• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • リリーこども&スポーツ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • こども未来学科
  • スポーツ保育士コース

茨城県認可/専修学校/茨城

リリーコドモアンドスポーツセンモンガッコウ

スポーツ保育士コース

2年間で「保育」と「スポーツ」を専門的に学び、子どもの健康をサポートできる先生になろう

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 福祉施設寮母・寮父

    福祉施設で、入所している老人や障害者の日常生活のさまざまな手助けを行う。

    福祉施設に入所している、老人や障害者ができるだけ家族と暮らしているのと同じように自由で快適に暮らせるよう日常の手助けをする。トイレの付き添い、入浴の介助、食事の世話、着替えの介助などを、それぞれの身体機能にあわせて行う。また、部屋の掃除やシーツの交換、洗濯、レクレーションの手伝いなど、家族が一緒に暮らしている場合に日常生活の中で手助けするだろうことを行う。ケアワーカーとも言われる。24時間体制のため、早出、遅出など、シフトを組んで仕事をするのが一般的。

  • 福祉・介護職員

    食事、入浴からレクリエーションまで、要介護のお年寄りや障害者の生活を支える仕事

    介護が必要なお年寄りや障害者に対して、食事、入浴、排せつ、衣服の着脱、移動などのサポートをする。さらに散歩や買い物の援助、レクリエーションの企画・実施など仕事の内容は幅広い。老人福祉施設や障害者福祉施設などに就職して、入居者をサポートする場合もあれば、訪問介護サービス事業者に就職し、利用者の自宅でサポートを行う場合もある。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

  • ダンスインストラクター

    ダンサーとしての経験や実績を生かして教室やスタジオで指導

    ダンスには、ジャズダンス、ストリートダンス、バレエ、社交ダンスなどいろいろな種類があり、それぞれに教室やレッスンスタジオがあり、インストラクターが活躍している。ジャズダンス、ストリートダンス、バレエなどは特に指導者資格は求められず、ダンサー、バレリーナとしての競技会実績や豊富な経験を生かしてインストラクターを務めている人が多い。社交ダンスの場合は、プロ資格、アマチュア資格が設けられているが、報酬を得て指導をするにはプロ資格が必要となる。

初年度納入金:2019年度納入金 92万円 
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

乳幼児期から児童期までの子どもの健康を理解するための専門的な学び
こども未来学科では、現代社会の教育・保育課題に対応し、“目指す先生”“目標の資格”に合わせたコースを選択することができます。「スポーツ保育士コース」では発達段階、中でもゴールデンエイジ期に着目し、保育とスポーツを実践的に学ぶことで、スポーツで世界に羽ばたく子ども達を育む幼児体育の専門家を目指します。

実習

保育園・児童福祉施設・幼児体育教室・スポーツクラブなどで実践的に学ぶ
保育士になるための保育園実習・児童福祉施設実習の他、スポーツ分野では幼児体育指導者やインストラクターになる上で必要な知識と技術を学ぶスポーツ実習があります。しっかりと基礎を学んだ上で県内外の実習先に場所を移し、より実践力を高め、スポーツ保育士になるためのステップを歩みます。

卒業後

卒業生は保育やスポーツの現場で活躍
卒業後は保育園や児童福祉施設・学童クラブの他、本校健康スポーツ学科の実績から幼児体育指導者やスポーツインストラクターとしての活躍を目指しています。卒業生を招いた「進路ガイダンス」や毎月の「個別面談」、定期的に開催する「就職ガイダンス」、少人数できめ細かい就職指導で専門職への就職率100%を目指します。

施設・設備

附属園・スポーツクラブで、保育士・幼児体育指導者としての基本を習得
学園の教育機関と連携し、1年次から保育の現場を体験。特に附属幼稚園・保育園では、見学実習に始まり、誕生会・運動会・遠足・観劇会・クリスマス会・卒園式実習など保育者の視点で行事を体験できるのが大きな魅力です。スポーツクラブでは、スイミングやサッカーなど、各種スポーツの指導技術をコーチ陣から学びます。

設立の背景

「保育」と「スポーツ」の両分野を専門的に学び、幼児体育のスペシャリストに
現代社会では子どもの発育・発達が課題になっており、体力や健康面をサポートできる専門家が多く求められています。これまで保育士とスポーツ指導者の養成は、それぞれの専門性をもってサポートにあたってきました。「スポーツ保育士コース」ではその両面を学び、日々成長する子ども達の健康に寄り添う専門家を養成します。

イベント

多くの体験を通し、チームで活動する大切さを学ぶ中で、リーダーシップを身につける
スポーツ大会やクリスマス会、キャンプを通した野外活動体験など、豊富なイベントが魅力です。さまざまな体験やグループワークでは、コミュニケーションスキルや計画性が求められ、社会人になる上で必要なスキルを仲間と一緒に学ぶことができます。2年間で大きな成長を感じることができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 保育士<国> 、
  • レクリエーション・インストラクター (※1) 、
  • キャンプインストラクター (※2)

子ども身体運動発達指導士(※1)  
保健児童ソーシャルワーカー(※2)

※1=スポーツコーチング・幼児体育専攻
※2=キッズコーチ・保育士公務員専攻

目標とする資格

    • キャンプインストラクター (※1) 、
    • 障がい者スポーツ指導員 (※2)

    キッズアスレティックスインストラクター(※1)
    日本赤十字社幼児安全法支援員(※1、※2)
    日本赤十字社水上安全法救助員(※1)
    スポーツ保育士(※1、※2)
    レクリエーション・インストラクター(※2) ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒310-0022茨城県水戸市梅香2-1-44
フリーダイヤル0120-711-588
info@lily.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県水戸市梅香2-1-44 「水戸」駅から北口を出て徒歩 13分
「水戸」駅からバス2分 「南町二丁目」バス停より徒歩3分

地図

 

路線案内