• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

理工学部

定員数:
2030人 (2018年度 参考)

都心の最新キャンパスと理工系トップレベルの研究施設で学び世界へ羽ばたくエンジニアになる

学べる学問
  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

都市空間の建設・デザイン、環境保全について少人数教育と実習・実験等の体験型教育を基にその技術と感性を習得する

安全で快適な交通社会を実現する技術者を育成。日本大学理工学部唯一のJABEE(日本技術者教育認定機構)認定学科

個性を活かす多彩な研究分野。建築・都市空間を創造する「モノづくりの楽しさと喜び」を体感できる

ウォーターフロントから海洋空間まで、人が住み・働き・憩う環境をデザインする新しい建築工学を学ぶ

美しさ、楽しさ、安全・安心を探究する「まちの総合デザイン」を学ぶ

実技は体験型・問題解決型に分けて習得。科学的な根拠に基づく豊かな想像力を育みながらものづくりの楽しさを学ぶ

機械分野をベースに、情報分野や電気・電子分野をバランスよく学び、世界で活躍できるエンジニアを育成する

4つの力学(材料、工業、流体、熱)を基礎とし、航空力学、飛行力学、ロケットエンジン、宇宙機設計等を学ぶ

エネルギー、エレクトロニクス、情報・通信、環境を軸に、実験・演習を重視した授業で社会を豊かにする電気工学を学ぶ

スマートネットワーク社会の実現に必要な電子工学(ハードウェア・ソフトウェア)技術を身につけることができる

情報工学分野のプロフェッショナルとして、広く社会で活躍できる人材を育成

「環境」「材料」「生命」をキーワードに、地球環境、新素材、生体物質などについて基礎から最先端までを幅広く学ぶ

日本初のノーベル賞受賞者湯川秀樹博士の進言により設立。理論的研究や核融合、超伝導など最先端の実験研究を推進する

現代数学の最先端にチャレンジ。数理科学者、コンピュータ関係の情報技術者をめざす

キャンパスライフShot

日本大学 建築設計課題の学年を超えた総合講評会「スーパージュリー」の様子。
建築設計課題の学年を超えた総合講評会「スーパージュリー」の様子。
日本大学 人工衛星を開発し、ロケットで打ち上げて、地上管制局で運用を行う「衛星工房」。
人工衛星を開発し、ロケットで打ち上げて、地上管制局で運用を行う「衛星工房」。
日本大学 グライダー曳航実験(船橋キャンパスにて)。
グライダー曳航実験(船橋キャンパスにて)。

学部の特長

学ぶ内容

理学と工学、芸術からデザインまで
科学、技術、工学、芸術、数学にデザインを加えた、ユメをリアルにするCST×DREAM教育プログラムで学び、世界へ羽ばたくための知識と技術を身に付けます。都心の駿河台キャンパスには最先端の教育研究施設を備えた超高層の新校舎が来年度竣工。東京ドーム6個分の船橋キャンパスには理工系トップレベルの大型実験施設が多数あります。
幅広い専門と異分野横断
理工系すべての学問領域を網羅する14学科で、専門性の高い分野を集中して学びます。「サブメジャー制度」を利用すれば他学科でも学べ、異分野を横断して専門の幅を広げられます。約千人の教員が在籍し、きめ細かな個別指導を受けられます。卒業生は、およそ23万人、みなさんの将来をサポートします。
実務・実践から学ぶ
1年生より「もの・ことづくり」に携わる「未来博士工房」があります。実践的教育として、ロボットやPCの製作、環境や交通の地域活動などに取り組んでいます。工房の学生が開発した人工衛星は、いまも宇宙を飛び地上と交信しています。鳥人間コンテスト人力プロペラ機ディスタンス部門では最多優勝を誇るなど未知への挑戦を通じて、自主性・チャレンジ精神・チームワーク力を養います。

資格

取得できる資格
中学校教諭1種免許状【数学・理科・技術】〈国〉、高等学校教諭1種免許状【数学・理科・情報・工業】〈国〉、測量士〈国〉、技術士補〈国〉、学芸員〈国〉ほか
受験資格が得られるもの
一級建築士(実務経験2年要)〈国〉、二級建築士〈国〉ほか
目標とする資格
技術士〈国〉、不動産鑑定士〈国〉、電気主任技術者〈国〉ほか
※取得・受験・目標資格は学科により異なる

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職実績
大和ハウス工業、大林組、鹿島建設、清水建設、京セラ、日本電気、パナソニック、富士通、トヨタ自動車、本田技研工業、凸版印刷、横浜ゴム、東京電力、エヌ・ティ・ティ・データ、ヤフー、日本航空、東日本旅客鉄道、乃村工藝社、国土交通省、防衛省、気象庁、千葉県庁、東京都庁、横浜市役所  ほか
■大学院進学
専門性の高い研究を続けるために国内外の大学院に進学する学生も多い。日本大学大学院理工学研究科では、理学・工学を幅広くカバーした16専攻を設置。高度な思考力・高度な実践力を備え、自ら提案する能力と魅力ある人間力のある人材を育成しています。

問い合わせ先・所在地

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
03-3259-0578 
〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1
03-3259-0578 

所在地 アクセス 地図・路線案内
理工学部 船橋キャンパス : 千葉県船橋市習志野台7-24-1 東葉高速線(東京メトロ東西線相互乗り入れ)「船橋日大前」駅西口から徒歩 1分

地図

 

路線案内

理工学部 駿河台キャンパス : 東京都千代田区神田駿河台1-8-14 JR中央・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅から徒歩 3~5分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅から徒歩 3分
都営地下鉄新宿線「小川町」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)