• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千葉科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 危機管理学部
  • 航空技術危機管理学科

私立大学/千葉

チバカガクダイガク

航空技術危機管理学科

募集人数:
40人

危機管理という視点から機械を開発すると同時に、災害時に威力を発揮する航空機の利用に貢献できる人材を育成

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • パイロット

    航空機を目的地まで安全に操縦するスペシャリスト

    職場としては、民間の定期航空会社以外にも、コミューター航空(2地点間の人員輸送を行う不定期運行会社)やヘリコプターなどで物資輸送や農薬散布などを請け負う会社、官公庁のパイロットなどがある。また、新聞社やテレビ局などをはじめ、社用機を保有している会社もある。

  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

初年度納入金:2018年度納入金 165万円  (※入学金25万円含む。パイロットを目指す場合、別途実習訓練費等が必要です)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

安全な航空機の利用に寄与できる人材を養成する「パイロットコース」「航空整備コース」
操縦・整備・運航管理を通して、災害時に利用される航空機の安全運航を実施するための知識を身に付けます。無線技術の修得から始め、飛行訓練を行ったり、航空機に関わる知識を修得。さらに、事業用操縦士(パイロット)ライセンス取得や機体・発動機などに関する体験的知識の修得を目指します。
人を助けるための機械の開発ができる人材を養成する「防災技術コース」
災害や事故などの現場で、人命救助などに運用される機械、機器を開発するための知識を身に付けています。基礎的な工学知識や無線技術の修得から始め、基礎的力学の知識を身に付け、同時に危機管理や安全工学に関する専門的な知識の修得を目指します。

実習

米国と日本での訓練で操縦技量と危機管理能力を持ったパイロットを目指すエアラインプログラム
高度な操縦技量の修得で評価の高い「米国ヒルズボロ エアロアカデミー」と「本田航空」のアメリカと日本の両方でのエリート教育により、世界中の航空会社から選ばれるパイロットを育成。また、整備の視点からエンジンの構造なども理解した、危機管理能力を持つ人材を目指せるのも本学ならではの特徴です。

研究室

航空機の機体やエンジン整備を研究
まず学生に体験させ、その結果の善し悪しを議論し、整備の本質を理解するような訓練を実施。自分の頭で考えて自分で行動することにより、想定外のトラブルに出遭っても、主体的・能動的に行動できる能力が身に付きます。また、技術、構造や電装などを実際に運航していた航空機のエンジンを使用して学べるのも特徴です。

学生

「すべては航空の安全のため。使命感を持って日々学んでいます」3年・米崎実さん
「二等航空整備士になるのに必要な機体の構造や空気力学、航空法規、材料力学、電気などを学習中。他にも消防設備士の資格を取るための講義もあります。二等航空整備士の使命は最新技術を学び航空の安全に貢献することにあり、全ての学びは危機管理にもつながります。資格を得るチャンスも多く、就職に役立つと思います。」

教育目標

災害時の航空機の運用や、人命救助を行える車両や機材などを設計・運用できる人材を育成
危機管理の知識を修得し、体験や実習を通して、安全な輸送の運用に関わることのできる人材を育成します。そのために、現場で人命救助などに運用される機械や機器の開発、災害時に威力を発揮する航空機の利用について学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 消防設備士<国> (甲種)

目標とする資格

    • 航空整備士<国> (二等/学科試験) 、
    • 事業用操縦士<国> (飛行機)

    航空無線通信士<国>  
    航空英語能力証明
    防災士 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    航空会社 、 航空整備会社 、 防災・機器関連企業 、 輸送用機器製造関連企業 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒288-0025 千葉県銚子市潮見町3番
TEL 0120-919-126 入試広報室・受験生ホットライン
koho@cis.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
本部キャンパス : 千葉県銚子市潮見町3番 「銚子」駅から千葉交通バスで約10分 本部キャンパス前下車

地図

 

路線案内

マリーナキャンパス : 千葉県銚子市潮見町15番地8 「銚子」駅から千葉交通バスで約10分 マリーナキャンパス前下車

地図

 

路線案内


千葉科学大学(私立大学/千葉)