• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際関係学部
  • 国際総合政策学科

私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

国際総合政策学科

募集人数:
383人 (2017年度 参考)

実践力のある国際社会のリーダーを育てる4つのコース

学べる学問
  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(英語以外外国語)

    アジア、ヨーロッパなどの各国の言語と文化・歴史などを学ぶ

    中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などの外国語を使う力を養う。それぞれの言語を使う国々の文化、社会、政治、歴史などについても学び、外国への理解を深める。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 通関士

    貿易の申告書類を作成する

    税関を通過させるための書類作成や手続きを専門に行うのが仕事。輸出や輸入など貿易を行う際には、申告から引き渡しまで、さまざまな規制があるため、通関法や関税法、貿易に必要な法令や手続き方法の勉強は不可欠だ。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    将来は外務省の幹部職員に

    外務省本省では、政策決定に関与する課長、局長、次官などの幹部職員候補。大使館・総領事館などでは大使や総領事としての仕事を行う。経験を積めば、将来は幹部職員として活躍することが期待される。

  • 国連スタッフ

    国際平和と安全の維持のために活動する

    国連や国連下部機関に所属し、国際的な平和維持をめざし、世界各地の国際機関を舞台に活躍する。経済や行政、法律・政治などの専門知識を持ち、かつ職務遂行のための語学力も求められる。採用されるための受験資格もレベル別になっていて、超難関だ。

  • 旅行代理店販売・営業

    行く先の相談から出発の手続きまで、旅のお手伝いをする営業職

    旅行会社の窓口スタッフや営業担当として、個人や企業・学校などの顧客に対し、旅行プランの提案・販売を行う。単なる販売職ではなく、顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと聞いて、ニーズに合ったプランを提案するコンサルタント的な役割も担う。そのほか、宿泊施設や乗物の予約、保険手続きなど、安全で快適な旅に向けた準備のお手伝いも大切な仕事。国内外の観光地に関する幅広い知識や旅行・交通に関する専門的な知識が求められる。

  • 客室乗務員(キャビンアテンダント)

    航空機内で乗客サービスを行う

    航空機内において、乗客が快適な空の旅をできるようにサービスにつとめる。緊急事態が発生した場合には、旅客の安全を確保するのも仕事。神経の行き届いたサービスはもちろん、冷静沈着な判断や適切な処置を行えることも必要で、体力的にも精神的にもかなり重労働。

初年度納入金:2018年度納入金 132万円  (諸会費等除く)

学科の特長

学ぶ内容

激動する国際社会を読み解く「国際関係コース」
国際関係学・国際政治学の各分野で、安全保障や外交における政策分析・立案能力の基礎を段階的に学びます。国際社会を動かすルールや力関係を理解し、あるべき姿を模索します。また、少人数の実践的演習に重点を置いた専門的な研究を通じて、各分野に精通した実務能力を養います。
グローバル化した経済社会で活躍する「国際ビジネスコース」
経済学や経営学、財務会計などの基礎知識をもとに、金融、証券、流通、情報、ベンチャービジネスといった国際ビジネスに対応可能な実務能力や専門知識を身につけます。また、プログラミングやWebデザインと技術などの最新の情報ネットワーク技術を学ぶこともできます。
「グローバルスタディコース」と「グローバル観光コース」
学科横断型の2コースを設置しています。「グローバルスタディコース」では、現代社会の環境問題・人口問題・食糧問題などの諸問題を分析・考察します。「グローバル観光コース」では、観光を通して異文化理解・国際交流を促進し相互の発展を図るため、観光政策・観光文化・観光経営などの専門知識と技術を学びます。

カリキュラム

13の言語から自由にいくつでも選択OK。2年次以降は、実践型の海外研修を実施
英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語をはじめ13か国語から学びたい言語をいくつでも履修可能。自分の目的に合わせて語学プログラムを組むことができます。コース選択は2年次から。プレゼンテーションやディベートを重視した講義が展開され、海外での研修をはじめとした実践型の学習プログラムにも参加できます。

教育目標

グローバルな視点から、問題の本質を捉え、政策決定できる人材を養成する
世界で日々起きている経済、環境、紛争などの問題は、特定の国や地域のものでなく、解決にはグローバルな視点が必要です。そこで、国際関係、国際ビジネス、国際協力の3分野を複合的に学べるカリキュラムで、国際社会で必要とされる問題解決能力や、社会の各分野で提言できる政策能力を身につけた人材の育成をめざします。

制度

将来の目標にあわせて、必要な科目を組み合わせて学べる
他のコースの科目や学部共通科目を組み合わせることで学生一人ひとりの興味や進路に合わせたカリキュラムを組むことが可能です。たとえば国際機関職員をめざす人は、「国際機構論」+「国際政治学」+「日本の平和と安全保障」といった組み合わせがオススメです。元大使や国際機関で活躍した先生が指導する科目もあります。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    伊藤園 、 スズキ 、 日本通運 、 東日本旅客鉄道 、 三菱東京UFJ銀行 、 大和証券 、 日本生命保険 、 プリンスホテル 、 電通東日本 、 警視庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒411-8588 静岡県三島市文教町1-9-18
TEL 055-980-1919

所在地 アクセス 地図・路線案内
国際関係学部キャンパス : 静岡県三島市文教町1-9-18 JR東海道新幹線・東海道本線、伊豆箱根鉄道「三島」駅から徒歩10分(三島駅北口校舎は徒歩1分、三島駅北口校舎から本校舎は徒歩8分)

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本大学(私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡)