもあります。
理容室は年々減少し、美容室の競争率は年々激化しています。理容室でも美容室でもトータルビューティーを掲げるお店が増え、理容師ができることと美容師ができることの差が小さくなっています。このような背景から、理容師・美容師免許のW取得を推進する動きもあります。「美容師になる!」と決めている人でも、一度、理容室に行ってみることをおすすめします。

美容師といっても、働く場所によって仕事内容や求められるスキルはさまざまです。自分はどんな美容師になりたいのか、向いているのかを知るためにも、積極的に美容師との接点を持ち、視野を広げてみてはどうでしょうか。

全国のオススメの学校

関連する仕事の会いに行くもチェックしよう

関連する記事

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路