• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 流通科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部

私立大学/兵庫

リュウツウカガクダイガク

経済学部

定員数:
200人

経済学の豊かな知識と経済情報処理を学習。経済の知識を武器に社会での活躍をめざす

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 国税専門官

    調査・指導で適正な納税を促す

    適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う国税調査官、納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う国税徴収官、悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査など強制捜査を行い告発する国税査察官に分かれる。納税者の正しい申告についての指導も行う。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金 132万6140円 
bug fix

募集学科・コース

経済学科

経済の動きを知ることは、ビジネスパーソンにとって大切。経済の仕組みを体系的に学びます

地域の人々が求めているものをとらえ、公務員やNPO職員として快適な暮らし・魅力的な地域を実現する力を身につけます

経済情報学科

膨大なデータから経済の動きを読み解き、豊かな知識と理論に基づいて適切な判断ができる人材を養成します

コンピュータの基礎から応用を段階的に学修。高度な経済知識も身につけて、ITビジネス分野での活躍を目指します

キャンパスライフShot

流通科学大学 業界のトップや情報ビジネスの最前線で活躍する方などを講師に招く「情報システム特講」
業界のトップや情報ビジネスの最前線で活躍する方などを講師に招く「情報システム特講」
流通科学大学 「データでみる現代経済」では、データから経済を読み解く力を身につけます
「データでみる現代経済」では、データから経済を読み解く力を身につけます
流通科学大学 「オフキャンパス研修」での経験を通して、経済問題とその解決力を養います
「オフキャンパス研修」での経験を通して、経済問題とその解決力を養います

学部の特長

学ぶ内容

「経済学科」と「経済情報学科」の2学科
経済学部では、経済学の基本的な考え方や実社会への応用力を養い、さらに多様な経済情報処理能力を身につける学びを展開。公と民、地域と世界といった多角的な視点から経済社会や人々の生活を読み解く「経済学科」、さまざまな経済データを分析し、活用できる処理能力を身につける「経済情報学科」の2学科を設置し、それぞれの立場から社会で活躍できる人材を育成します。

カリキュラム

将来の希望に合わせて専門性を高める4つのコース
【経済学科】
〇現代経済コース
経済のグローバル化・成長率や少子高齢化、技術革新など現代社会の動きを捉え、社会・経済における諸問題への解決策を提案できる力を育てます。
〇地域まちづくりコース
複雑で多様化する地域社会に起きる問題や課題を、専門知識を融合して解決策を提案できる幅広い応用力を育成します。

【経済情報学科】
〇経済情報コース
「経済を見る眼」と「情報処理技術」の基礎力を同時に学び連動させることによって、データに基づく経済分析力を育成します。
〇情報システムコース
経済学をベースに、経済分析や情報システムについての学びを深め、経済の諸問題を情報という側面から解決・分析できる力を育てます。

(※コース名は変更になる可能性があります)

授業

身近な「スマートフォン」のアプリ開発からも経済を学ぶ
現代人に必須のアイテムともいえる「スマートフォン」。その活用に欠かせないのが、さまざまな機能をもつ「アプリ」です。「アプリ開発講座」では、実際にソフト開発をしている外部講師を招いて本格的なアプリ開発に挑戦。どのようなアプリを作るかといった企画からスタートし、講師による指導やアドバイスのもと、実際に運用できるレベルまで作り込んでいきます。企画から制作、運用に加えてプレゼンテーション能力も実践を通じて磨かれます。
金融機関が地方を盛り上げる!?
地元で昔よく通ったお店が工場になったり、シャッター商店街が増えたり、地域に人やお店が定着しなくなることは、限られた地域で営業を行う地方の金融機関にとっても深刻な問題です。そんな中、地方の金融機関に求められるのは、将来を見据えてお金を貸し出す「目利き力」。また、取引先の後継者探しやお見合いパーティの企画など、新しいアイデアで地域を盛り上げる金融機関も出てきています。授業では「なぜ金融機関がこのような取り組みをするのか」を考えながら、世の中の仕組みやカラクリを学んでいきます。

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    いくつも壁を乗り越えてヒット商品が生まれる。これこそがモノづくりの醍醐味!

    毎月新商品が店頭に並ぶ「ランチパック」。これらの企画を担当しているのが、私の所属するマーケティング部になります。ひとつの製品が世に出るまで費やす時間は実に半年以上。私たちが考えた商品のアイデアが工場で試作品となり、生産担当者や営業マンと何度もキャッチボールをしてようやく出来上がっ…

    流通科学大学の卒業生

学生支援・制度

キャンパス外での学びのプログラム
講義による学びだけでなく、キャンパス外での調査や視察、研修などの経験を通じて得られる力も重視し、さまざまなプログラムを用意しています。例えば「オフキャンパス研修」では、キャンパスの勉強以外に実際に現場に出かけて話を聞いたり自分で調べたりし、現場感覚のある実習を経験。国内に限らず海外まで、さまざまなフィールドでの研修を体験できます。
公務員志望の学生へ向けてのサポートプログラム
将来の進路として公務員を志望し、意欲的に学ぶ学生のために、公務員試験対策プログラムを実施。専任教員が丁寧に指導し、合格へ向けてサポートします。

就職率・卒業後の進路 

金融業、製造業、NGO、NPO、金融機関の調査部門、シンクタンクの調査部門、経済アナリスト、企業の情報部門、SE、プログラ
マー、国家公務員、地方公務員など ※2018年3月卒業生 就職実績

問い合わせ先・所在地

〒651-2188 兵庫県神戸市西区学園西町3-1
TEL.078-794-2231(入試部)

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市西区学園西町3-1 「学園都市」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

流通科学大学(私立大学/兵庫)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る