• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 求められる人物は?適性を知る
美容師の求められる人物は?適性を知る

美容師の求められる人物は?適性を知る

「人をキレイにしたい」という強い気持ちが美容師には必要です。美容のプロとして、季節感やその年ごとの流行を取り入れながら、お客さまに最適なヘアスタイルを提案するためには、めまぐるしく変化する世の中の流行をチェックし続ける探究心も求められます。また、お客さまの要望をしっかり理解するためにも、安心して施術を任せてもらうためにも、コミュニケーション能力は非常に重要になってきます。一日中立ち仕事で、週末など忙しい日には休憩の時間もないということもありますので、それに耐えられる体力があることも美容師には必要な資質と言えるでしょう。

「美」を通して人とのかかわりを楽しめる

美容師として働く以上、必ずお客さまを相手にすることになります。また、美容師は、接客業の中でもお客さまの髪や顔に直接触れる特別な仕事です。信頼感、安心感を与えられる人でなければ、お客さまは安心して身を任せることができません。お客さまの髪に対しての悩みや要望などを聞きアドバイスや提案をしたり、商品やプラスメニューを勧めたり、何気ない会話を楽しんだり。コミュニケーションを通してお客さまとの信頼関係は深くなっていきます。「人と接することが好き」という人に向いている仕事と言えるでしょう。

おしゃれが好き

「美」に関する仕事なので、ヘアスタイルだけでなくファッションに関する興味や関心がある人のほうが美容師の仕事を楽しめるでしょう。常に変わる流行をチェックするアンテナももっておきたいものです。いろいろな服装やヘアスタイルができるのも美容師の魅力なので、おしゃれで感性を磨くことも美容師には必要です。と同時に、お客さまに好感を与える清潔感も不可欠です。

新しい技術を吸収する向上心がある

美容師は専門的な知識と技術を用いて仕事をする「技術職」です。技術職として働くためにはお客さまに満足してもらえるようなスキルやテクニックを磨く必要があり、常に技術のレベルアップのために勉強やトレーニングを積める人が向いています。美容師の技術には上限がないので、向上心をもって技術を追求していくタイプの人が適していると言えるでしょう。

忍耐力・体力

美容師には厳しい下積み時代があります。10時間以上立ちっぱなしで仕事をしたり、繁忙期は丸一日休憩できないこともあったり。長い営業時間が終わると自主練習の時間です。平均して月4~8日の休日も、講習会などで潰れることもあり、自由になる時間は一般的な職業と比べるととても少ないです。これらのことに耐える忍耐力、体力が美容師には必要です。予約をして来てくれるお客さまも多くいますから、日々の体調管理も怠ることができません。

全国のオススメの学校

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路