• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 神奈川大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 化学生命学部

神奈川大学 化学生命学部 (2023年4月開設)

定員数:
190人

2023年4月、化学生命学部を設置。化学・生物学の力でモノづくり。食品開発や化粧品開発に役立つ研究も!

学べる学問
  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    農学とは、食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究する学問です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

bug fix
bug fix

神奈川大学 化学生命学部の募集学科・コース

応用化学科
※2023年4月開設

エネルギー、材料…モノづくり全てに関係している応用化学を学び、環境負荷の少ない社会へ貢献できる技術者へ

生命機能学科
※2023年4月開設

社会における問題を発見し、解決する生命科学の技術を身につける。化粧品、食品、新素材などの開発力を育む。

神奈川大学 化学生命学部のキャンパスライフShot

神奈川大学 人口芝グランドから望む、最新の免振構造で建つ23号館。最先端の実験設備が入っている
人口芝グランドから望む、最新の免振構造で建つ23号館。最先端の実験設備が入っている
神奈川大学 モニターを見ながら実験を進める1年生の様子。早い時期から実際に手を動かして体験的に化学を学んでいく
モニターを見ながら実験を進める1年生の様子。早い時期から実際に手を動かして体験的に化学を学んでいく
神奈川大学 神奈川大学発の特許技術「三相乳化技術」を用いた、人にも環境にもやさしい化粧品。身の回りの化学品の技術開発に取り組める
神奈川大学発の特許技術「三相乳化技術」を用いた、人にも環境にもやさしい化粧品。身の回りの化学品の技術開発に取り組める

神奈川大学 化学生命学部の学部の特長

化学生命学部の学ぶ内容

化学生命学部/応用化学科と生命機能学科の2学科制
化学生命学部は、化学や生物学に関係する実験科目が多いのが特徴です。化学・生物学の分野を融合的に学修。例えば、化粧品、機能性食品など身の回りの化学製品に目を向け「どのように社会に役立てていくか」という視点を持って、技術開発やモノづくりにつなげていきます。
応用化学科
応用化学科では、電池や燃料電池などのエネルギー化学、触媒化学、固体化学、セラミックス・高分子といった材料化学などを扱う「応用化学」を中心に学びます。現代社会に役立つ化学技術を身につけることを目標とし、安全で快適な生活や人類の持続的発展に役立つ研究を通して、社会に貢献する能力を備えた人材を養成します。
生命機能学科
生命機能学科では、生化学、分子生物学、細胞生物学、遺伝学、タンパク質工学などを扱う「生命機能学」を中心に学びます。生命現象や生体機能について生命科学の視点から学ぶことで、社会における問題を発見し、解決する生命科学の技術を身につけることを目標とし、人々の幸せに貢献できる人材を養成します。
3つのコース/3年次よりコースに分かれて学修
■応用化学コース
応用化学コースは、応用化学科から進級します。エネルギー化学、触媒化学、固体化学、材料科学、応用化学など、これまでの学びをより専門的に深め、問題発見および解決に向けた実践力を養い、高度専門職業人を養成します。
■生命機能学コース
生命機能学コースは、生命機能学科から進級します。生化学、分子生物学、細胞生物学、遺伝学、生命機能学など、これまでの学びをより専門的に深め、問題発見および解決に向けた実践力を養い、高度専門職業人を養成します。
■環境生活科学コース
環境生活科学コースは、応用化学科および生命機能学科の両学科から進級します。化学あるいは生物学を軸に、それぞれ学んできた学生が一緒に学ぶことによる相乗効果が期待できます。本コースでは、身の回りの化学製品(化粧品、香料、衛生用品、医薬品など)や機能性食品の開発・製造を行う高度専門職業人や環境分析技術者を養成します。

化学生命学部の先生

「化学・生物」 好き集まれ! 面白いことが必ず見つかる
■先生からひと言
高校生の段階から、できるだけ実際のモノ(実物)を見たり、触れたり、感じたりすることを大切にしてほしいと思います。化学生命学部は、化学や生物学に興味がある人、好奇心旺盛な人、「実験が好きだ」という人が成長できる場所です。これまで受験勉強や教科書で学んできたバラバラだった知識を実験や実体験を通して関連づけていき、実際に使える技術や知恵に変えていく、それが大学で学ぶ醍醐味です。化学生命学部に入学して、多様な教員や仲間に出会い、議論を交わし、さまざまな体験を積み重ねてください。「自ら興味を持って学びたいと思えること=面白いこと」が必ず見つかるはずです。

化学生命学部の学部のプロフィール

化学生命学部とは
「化学」と「生物学」に関わることをトコトン学べる学部です。例えば日常生活でよく使われる洗剤、化粧品、香料、機能性食品、衛生用品、医農薬品など、身の回りの科学について学べることが魅力の一つです。化学・生物学の分野を融合的に学び、化学現象や生命現象のしくみを知るだけではなく、それを「どのように社会に役立てていくか」という視点を持って、技術開発やモノづくりにつなげていきます。
化学・生物学の分野に関する基礎的および専門的な知識の幅広い学修と、実験技術の修得を通じて、化学・生命機能学の専門家としての倫理観、論理的な思考力、自己表現力、コミュニケーション能力を育み、社会や人々の幸せに貢献できる人材の養成を目指します。

化学生命学部のキャンパスライフ

2023年4月、横浜キャンパスに理工系学部が集結。ワンキャンパスで分野横断的に学ぶ
2023年4月、理学部が湘南ひらつかキャンパスから横浜キャンパスへ移転。理学部と工学部との有機的な連携が進み、それぞれをリニューアルするとともに、新しく化学生命学部と情報学部が誕生する予定です。化学生命学部には、工学部物質生命化学科の教員に加え、工学部の基礎教育を担当している化学または生物学を専門とする教員や理学部生物科学科の教員も合流します。
生物学の「幅広い多様性を持つ」という学問的特徴と、物質生命化学科のアットホームな雰囲気が融合し、学問領域の垣根を超えた相乗効果を生み出す土壌が築かれます。ワンキャンパスで他学部の講義も受講でき、学びの幅を拡げられるのも大きなメリットです。

神奈川大学 化学生命学部の就職率・卒業後の進路 

■卒業後の進路
化学・生物系の分野は、身の回りの生活やモノづくり全てに関連しているため、卒業後の進路先も幅広くさまざまな可能性を秘めています。化学やバイオテクノロジー、食品、化粧品、自動車、道路舗装、パッケージなど、各種メーカー研究室の技術者・開発者、企画、技術営業、知財担当者。サイエンスライターや編集者、技術系企業のコンサルタント、中学校・高等学校の理科教員、また、試験場や研究所を含む自治体の公務員などを想定しています。
■主な就職先(工学部物質生命化学科卒業生)
ニチアス、東京計器、TOKAIホールディングス、日本曹達、関東化学、山崎製パン、日産車体、不二サッシ、東京インキ、日本製紙クレシア、東芝プラントシステム、ヨコソー、三菱電機ITソリューションズ ほか
※ 2021年3月卒業生実績

神奈川大学 化学生命学部の問い合わせ先・所在地

〒221-8624 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-26-1
045-481-5857 (入試センター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
横浜キャンパス : 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1 東急東横線「白楽」駅から徒歩 13分
東急東横線「東白楽」駅から徒歩 13分
「横浜」駅から横浜市営バス(西口バスターミナルより36系統ほか) 約14分

地図

 

路線案内


神奈川大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT