• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術学部

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

芸術学部

定員数:
866人 (2018年度 参考)

アートの最前線で活躍する教授陣に指導を受け、確かな技術と創造力・発想力の豊かなアーティストに。

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 役者・俳優

    人物像を創って他者を演じる

    映画やTVや舞台などで、監督や演出家の求める人物像を自分の中に創りあげて演技する。才能と個性、演技力、集中力などが要求される。入団試験を受けて劇団に入団するか、オーディションを受けて芸能プロダクションに所属する。

  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • 作家・小説家

    文章表現で、人を感動させる作品をつくる

    大きくは、純文学系とエンターテイメント系に分かれる。作品を書き下ろし単行本になる場合と、新聞や週刊誌、月刊誌などに連載されたものがあとから本にまとめられる場合がある。いずれにせよ、書き続ける意欲と情熱は欠かせない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • ピアニスト

    表現力豊かに演奏して聴衆に感動を与える

    鍵盤楽器のひとつであるピアノの演奏家。高度な演奏技術に加えて、音楽理論の理解も求められるため、幼少期から個人レッスンを受けていた人が多いようです。クラシックのほか、ジャズやロック、ポップス、イージーリスニングなどのジャンルでも多くのピアニストが活躍しています。また、ピアノ教室や大学、専門学校などで生徒を指導しながら、演奏会などに出演するピアニストもいます。曲の理解力や表現力を高めて有名コンクールなどで優勝し、卓越したテクニックと豊かな表現力が認められると、クラシック曲を中心に演奏するピアニストとして活躍できる道が開けるでしょう。

  • 画家

    絵画を通じて人々を魅了する

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろです。絵を売った収入だけで生活できる画家はほんの一握りなので、ふつうは美術教師やデザイナー、イラストレーターなどの仕事をしつつ、その合間に創作活動をする人がほとんどです。自分の才能を信じて創作活動を続け、コンクールに出展をして受賞経験を積む、個展を開いて画商に認めてもらう、また最近ではSNSやブログなどで人々の目にとまることなどが成功への道のひとつです。

  • カメラマン

    写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ

    広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

写真の専門的な知識と技術、制作の実践。最新のデジタル写真にも対応した、初心者でも着実に力がつく授業内容を用意。

映像文化を「芸術創造」と「情報伝達」の両面から探究し、新たな時代の映像スペシャリストを育成する。

個々の表現力や発想を引き出すために、少人数制の教育を実施。企画展や作品展など、数多くの発表の場も用意。

1年間に3回ある定期演奏会や各コースのコンサートならびに論文発表会などの、発表の場を多く設けている。

創作活動を主体とした教育で、言葉のプロフェッショナルをめざす。

劇作・演出・演技・装置・照明・日舞・洋舞・企画制作の8コースに分かれ、舞台芸術に関する知識や技術を学んでいく。

テレビ制作、ラジオ制作、映像技術、音響技術、CMの5専攻を中心に、多様な実習・演習を通して実践的に学んでいく。

コミュニケーション、インダストリアル、建築の3コースを統合し、幅広い知識と高度な専門性を持つデザイナーを育成。

キャンパスライフShot

Photo
8学科の枠を越えた、伝統と革新の創作活動を可能にする芸術学部江古田キャンパス
Photo
演劇学科洋舞コース実習発表風景
Photo
写真学科大スタジオ。充実した設備のもと、創作活動に専念できる

学部の特長

学ぶ内容

8つのアート1つのハート
伝統芸能から最先端のアートまで、芸術の理想と創造の原理を追求。コースや専攻、学科の枠を越え、一つの作品を合同制作するコラボレーションを積極的に試み、徹底的な少人数教育のもと総合的な芸術創造を展開します。

授業

他学科公開科目
所属学科の専門科目を履修するだけでなく、興味を持った他学科の専門科目を履修することにより、各自の専門領域と隣接する領域を含んだ総合的な視野を養うことが可能です。
芸術総合講座
他学科の学生との交流から生まれる刺激を体験しながら、総合的な芸術創造に挑む、学科の枠を越えたプログラム。様々な芸術領域の最新情報や技術を、各分野で活躍中のアーティストを招き、オムニバス形式の授業で学習し、講義の他に作品づくりやワークショップなど、実践的・創造的な授業も展開します。

資格

取得できる資格 ※学科により異なる
中学校教諭1種免許状【国語・音楽・美術】〈国〉、高等学校教諭1種免許状【国語・音楽・美術・工芸】〈国〉、学芸員〈国〉、司書〈国〉、司書教諭〈国〉ほか

学生支援・制度

就職支援
就職支援行事として就職総合講座、教員採用試験対策講座、業界セミナー、合同企業説明会、就職対策模擬試験などを実施。学部の特性を活かした就職支援を行っています。
インターンシップ
学生の職業観の育成や学んできたことを鍛える場として、主に3年次の夏休みに、写真スタジオ、デザイン事務所、映画会社、映像制作会社、劇場などで実施。
日藝賞
芸術学部に在籍したすべての人を対象に、活躍の分野を問わず「著しく日藝の名声を高め、その業績が社会に貢献し、芸術を志す学生の夢の対象となる人」に贈られます。平成28年度投票実施の第11回では、音楽学科出身の海上自衛官 三宅由佳莉さん、放送学科出身の放送作家・脚本家 小山薫堂さんが受賞。

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職実績
共同通信社、時事通信社、毎日新聞社、日本放送協会、フジテレビジョン、関西テレビ放送、毎日放送、讀賣テレビ放送、松竹、東北新社、日本コロムビア、吉本興業、オリエンタルランド、シミズオクト、宝塚舞台、島村楽器、セガゲームズ、マーベラス  ほか
■大学院進学
日本大学大学院芸術学研究科で専門分野のさらなる研究と創作を行うこともできます。

問い合わせ先・所在地

〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
03-5995-8282

所在地 アクセス 地図・路線案内
芸術学部キャンパス : 東京都練馬区旭丘2-42-1 西武池袋線「江古田」駅北口から徒歩 1分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)