• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 白梅学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 子ども学部

私立大学/東京

シラウメガクエンダイガク

子ども学部

「子ども」、「心理」、「社会福祉」を学び、社会のさまざまな課題やニーズに応えられるスペシャリストを養成

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    全国の国公立、私立の小学校で児童に教える先生。児童全員が一定レベルの教育を受けられるよう文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、教科の指導を行います。授業以外にも授業の準備、教材やテストづくり、採点、PTA活動、学校行事の運営など仕事内容は多岐にわたります。また、小学校の6年間は児童の人間形成に影響を与える大事な時期でもあるため、教科指導のほかにも児童の自立心・社会性を考慮しつつ、生活面での指導も行います。「児童に一番近い存在の大人」として時には児童の相談にのるなど、子どもたちに寄り添って学校生活をサポートする重要な役割を担っています。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、小学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、幼稚園教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金 139万7660円~144万2660円  (学科により異なります)
bug fix

募集学科・コース

子どもの健やかな育ちや学びを援助できる知識・技能を身につけ、保育・教育のプロフェッショナルをめざします

心理学の学びをベースに、保育・初等教育・特別支援教育を学び、心理支援・発達支援のスペシャリストをめざす

すべての人が安心して、その人らしい暮らしを営める社会をめざして、社会福祉の理論や実践方法を学ぶ

キャンパスライフShot

白梅学園大学 学内で特徴の異なる7つの「子育て広場」を学生が中心となって運営。知識として理解するだけでなく、実践と結びついた学びを展開
学内で特徴の異なる7つの「子育て広場」を学生が中心となって運営。知識として理解するだけでなく、実践と結びついた学びを展開
白梅学園大学 心理学のさまざまな手法は、現場に出てからも応用できます。子どもの心を言葉以外の領域から探る力が求められます
心理学のさまざまな手法は、現場に出てからも応用できます。子どもの心を言葉以外の領域から探る力が求められます
白梅学園大学 生活上の困難を抱えた人たちをサポートし、子どもから高齢者まで誰もが住みやすい地域づくりをめざす福祉のスペシャリストを養成
生活上の困難を抱えた人たちをサポートし、子どもから高齢者まで誰もが住みやすい地域づくりをめざす福祉のスペシャリストを養成

学部の特長

学ぶ内容

乳幼児から小学生までの保育・教育のプロフェッショナルをめざす「子ども学科」
 子ども学科では、子どもを中心に保育・教育、福祉、文化とキーワードを広げ、人間理解・子ども理解を深めていきます。4年間を通してのゼミナールや保育所、幼稚園、小学校、福祉施設などでの系統的な実習がその核をなしています。
 子どもの育ちや学びの連続性を踏まえ、乳幼児期から学童期までを視野に入れて学んでいきます。これらの学びを通して、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の3つの資格・免許を同時取得でき、保育所・幼稚園と小学校両方の指導ノウハウを身につけることができます。
 また、保育士、幼稚園教諭に加えて社会福祉士(受験資格)を同時取得できる道もあり、社会福祉(ソーシャルワーク)に精通した保育者をめざします。地域における子育て支援や児童虐待問題への専門的な対応など、今後ますますの活躍が期待されます。
心理学を学び心理支援・発達支援のスペシャリストをめざす「発達臨床学科」
 心理学の基本を学び、人の心や行動のしくみについて理解を深めていきます。それと合わせて臨床心理学やカウンセリングなどの分野を学びながら、人の悩みや環境への不適応をはじめとする心の不調やいじめ問題などに対処するための「心理臨床」を学びます。
 また、乳幼児期から老年期までの発達過程における特徴や問題について考え、発達上の困難を抱えた人を理解し、支援するための「発達臨床」を学びます。
 これらの学びと並行して、保育・幼児教育や小学校教育、特別支援教育等を学ぶことにより、保育士資格、幼稚園教諭1種免許状、小学校教諭1種免許状、特別支援学校教諭1種免許状を取得することができます(最大3つまで)。発達障害や知的障害など困難を抱えた子どもや、その家族を支援するためのノウハウを身につけ、保育園、幼稚園、小学校、特別支援学校などで発達支援の専門家として活躍することをめざします。
 2018年度入学生カリキュラムより「公認心理師」国家試験受験のために必要な科目(大学での学習部分)を開講しています。
福祉を学び家族支援・学校支援・地域支援のプロフェッショナルをめざす「家族・地域支援学科」
 すべての人が安心して、その人らしい暮らしを営むことができるよう、社会生活を送るうえで困難を抱える人を援助するための理論や実践方法について学びます。社会福祉士の資格取得をめざし、ソーシャルワーカーとして公務員、社会福祉協議会、障害者施設、児童福祉施設等での幅広い活躍をめざします。
 いじめ、不登校、児童虐待など、子どもたちが抱えている問題を家庭、学校、地域と幅広い視点から捉え、福祉と教育の両面から支援する力を備えた小学校教員やスクールソーシャルワーカー、児童福祉施設等の指導員をめざすこともできます。また、生活支援に関する高度な理論と技術を学び、障害者や高齢者への介護支援から相談援助まで、社会福祉と介護福祉の力を兼ね備えた福祉の専門家をめざすことができます。

ゼミ

アットホームな環境の中、少人数制のゼミナールで系統的に学ぶことを重視
 1年次「教養基礎演習」、2年次「教養発展演習」、そして3、4年次に「専門ゼミナール」が開設され、4年間を通してのゼミナールで系統的に学びを深めていきます。1、2年次の「教養基礎演習」「教養発展演習」では、文献の読み方や調べ方、レポートのまとめ方や発表の仕方など、学び方の基本を身につけます。3、4年次の「専門ゼミナール」では、自らの興味・関心をもとに、保育や教育、心理学、社会福祉などの領域を専門的に学修し、卒業研究へと発展させていきます。専門ゼミナールは3学科横断の開設のため自学科以外のゼミナールを選択することもでき、より学びの幅を広げることができます。
 また、ゼミナールを中心に大学祭への参加や合宿など、積極的に親睦を深める機会も持たれ、アットホームな環境の中で大学生活を送ることができます。

研究テーマ

「白梅子育て広場」を通して、実践的・自律的に学び、研究を深める
 地域の子どもたちや障害者、高齢者の人たちとの触れ合いの場として、本学では「子育て広場」を開催しています。学生たちは、大学内や地域の施設を利用してたくさんの方々と触れ合いながら保育や福祉の実際を体験していきます。地域との連携を深め、多角的なアプローチで子育て支援、家族支援、地域支援のあり方を考察し研究を深めていきます。
 また、学生自らが主体的に企画や運営に携わることにより、企画・運営する力はもちろんのこと、幅広い世代の人たちを理解し共感する力やコミュニケーション力を養うなど、卒業後、社会人として求められる力を実践的に身につけていきます。

オープンキャンパスに行こう

就職率・卒業後の進路 

■想定される卒業後の進路
公立保育所、公立幼稚園、保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校、児童館など教育の現場。児童養護施設や乳児院、障害児・障害者施設、高齢者施設、児童相談所、社会福祉協議会など福祉の現場。また、おもちゃ製作・販売、児童図書出版・販売会社、イベント企画会社、児童教育関係、博物館・美術館など子ども文化に関わる現場などが想定されます。また企業の人事・マーケティング部門、スクールカウンセラー、公務員(福祉職・心理職)などとしての活躍も期待されます。

問い合わせ先・所在地

〒187-8570 東京都小平市小川町1-830
TEL/042-346-5618(入学センター)
E-mail/koho2@shiraume.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都小平市小川町1-830 西武国分寺線「鷹の台」駅下車徒歩15分。
「国分寺」駅北入口から西武バス(武蔵野美大行)に乗り白梅学園前下車すぐ(所要約20分)

地図

 

路線案内


白梅学園大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る