• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 学習院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際社会科学部

私立大学/東京

ガクシュウインダイガク

国際社会科学部

定員数:
200人

世界中の人と対等に渡り合い、国際的なビジネスの第一線で活躍できる人を育成する

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 通訳ガイド

    外国人旅行者を案内するのが仕事

    日本を訪れる外国人旅行者を案内する。空港までの出迎え、ホテルへの誘導から、観光案内など、旅行者が快適に日本滞在できるようにするため、さまざまな仕事をこなす。語学力のほか、日本文化に関する知識、また、好感を持たれる人柄なども大切。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ

    翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。翻訳者とも呼ばれます。翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。

  • 青年海外協力隊員

    開発途上国に赴いて現地の開発事業に協力する日本人ボランティア

    アジア、アフリカなどの開発途上国に派遣され、現地でコミュニティー開発、防災・災害対策、上下水道の整備、森林保全、スポーツ指導などさまざまな事業に協力するボランティア。独立行政法人 国際協力機構(JICA)が募集しており、対象は20~39歳の日本人。派遣される期間は原則として2年間。往復旅費、現地生活費、住居費などは支給されるが報酬はない。募集職種によっては、大卒以上の学歴や実務経験、該当分野の専門知識・技術が問われる。青年海外協力隊への参加を足掛かりに、NGOや国際機関での国際協力活動に進む人も多い。

  • 留学コーディネーター

    留学を考えている人に、本人の希望に合った留学プランを提案し、サポートする

    留学を希望する高校生・大学生・社会人に対して、その人の目標に合わせた留学プランを提案する専門家。留学先の学校選びに関するアドバイス、入学手続きのサポート、航空券や滞在先の手配、海外の学校のシステム・教育内容や現地での生活に関する情報提供なども行う。一人ひとり留学の目的は異なるので、相手の話をしっかりと聞いて適切なアドバイスをすることが大切。自分自身の留学経験、現地とやりとりするための語学力などが求められる。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金(参考) 144万6800円 
bug fix

募集学科・コース

目指すのは国際的に活躍するビジネスパーソン。その基礎体力をつけるための4年間

キャンパスライフShot

学習院大学 グローバルビジネスを担うために、4週間以上の海外研修を卒業要件とし、国際社会に対する感覚を肌で感じながら身に付けます。
グローバルビジネスを担うために、4週間以上の海外研修を卒業要件とし、国際社会に対する感覚を肌で感じながら身に付けます。
学習院大学 専門科目(社会科学)を段階的に英語で学び、理解に必要な4技能(読む・書く・聞く・話す)を高めます。
専門科目(社会科学)を段階的に英語で学び、理解に必要な4技能(読む・書く・聞く・話す)を高めます。
学習院大学 課題解決型の授業を行います。国際社会で起こっている諸課題に目を向け、問題意識を高めていきます。
課題解決型の授業を行います。国際社会で起こっている諸課題に目を向け、問題意識を高めていきます。

学部の特長

学ぶ内容

国際社会科学科
 国際社会でビジネスパーソンとして活躍できる人材に求められる「人の国際化」に対応すべく、新学部「国際社会科学部」を2016年4月に設置しました。国際社会科学部では、「実践的な英語」と「社会科学による国際社会の理解」の2つを柱として学んでいきます。 また、在学中に4週間以上の海外研修で、国際社会に対する感覚を肌で感じながら身につけます。世界に挑戦するためには、英語力を身につけ、国際社会の仕組みを理解することが前提です。4年間を通じて、国際社会に対する広い視野を養い、世界でも日本でも活躍できるグローバル人材を目指します。

カリキュラム

英語教育と国際社会の理解が2本柱
 いくら良いアイデアがあっても、それを相手に伝えることができなければ役に立ちません。逆に、英語が話せるだけで国際社会で活躍できるわけではありません。国際社会科学部では、国際社会で活躍するために必要な2つのスキル「実践的な英語」と「課題発見・解決力」を、法律・経済・経営・地域研究・社会学といった「社会科学」を題材として経済やビジネスで通用する知識と教養を深め国際社会を理解しながら、習得していきます。
「実践的な英語」を身につける
 国際社会で活躍するには、コミュニケーションのツールである英語の習得が欠かせません。国際社会科学部では、英語でのコミュニケーション能力を段階的に高める教育を行います。1・2年次ではCLIL(Content and Language Integrated Learning)という手法を活用し、英語の学習において、国際社会に関連する題材を取り扱うことで、実際に英語を使いつつ社会科学を学んでいきます。社会科学系の演習および講義においても、学年が進むにつれて、英語教材の利用や英語による授業運営を増やしていきます。それにより、学部生全員が大学卒業までに実践的な英語を身につけることを目指します。
国際的な問題に「社会科学」からアプローチ
 国際社会で活躍するためには、国際社会にあるさまざまな問題の解決へ貢献することが必要です。その際に重要なことが、複雑な問題を解きほぐし、どのような原理で動いているかを理解する力です。国際社会科学部では、国際社会とはどのような仕組みで動いているかを、社会科学の面から総合的に理解します。また、講義だけでなく演習を組み合わせることで、課題を発見し解決する力を養います。1年次には基礎演習(少人数で行う課題解決型の授業)で、国際社会で起こっている諸課題に目を向けることで問題意識を高め、2年次以降はより専門的なテーマで学ぶカリキュラムを用意しています。

設立の背景

伝統の上に更なる国際化に向けた学習院の新たな挑戦
 本学部の特徴は、国際的な観点でも、とりわけ、経済やビジネス面に重心を置いたことです。国際系の学部ではしばしば文化や交流といったことを重視している学部が多くみられますが、学習院の国際社会科学部では、法律・経済・経営・地域研究・社会学に関する分野を取り上げます。それにより国際社会の仕組みを理解し、そして、そこでの課題についてどのように対応していったらよいかを考えます。これにより身につく課題解決力は、複雑な国際社会に出て行ったとき、必ず役に立つ基盤となります。

就職率・卒業後の進路 

■想定される活躍分野・業界
一般企業の国際部門、商社・外資系企業、中学(社会)・高校(公民)の教員ほか
※国際社会科学部は、2016年4月設置のため、本学部から卒業生は出ていません。

問い合わせ先・所在地

〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
TEL 03-5992-1008

所在地 アクセス 地図・路線案内
目白キャンパス : 東京都豊島区目白1-5-1 「目白」駅から徒歩30秒
東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅から徒歩7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

学習院大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路