• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 歯科技工士
  • やりがいを聞いてみよう
歯科技工士のやりがいを聞いてみよう

歯科技工士のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

冷たいものを飲んだ時に歯がしみると気になってしまうように、歯の不具合はたとえそれが小さなものでも違和感や不都合を覚える人は多く、食事が食べられないなど、深刻な悩みに発展してしまうものです。歯科技工士という仕事は、日々の生活に直結する「歯」そのものを作る仕事。技術を活かして、健康的な生活に貢献できることが歯科技工士の一番のやりがいでしょう。また、歯科技工士免許は独立開業が可能な医療資格であるため、歯科技工所を開業して独立することができます。技術の腕を上げ、歯科医師に必要とされる存在となればそれだけ多くの仕事がまいこみ、収入も増えます。歯科医療の世界は日々進歩を続けていくものですから、習得すべき技術・知識に終わりがないということも、やりがいにつながります。

好きなものづくりで、健康を支えられる

歯科技工士は国家資格であり専門性の高い職業のため、身につけた知識・技術は一生もの。その技術を生かし、患者さんにぴったり合う歯をつくることによって健康的な生活に貢献できることが何よりのやりがいと言えます。自由診療の技工物を製作する歯科技工士や、歯科医院に勤務する歯科技工士であれば直接患者さんと接する機会もあります。自身の手によって仕上げた技工物を患者さんが装着して、その完成度の高さに「ありがとう」と感謝してもらえるのも大きなよろこびでしょう。

専門技術を高めていける

歯科技工物の製作は、資格を有する歯科医師と歯科技工士にしかできません。歯科医師も大学において歯科技工の教育は受けますが、専門的な技術を要する仕事のため、歯科技工物の製作は歯科技工士が担っていると言っていいでしょう。歯科医療の世界は進歩しているため、常に最先端の歯科医療や歯科技工についての知識・技術を吸収しなくてはならず、大変な仕事なのは間違いありませんが、自分の腕次第でより技術の高い仕事ができることが歯科技工士の魅力でもあります。スキルを身につけ、地道に続けていけば、仕事の幅はどんどん広がります。

技術者と経営者の両方のやりがいを得られる

医療関係で独立開業できる業種は限られていますが、歯科技工士は一人でも歯科技工所を開業して独立することができます。個人事業主として一人で自宅でという人もいれば、会社を設立して数十人単位の歯科技工士を雇い、大掛かりな企業形態で経営している歯科技工士もいます。独立開業の際には設備を整えるために資金が必要となり、人を雇うのであれば管理能力、マネジメント力、経営判断力などのビジネスセンスも必要になってきます。個人事業主であっても、顧客となる歯科医師をみつけるなど、営業活動は必要です。独立開業するには、歯科技工士としての腕以外に「経営スキル」が問われます。成功すればそれだけの年収を得られるため、経営者としての可能性にやりがいを感じる歯科技工士もいるでしょう。

スキルアップが収入アップにつながる

歯科技工士は長時間労働かつ低賃金と言われることがある一方、「頑張った分だけ、収入が増える」と話す歯科技工士もいます。独立開業する歯科技工士も多くいますから、歯科技工士の仕事は自身のスキルが収入に直結するとも言えます。顧客となる歯科医師に頼られる存在となることで収入を上げていけることは、大きなやりがいとなるはずです。

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

歯科技工士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路