• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • 介護福祉士
  • 1年目はどうだった?
介護福祉士の1年目はどうだった?

介護福祉士の1年目はどうだった?

全国のオススメの学校

 期待と不安に胸を膨らませている介護福祉士1年め。自分の身体を預けることになる入居者たちが不快な思いをしないように気を配ることを最優先に、日々の業務に慣れていきます。特別養護老人ホームでの業務を例にみていきます。

研修期間はおおむね3カ月

 医療、介護業界では「ダブル」と呼ばれる教育制度があり、この制度に基づきたいていの場合は社会人1年生には担当の先輩がついて教育をします。先輩が実務を細かくレクチャーしてくれます。
 基本的にシフト制で働きますが、勤務時間帯に応じてスタッフが対応すべき業務は異なります。時間に応じた入居者フォロー、レクリエーションや生活リハビリなど、実践を通じて現場で学ぶことがほとんどです。
 3カ月を過ぎると一人前のスタッフとして担当入居者をもち、他のスタッフとチームを組んで仕事を進めるようになります。

入居者や家族との信頼関係を築く

 穏やかな人やお話好きな人、頑固な人など、いろいろな性格の入居者が日々を過ごしています。それぞれの人生で経験してきたことも異なり、全員と上手に付き合っていくことは簡単ではありません。
 特に1年めは入居者たちとうまくコミュニケーションが取れないことも多くなりがちです。しかしそれは経験がカバーしてくれます。1年めはとにかく熱意をもって一生懸命に取り組む姿勢が大事です。
 また入居者の家族が面会に訪れるケースもあります。彼らにとって大切な家族が普段どのように生活しているのかは、非常に気になる部分のはずです。この人になら任せても安心だと思ってもらえるよう、普段から思いやりの心を忘れずにケアすることが大切です。

現場で活躍し続けるために

一般的に、介護福祉士の資格は3年以上の実務経験が必要になります。その間、民間のホームヘルパー検定の受験や地域で開催されるセミナーなどに参加して、情報収集してみる人もいます。実際の現場に新しい手法や考え方を積極的に取り入れることで、自分自身の成長にもつながると言います。
 研修期間は短く、比較的すぐに一人前と認められる仕事ですが、自分の理想どおりに進められるシーンはほぼありません。その都度適切だと考えられる方法を選択して入居者の幸せな生活を支援する介護の仕事は、常に進化しているのです。

関連する仕事の1年目レポもチェックしよう

介護福祉士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路