• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 目白大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人間学部
  • 人間福祉学科

私立大学/東京・埼玉

メジロダイガク

人間福祉学科

募集人数:
100人

福祉サービスを必要とする人がより豊かに人生を過ごせるよう、柔軟な支援ができる社会・精神保健・介護福祉士を目指す

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • ケアマネジャー

    介護サービスの内容や業者などを決め、介護計画を立てる介護支援専門員

    介護保険サービスの申請を市町村から受け、申請者を訪ねてその身体状況を調査し、介護保険給付が必要となった場合は介護サービス計画を作成する介護支援専門員。申請者との信頼関係、介護サービスの提供者側との調整などが、能力の問われるところだ。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • 福祉・介護職員

    食事、入浴からレクリエーションまで、要介護のお年寄りや障害者の生活を支える仕事

    介護が必要なお年寄りや障害者に対して、食事、入浴、排せつ、衣服の着脱、移動などのサポートをする。さらに散歩や買い物の援助、レクリエーションの企画・実施など仕事の内容は幅広い。老人福祉施設や障害者福祉施設などに就職して、入居者をサポートする場合もあれば、訪問介護サービス事業者に就職し、利用者の自宅でサポートを行う場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金 135万160円 

学科の特長

カリキュラム

社会福祉の基本的な理解から資格取得まで多彩な科目編成
現場実習を重視し、2年次の見学実習で現場を知り、興味・関心を高め「社会福祉士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」から目指す資格と履修スタイルを選択。3・4年次の演習や現場実習で技術と知識を深めます。4年次は、実習を通して学んだことを基盤に卒業研究、国家試験対策・模擬試験などに取り組みます。

授業

基礎から実践まで学ぶ、幅広い内容の授業が特長
1年次の必修科目「社会福祉原論」では、社会福祉の基礎と関連する各分野を学習。「児童福祉論」では児童福祉の理念をはじめ、現代社会における子どもとその家族の支援方法などについて考えます。また、3年次の「障害児・者援助論」では、障害児・者への援助の考え方、方法、評価の仕方について学びます。

実習

現場を重視した豊富な実習先
2年次から「相談援助実習I」など現場体験の機会を用意。福祉の専門家としての自覚を促します。実習先は児童養護施設や特別養護老人ホームなど各種福祉施設。卒業後は公務員(社会福祉職)、福祉事務所や児童相談所、各種社会福祉施設における相談員、在宅介護支援センターの生活指導員などの進路が考えられます。

資格

福祉に関する資格取得を全面的にフォロー
資格取得のために効率的な学習プランを用意。目標資格は、高齢者や障害者の介護やカウンセリングを行い、ソーシャルワーカーとして活躍する「社会福祉士」、精神障害者の社会復帰を支援したり自立に向けた相談などを行う「精神保健福祉士」、日常生活に支障をきたす人を専門知識と技術で支える「介護福祉士」などです。

施設・設備

介護を必要としている人の実生活空間を再現
「介護実習室」には、介護用ベッドや車いす、補助リフト、ストレッチャーなどさまざまな利用者の心身の状況に応じた福祉用具が揃います。また居宅での介護を行うための和室も設置。家庭浴槽、シャワー、寝た姿勢のまま入浴することが可能な特別浴槽などが設置された「入浴実習室」では、入浴に関する内容の演習ができます。

教育目標

誰もが“その人自身の幸福”を追求できる社会をつくる
社会福祉サービスは、人間一人ひとりに対する理解が不可欠。本学科では、「福祉と人間と社会」を見つめる視点や理解を大切にしながら、社会福祉サービスの利用者を尊重し、充分な知識と技術を習得。多様なニーズに対応できる柔軟性と行動力を持った専門家(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士)を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【福祉】<国> (一種) 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 児童指導員任用資格 、
  • レクリエーション・インストラクター 、
  • 学芸員<国>

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国> 、
  • 精神保健福祉士<国> 、
  • 介護福祉士<国>

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

福祉職・精神保健福祉職公務員、特別養護老人ホーム、障害者福祉施設、児童福祉施設、各種相談機関など

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
TEL03-5996-3117

所在地 アクセス 地図・路線案内
新宿キャンパス : 東京都新宿区中落合4-31-1 西武新宿線・地下鉄大江戸線「中井」駅から徒歩 8分
地下鉄大江戸線「落合南長崎」駅から徒歩 10分
地下鉄東西線「落合(東京都)」駅から徒歩 12分

地図

 

路線案内


目白大学(私立大学/東京・埼玉)