• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東北芸術工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デザイン工学部

私立大学/山形

トウホクゲイジュツコウカダイガク

デザイン工学部

定員数:
324人

社会や生活の中に課題を見つけだし、創造的に解決するデザインを学ぶ

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • パッケージデザイナー

    買いたくなるパッケージをデザイン

    お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金 151万5660円 
bug fix

募集学科・コース

人々のくらしを支え彩る製品や空間をデザイン。生活雑貨からインテリア、電化製品、車までデザインする最も身近な分野

市街地で眠っている建物の再利用も提案。環境とライフスタイルを考え、これからの「まちづくり」を学ぶ

時代や社会の動きとともに変化するグラフィックデザインの新しい可能性を探る

あらゆるメディアにより身近な存在となった「映像」。その奥深い表現方法を学ぶ

人や社会を幸せにするアイディアや新たな価値「ブランド」を生みだす「企画力」とそれを実行する「構想力」が身につく

「人と人のつながり」をデザインし、地域の課題を解決する。日本中で求められる「コミュニティデザイナー」を養成!

キャンパスライフShot

Photo
あらゆる生活雑貨を自分の手でデザイン。色やカタチだけではなく、機能面を考えるのもデザインの大きな要素
Photo
建物や空間、まち・都市、地域から地球まで、人々が暮らす場所、環境を横断的に学びます
Photo
使う人の喜びや幸せ、快適さをイメージしながらデザイン。その想像力は、センスや感性と並ぶ大切な力です

学部の特長

学ぶ内容

広い視野でデザインをとらえ、社会を豊かにできるデザイナーを育てる
人と人とのつながりをデザインし、地域に住む人と一緒に新しい地域のあり方を考えるコミュニティデザイン学科。製品デザイン、家具・インテリアデザインの2つの領域を学び、わたしたちの生活を楽しく豊かにするデザイナーを育てるプロダクトデザイン学科。わたしたちが生活している住まい、建築、施設、まち、都市、自然といった広がりある環境を、建築、ランドスケープといった既存の領域に、リノベーション、エコロジカルといった地球環境を考えた領域も学ぶ建築・環境デザイン学科。視覚的な情報の持つ可能性を既存のデザインだけでなく、地域や高齢化社会に求められる情報デザインといった新しい問題にも積極的に取り組むグラフィックデザイン学科と映像学科。企画構想学科は、イベントや商品企画、ビジネスモデルの構築、広告・宣伝などのブランドプロデュースまで、新しいデザインの手法に取り組みます。

卒業後

活躍するOBたちと主な進路
企画発想力や創造力を活かして地元企業で活躍するほか、製造メーカーやデザイン事務所、広告代理店での仕事やオリジナルブランドの立ち上げまで、活躍の場は多岐にわたります。具体的には工業デザイナー、カーデザイナー、ジュエリーデザイナー、靴・バッグデザイナー、舞台美術デザイナー、インテリアデザイナー、文具・玩具デザイナー、家具・クラフト作家、照明デザイナー、設計事務所、建設会社、ハウスメーカー、大工などの職人、景観・空間の計画・設計事務所、造園施工会社、地域づくり・自然保護のNPO職員、農業者、デザイン事務所、ゲームソフト会社、映像制作、CGデザイナー、ゲームデザイナー、Webプログラマー、Webデザイナー、商品開発プロデューサー、ゲームプロデューサー、キャラクターデザイナー、CMクリエイター、アートディレクター、デザインプロデューサー、クリエイティブディレクター、教員、公務員、NPO職員などがあります。

施設・設備

各学科で最新の実習設備や機材が充実
各学科の演習室を中心に、大型の実習設備や最新の機材など、学生の制作活動を強力にバックアップする施設・設備が充実しています。プロダクトデザイン学科では、大手家具メーカーと同様の成形合板プレス機や大型の電動のこぎりなどを備え、学内で作品を完成させることが可能であるほか、大型の5軸のモデリングマシン、レーザーモデリングマシンなどを備えたCAD/CAM室、3DCADソフトを使った演習、コンピュータールームなどの設備が充実しています。他にも課題や自主勉強などを行う学生室など、制作に集中できる環境が整っています。

教育目標

デザインを、社会の問題解決としてとらえられる人材を育成
これまでのデザインは、単に視覚的な美しさや技巧的なことだけが評価の対象になっていましたが、人間のライフスタイルなど、生き方そのものを提案できるような、コンセプトを含めたデザインという考え方をとれば、もっと社会の中で意味のある存在になります。デザインはもともと、くらしと隔たったものではなく、社会を変えてしまうほど生活に密着している分野。テクニカルな表現・自己表現だけでなく、社会との共生、自然との調和といったもっと大きな目的のために創造力と想像力のいずれも兼ね備えた学生を育成します。教員と学生が、同じ創造する人間としてフラットに対話をしながら、お互いに触発しあえるような環境づくりにも力を入れています。

イベント

学内外の刺激的なイベントやプロジェクトが、学生と社会の結びつきを強くする
デザイン工学部では、学内での演習だけではなく、積極的に企業や自治体と連携した実践的なプロジェクトを数多く展開しています。建築・環境デザイン学科の学生を中心に、山形市内の建物の活用法やライフスタイル、山形の楽しみ方などを提案するプロジェクト「山形R不動産」の運営のほか、観光客の減少に歯止めをかけ、元気な温泉街になることをテーマに、旅館の軒先を灯籠で飾るなど、学生と地域住民によって実施されている長期プロジェクト「灯籠プロジェクト ひじおりの灯」。また、企画構想学科では山形をスポーツとデザインで盛り上げようと、地元J1サッカーリーグのモンテディオ山形の運営をサポートする地域デザイン「モンテディオ山形 共同プロジェクト」など、地元社会との連携を密にしたプロジェクトが活発に行われています。

就職率・卒業後の進路 

【主な進路】
プロダクトデザイナー、工業デザイナー、カーデザイナー、ジュエリーデザイナー、靴・バッグデザイナー、舞台美術デザイナー、インテリアデザイナー、家具デザイナー、家具・クラフト作家、照明デザイナー、玩具デザイナー、設計事務所、建設会社、ハウスメーカー、大工などの職人、ランドスケープデザインの計画・設計事務所、造園施工会社、地域づくり・自然保護のNPO職員、農業者、デザイン事務所、ゲームソフト会社、映像制作、CGデザイナー、ゲームデザイナー、Webプログラマー、Webデザイナー、商品開発プロデューサー、ゲームプロデューサー、キャラクターデザイナー、ゲームプログラマー、CMプロデューサー、CMクリエイター、アートディレクター、デザインプロデューサー、クリエイティブディレクター、教員、公務員 など、さまざまな可能性が広がります。

問い合わせ先・所在地

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
TEL:0120-27-8160(フリーダイヤル) 入試課
E-mail:nyushi@aga.tuad.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
山形県山形市上桜田3-4-5 「山形」駅からバス 芸術工科大学前行き 20分 芸術工科大学前下車 徒歩 0分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東北芸術工科大学(私立大学/山形)