• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 美容・理容・ヘアメイク
  • 美容師
  • 1日のスケジュール
美容師の1日のスケジュール

美容師の1日のスケジュール

美容師の仕事内容は、お客さまから髪型などの希望をきくカウンセリングから始まり、シャンプー・カット・カラーリング・パーマといった施術や、メイクやネイル、ヘッドスパまで、多岐に渡ります。それ以外にもサロンのお掃除やタオルの洗濯など、やることはたくさん。アシスタント時代は、早くスタイリストになるために技術を身に付けるのも仕事のうちです。
立ちっぱなしで、忙しく働く美容師。その1日をスタイリストとアシスタントに分けてそれぞれ紹介します。

スタイリストの1日

・9:00(オープン1時間前)/出勤
出勤したら、すぐに開店準備です。前日に干しておいたタオルを畳んだり、掃除をしたりします。
大手チェーン店はレンタルタオルを導入しているところが多く、その場合は掃除のみをおこないます。

・9:30/朝礼
サロンの美容師が全員で集まり、その日の予約、お店のキャンペーンやクーポンの内容などを確認します。

・10:00/サロンオープン
サロンワーク
カット、カラーリング、パーマなど、お客さまからのオーダーに合わせて施術します。
それぞれのメニューの所要時間は、カット1時間弱、カット+カラーリング2時間、カット+パーマ2時間(デジタルパーマなどの場合は3時間)、トリートメントやヘッドスパなどが入るとそれぞれプラス10~30分が目安です。カット専門店の場合は、カットだけで15分ほどです。
1日の接客人数は、スタイリスト&アシスタント一人のペアで、10人前後です。アシスタントが複数人つくスタイリストの場合は、接客人数はもっと増える傾向にあります。また、カット専門店であれば1日の接客人数は倍ほどに増えます。
お昼休憩は、お客さまの予約時間に合わせて各自で設定としているサロンが多いようですが、予約が多い週末、お盆前、年末などの繁忙期はお昼休憩が取れないこともあります。

・空いている時間があれば
お客さまをサロンへ集める集客活動も美容師の大切な仕事の一つです。自分のお客さまにお送りするハガキやお手紙、メールを作ったり、キャンペーンを考えたりしています。

・17:00/徐々に片付けを開始
お客さまが見えないところから片づけていきます。タオル、カラー材を入れるカップや刷毛などを洗ったり、トイレやスタッフルームの掃除、お客様カードの整理をしたり、やることはたくさんあります。

・19:00~/サロンクローズ、アシスタントの教育・指導
閉店後は即帰宅とはならず、アシスタントの教育・指導の時間としているサロンが多いです。育児中のスタイリストが多いサロンなどでは、開店前の時間をアシスタントの教育・指導の時間としているところもあります。

アシスタントの1日

・8:00/出勤・自主練習スタート
スタイリストよりも早く出て、ウィッグを使った練習をします。シャンプー試験前は、アシスタントメンバー同士で練習もします。自信をつけたところで、スタイリストにお願いしてシャンプーの練習台になってもらいます。

・9:00/開店準備
掃除など、率先しておこなうことが大切です。

・9:30/朝礼
その日のお客さまの予約状況を把握して、自分の動きを確認します。

・10:00/サロンオープン
スタイリストのヘルプ作業やシャンプーが、アシスタントの主な仕事です。一人の先輩スタイリストとずっと組むか、状況に応じてさまざまなスタイリストのヘルプに入るのかはサロンの方針によって変わります。シャンプーはアシスタントがお客さまに直接触れられる貴重な時間です。コミュニケーションを積極的に図り、会話力も磨きます。

・空いている時間があれば
練習や片付け・掃除を行います。最近では、営業時間中に練習をおこなうサロンも増えているようです。そうしたサロンで働くアシスタントは、空いた時間を見つけてウィッグを使ったカットやパーマの練習をおこないます。
片付けや掃除も、アシスタントの重要な仕事です。いつでも清潔なサロンを保てるよう目を配る必要があります。

・19:00~/練習
スタイリストについてもらって練習をします。カットモデルにサロンに来てもらい、カットやパーマ、カラーをすることもあります。カットモデル探しは、アシスタント時代に外すことのできない仕事のひとつです。スタイリスト昇格後、自分の顧客になってくれる可能性もあるため、カットモデルを多く持っておけると良いでしょう。

アシスタントの1番の仕事は、技術をしっかりと習得してスタイリストデビューすること


スタイリストとアシスタントの1日が多少でも想像できたでしょうか?
アシスタントの1番の仕事は、技術をしっかりと習得してスタイリストデビューすることです。スタイリストになれば、お客さまの要望にしっかりと応えつつ、もっとも美しく、かっこよく見えるデザインを自分の手でつくる楽しさが待っています。

全国のオススメの学校

関連する仕事のタイムスケジュールもチェックしよう

関連する記事

美容師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路