• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 麻布大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生命・環境科学部

私立大学/神奈川

アザブダイガク

生命・環境科学部

定員数:
240人

医療・食・環境から、健やかな毎日を支えるスペシャリストになる!

学べる学問
  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 環境計量士

    濃度や騒音レベルを計量する

    計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を講じていく。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

チーム医療を支える一員としてふさわしい能力を持った臨床検査技師の育成を目指します

「食」の安全・安心を守り、人の健康を支える食品科学のスペシャリストを育成

環境問題を科学的に「診断」「治療」し、健康な環境をつくる

キャンパスライフShot

麻布大学 実際の医療機器を使って行われる、臨床生理学実習(臨床検査技術学科)
実際の医療機器を使って行われる、臨床生理学実習(臨床検査技術学科)
麻布大学 3大栄養素の特徴を生体試料で確認する栄養学実習(食品生命科学科)
3大栄養素の特徴を生体試料で確認する栄養学実習(食品生命科学科)
麻布大学 化学物質の分析結果を得るための実験を行う基礎科学実習(環境科学科)
化学物質の分析結果を得るための実験を行う基礎科学実習(環境科学科)

学部の特長

学ぶ内容

臨床検査技術学科
チーム医療の一員として高い専門知識と倫理観をもった臨床検査技師のほか、病気の予防や健康管理に取り組むスペシャリストを育成します。
【カリキュラム】臨床検査学の理論と技術に加え、疾病と臨床検査成績との関係をより深く理解するための科目を編成。さらに国家試験合格のために、総合臨床検査学の講義に加え、同演習を開講します。「臨床実習」は、3年次後期に集中的に臨床検査の現場で実施します。
食品生命科学科
食品科学、栄養学および衛生学を学び、食の安全・安心、人の健康維持・増進に貢献する食品科学のスペシャリストを育成します。
【カリキュラム】1年次から食の医療分野への応用と食の安全・安心について学び、食のもたらす恩恵と危害の可能性を追究。食品衛生学、生化学、栄養学、機器分析学、微生物学など幅広い実習で専門的な知識と技術を修得し、4年次には集大成となる食品加工学・保蔵科学実習を実施。多くの実習を通じて、実践力に優れた人材の育成をめざします。
環境科学科
衛生・分析・評価を軸とした環境保全に取り組むことで、社会の持続的な発展に貢献できる環境のスペシャリストを育成します。
【カリキュラム】1年次から環境の基礎と全体像を学び、2年次からは環境問題の解決や環境保全に必要な科学的知識、分析技術、結果の評価など、環境の専門家として必要な能力を修得できる専門科目を段階的に学びます。科学的根拠に基づいて的確な評価・判断・予測等ができる実践力や対応力を養い、環境のスペシャリストとして社会に貢献できる人材を育成します。

資格

取得できる資格
食品衛生管理者〈国〉、食品衛生監視員、第一種衛生管理者〈国〉、中学校教諭1種免許状【理科】〈国〉、高等学校教諭1種免許状【理科】〈国〉、社会調査士、環境衛生監視員 他 ※学科により異なります
受験資格が得られるもの
臨床検査技師〈国〉、健康食品管理士、酵素取扱者 他 ※学科により異なります

学部のプロフィール

学部について
健康的な生活を維持するために必要な「医療」「食」「環境」について、高度な専門知識と技術を持ったスペシャリストを育成します。

オープンキャンパスに行こう

就職率・卒業後の進路 

■臨床検査技術学科(2018年3月卒業生就職実績)
筑波大学附属病院、東海大学医学部付属病院、日本ステリ、北里大学病院、保健科学研究所、東京都がん検診センター 他
■食品生命科学科(2018年3月卒業生就職実績)
ファンケル、JA全農ミートフーズ、日本ハム食品、共立製薬、ドトールコーヒー、日清医療食品、利久、銀座コージーコーナー、公務員 他
■環境科学科(2018年3月卒業生就職実績)
アース環境サービス、三友プラントサービス、イカリ消毒、東亜薬品、神奈川日産自動車、総合環境分析、自然教育研究センター 他

問い合わせ先・所在地

〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
042-769-2032 広報課

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71 「矢部」駅北口から徒歩 4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

麻布大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る