• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • スポーツ科学部

私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

スポーツ科学部

定員数:
300人 (2018年度 参考)

スポーツを科学的に研究。世界レベルのアスリートや人間性豊かなコーチとして活躍する

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • プロスポーツ選手

    専門のスポーツ競技の分野で、自分の実力で勝負

    プロ野球、サッカーのJリーグ、ボクシングやゴルフなどプロスポーツの世界はさまざまな分野がある。どの分野でやるにしても、スポーツでお金を稼ぐということは並大抵のことではない。憧れの大きい分、競争社会であり、実力次第で天と地の差がはっきりでる。でもスター選手を目標に頑張るだけの価値がある魅力的な仕事だ。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

スポーツを科学的に研究する新学部が誕生。競技スポーツのアスリートやコーチを養成

キャンパスライフShot

日本大学 アリーナ、プール、トレーニングルームなど様々な体育施設が備えられた1号館
アリーナ、プール、トレーニングルームなど様々な体育施設が備えられた1号館
日本大学 フリーウエイト、マシントレーニング、有酸素トレーニングの各エリアに最新鋭のトレーニング機器を配置
フリーウエイト、マシントレーニング、有酸素トレーニングの各エリアに最新鋭のトレーニング機器を配置
日本大学 『コーチングのための栄養学』では、アスリートの栄養面の課題について検討します
『コーチングのための栄養学』では、アスリートの栄養面の課題について検討します

学部の特長

学ぶ内容

競技スポーツ学科
コーチング学を中心に、医科学や自然科学、社会科学など、スポーツを取り巻く領域を総合的に研究します。スポーツ科学の知見を幅広く学び、科学的知識を備えたアスリートや人間性豊かなコーチを養成します。

授業

カリキュラム
1年次から実習科目を配置し、コーチング学を中核に、スポーツに関連する領域を学際的に研究できるカリキュラムを整えています。2年次以降は、自らの競技力向上に関する実践理論を深める「アスリートコース」と、コーチとして、コーチとアスリートを取り巻く環境を含めたサポートの学びを深める「スポーツサポートコース」に分かれ、学びの目的に合わせた専門性を高める教育を行っていきます。
【アスリートコース】自分自身を学びの対象として、客観的に自己分析し、アスリートとしての専門的能力・資質を高めます。また、アスリート自身の学びをコーチの視点から再構成することによって、将来のコーチとしての能力を高めることも目的としています。
【スポーツサポートコース】アスリートの競技力向上をはじめ、競技会で本来の力を十分に発揮させるためのコーチング方法などを学習します。また、競技スポーツに関わるサポート体制を学び、スポーツ活動を支援するための専門的能力・資質を育みます。スポーツ経営管理、スポーツ制度・行政といったスポーツマネジメントに関する理解も深めることができます。
ゼミナール、卒業研究・論文
テーマに対する研究計画を立案し、競技力を科学的・理論的に分析することにより、予備実験・調査などを行い研究方法を確立。卒業研究・卒業論文では4年間にわたる学修経験を基に、競技スポーツに関する研究の成果を集約します。

施設・設備

スポーツ科学部の施設・設備
アリーナ、プール、体操場、柔道場、剣道場、相撲場、トレーニングルームなどの体育施設をはじめ、図書館、ラーニングコモンズ(総合的な自主学習施設)などを備えた快適な学習環境を提供。酸素濃度の低い状態でトレーニングや実験を行う「低酸素室」や、通常のプールよりも高い負荷をかけながら水泳やトレーニングを行う「流水プール」も設置されています。人工芝のサッカーコート(1面)の周囲に陸上競技トラックが敷設されたグラウンド(東京都稲城市)もあります。

学べる学問

就職率・卒業後の進路 

■想定される卒業後の進路
【アスリートコース】プロアスリートや実業団のアスリート、企業スポーツアスリートなどを目指します。
【スポーツサポートコース】競技スポーツの運営・強化に携わる競技団体の職員や、地域のスポーツ指導者、競技スポーツの研究者、トレーナーなどを目指します。

問い合わせ先・所在地

〒154-8513 東京都世田谷区下馬3-34-1
03-6453-1600 

所在地 アクセス 地図・路線案内
三軒茶屋キャンパス : 東京都世田谷区下馬3-34-1 東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅から徒歩10分
東急東横線「祐天寺」駅から、東急バスで10分「日大前」下車徒歩1分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)