• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 松戸歯学部

日本大学 松戸歯学部

定員数:
128人 (2023年度 )

歯科医学を「オーラルサイエンス(口腔科学)」と捉え、医学の一分科としての教育を展開。社会に貢献できる歯科医師に。

学べる学問
  • 歯学

    食べる機能をテーマに健康増進に取り組む

    歯と口腔の病気治療と予防法を学び、歯科医師を養成するための学問。

目指せる仕事
  • 歯科医師

    歯の診断・治療から矯正、審美まで歯から全身の健康を取り戻す

    歯科医師は、虫歯や歯周病の治療を中心に、歯並びの矯正、抜歯やインプラントなどの外科的治療に加えて口腔領域の良性・悪性腫瘍の治療などを行います。歯科医師になるには、大学の歯学部もしくは歯科大学を卒業し、歯科医師国家試験に合格して歯科医師免許を取得しなければなりません。免許取得後、1年以上の臨床研修を経て、ようやく歯科医師として働くことができます。歯科医師の数が過剰となっていることを受けて国家試験の難易度は年々引き上げられつつあり、努力なくしてはなることができない、専門性の高い仕事です。歯科医師免許取得者の多くは、病院もしくは歯科医院に就職しています。近年では、矯正歯科や小児歯科、審美歯科など、専門医の割合が増加してきています。

  • 歯学研究者

    「歯」やその周辺にある「口腔」の病気や治療法などを専門に研究する。

    歯やそれを支えるあごや口腔の病気のメカニズムを分析・解明したり、治療法などを研究したりするのが歯学研究者。大学の研究室などで研究するだけでなく、実際に治療にあたる開業医でも、自分なりのテーマをもとに論文を発表し研究をし続ける人も多い。病気への対処法だけでなく、「予防歯科」の研究や、そのための歯の矯正などについての研究も進められている。歯学部で所定の単位を履修し、歯科医師の国家資格に合格して歯科医師免許を取得することが前提。

bug fix
初年度納入金:2022年度納入金 690万円  (諸会費等別途)
bug fix

日本大学 松戸歯学部の募集学科・コース

歯科医学を「オーラルサイエンス(口腔科学)」と捉え、医学の一分科としての教育を展開。

日本大学 松戸歯学部のキャンパスライフShot

日本大学 5年次から行われる臨床実習は、全国屈指の来院患者数を誇る付属病院で実施。
5年次から行われる臨床実習は、全国屈指の来院患者数を誇る付属病院で実施。
日本大学 多職種連携の広い視野と優れた臨床能力を持つ歯科医師を育成する。
多職種連携の広い視野と優れた臨床能力を持つ歯科医師を育成する。
日本大学 指導医とともに診療に参加し、実際に患者さんと接しながら医療の現場を学ぶ。
指導医とともに診療に参加し、実際に患者さんと接しながら医療の現場を学ぶ。

日本大学 松戸歯学部の学部の特長

松戸歯学部の学ぶ内容

人間性豊かな、広く社会に貢献できる歯科医師を育成します
松戸歯学部は、「口腔の健康は全身の健康につながる」という考えのもと、歯科医学を「オーラルサイエンス(口腔科学)」と捉え、医学の一分科としての教育を展開しています。これは、医科歯科連携、地域包括医療・ケアとよばれるシステムの先駆的概念です。
日本は現在、超高齢社会を迎えています。高齢者の健康寿命延伸のためには、「口腔の健康維持」が極めて重要であり、それを支えるのが歯科医師です。歯科医師は、人間にとって生きるための「食」を支える重要器官に関わるスペシャリストにほかなりません。
松戸歯学部では、日本大学教育憲章にある「自主創造」の「自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく」を根幹として、歯科医療と歯科医学を通して社会に貢献する、目的意識が高く、人間性豊かな歯科医師の育成をめざしています。

松戸歯学部のカリキュラム

カリキュラム
基礎歯科医学及び基礎医学の「学問体系別講義」と、1つのテーマに様々な専門分野の教員がアプローチする「統合型講義」の連携による総合的な教育体制が特長です。統合型講義として各学年に配置された専門教育を統合する「歯科医学総合講義」、1年次から6年次にわたって、全人的歯科医師を育成することをテーマとして構成される「医療行動科学」、歯科医学の主要領域である「歯科保存学」、「歯科補綴学」、「口腔顎顔面外科学」などを学びます。5年次4月から付属病院で行われる「臨床実習」は、充実した設備が整った環境のもと、各診療科において指導医から指導を受けます。
また、松戸歯学部では「教育・学修総合センター」を設置しており、学生一人ひとりの試験成績を収集・分析し、その結果を学生にフィードバックして苦手分野の克服を図っています。

松戸歯学部の授業

充実した5年次の臨床実習
臨床実習を行う5年次生は「Student Dentist(SD)」と位置づけられ、付属病院には診療参加型臨床実習を実践する「SD診療室」が開設されています。
SD診療では、学生が患者さんのチーム医療の一員となり、診療の開始から終了までの中心的な役割を果たします。指導医の下、初診の患者さんの医療面接の実施、口腔機能の回復をトータルで考える一口腔単位の治療計画立案、必要な検査の実施、治療の実施と介助、予約マネジメント、症例報告を行います。患者さんと信頼関係を築きながら、総合的な歯科臨床能力を身につけます。

松戸歯学部の資格

受験資格が得られるもの
歯科医師国家試験
歯科医師国家試験合格に向けたサポート体制
■歯科医学総合講義5
5年次後学期に行われる「歯科医学総合講義5」は、臨床実習の前に毎朝行われ、臨床実習で遭遇する症例の問題解決力を培います。臨床実地が重視される歯科医師国家試験に対応できる知識を修得します。

■歯科医学総合講義6
6年次に行われる「歯科医学総合講義6」は、6年間の教育を総括するまとめ講義であり、講義は歯科医師国家試験出題基準に準じて構成されています。講義と講義内試験を繰り返すことで、6年次までに学んだ知識・技術を集約し、歯科医師国家試験に合格する実力を身につけます。

■国家試験対策委員会・学修サポート委員会
各専門分野には、国家試験対策委員会・学修サポート委員会の教員が配置されており、適切な勉強方法の相談など、いつでも質問ができる体制を整えています。

日本大学 松戸歯学部の入試・出願

日本大学 松戸歯学部の学べる学問

日本大学 松戸歯学部の就職率・卒業後の進路 

本学部を卒業し歯科医師国家試験に合格した後は、1年間の歯科医師臨床研修期間を経て、歯科医師や研究者として、歯科医学の最先端で活躍することができます。国内のみならず、海外でも多くの卒業生が活躍しています。
より高度な知識・技術を修得するために、大学院へ進学する道も用意されています。
 
■歯科医師臨床研修制度
松戸歯学部付属病院では、歯科医師臨床研修プログラムを設けて受入体制を整えており、初期研修、総合歯科研修、選択制の専門歯科研修、著名な臨床教授による講義や臨床示説を行う研修セミナー、症例検討会、症例報告会等を行っています。
松戸歯学部卒業生の多くは、この付属病院での臨床研修に進み、1年間の臨床研修を行っています。
 
■大学院への進学
大学院松戸歯学研究科では、6つの学系のもとに24の専攻学科目を開設しています。未来の歯科医学教育を担う教育者、世界をリードする研究者、科学する能力を持った臨床家を育成します。

日本大学 松戸歯学部の問い合わせ先・所在地

〒271-8587 千葉県松戸市栄町西2-870-1
日本大学松戸歯学部 教務課(入試係)
TEL:047-360-9339

所在地 アクセス 地図・路線案内
松戸歯学部キャンパス : 千葉県松戸市栄町西2-870-1 JR常磐線快速・各駅停車(東京メトロ千代田線相互乗り入れ)、新京成線「松戸」駅西口(バス乗場2番)から京成バスで15分「日大歯科病院」下車
つくばエクスプレス、JR武蔵野線「南流山」駅(南口バス乗場)から京成バスで15分「日大病院入口」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT