• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 創造社デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • モノづくり学科(昼間部/夜間部・2年制)

大阪府認可/専修学校/大阪

ソウゾウシャデザインセンモンガッコウ

モノづくり学科(昼間部/夜間部・2年制)

定員数:
40人

環境やモノに関わる『新しいタイプのプロフェッショナルデザイナー』へ。社会変化を先導するデザイナーを育成。

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • パッケージデザイナー

    買いたくなるパッケージをデザイン

    お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • バッグデザイナー

    機能や素材をも考えデザインする

    バッグの機能、使いやすさ、使うシーンや年齢層など、さまざまな要素を考えながらデザインしていく。布や皮革などの素材選びや色、形など、使う人の立場に立つことはもちろんのこと、流行をキャッチした斬新なアイデアを発想することも必要。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

初年度納入金:2019年度納入金 90万円~132万円  (昼間部132万円/夜間部90万円)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

■ディスプレイ専攻・インテリア専攻・プロダクト専攻
デザインの基礎から徹底して学び、それぞれが目指すディスプレイデザイナーやインテリアデザイナー、家具・プロダクトデザイナーなどの技術を磨きます。これからのデザイナーに求められる多角的視野でデザインを提案できる力を養い、アイデア力を身につけて空間デザイン業界のトップランナーを目指せる実力をつけます。

カリキュラム

実技中心の学びを短期集中で修得し、プロデザイナーのノウハウを身につける
3週間を最小単位とした短期集中で多くの課題に効率よく取り組み、短期間で「技術力」と「アイデア力」を身につけます。ディスカッション形式の授業では、デザイン思考とコミュニケーション能力を強化。入学後すぐに始まる就職サポートでは、10年後を見据えたキャリアプランをたてて、就職決定まで寄り添いながら導きます。

授業

コンペティション実績や企業クライアント制デザイン採用実績が実践力レベルを証明する
外部評価を受けるため多くのコンペティションへ参加。年度末にある「毎日・DAS学生デザイン賞」では、空間デザイン部門での部門賞を受賞。他入選が11名。より技術力を向上させるために10時から21時まで使える工房には専任の工房スタッフが常駐。学びたい意欲をサポートし、実践力強化に努めています。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    第一線で活躍中のデザイナーが講師!いつでも旬の学びに出合えます

    ペンや消しゴムなど身の回りのものを作って、自分色に染めたいと思ったことがデザインの分野を選んだきっかけ。この学校は、グラフィックもモノづくりも両方に力を入れている点がいいと感じて入学を決めました。

    創造社デザイン専門学校の学生

卒業後

実践力のあるデザイナーとして、幅広い分野での活躍を目指す
各企業の企画室・デザイン室(商品開発部・販売促進部など)や空間デザイナー、プロダクトデザイナーとして空間演出を手掛けるデザイン事務所、プロダクトデザイン事務所への就職がのぞめます。将来的にはクリエイティブディレクターになったり、起業・独立したりすることで、更なる活躍が目指せます。

教育目標

社会変化を先導するデザイナーを育成
環境やモノに関わる『新しいタイプのプロフェッショナルデザイナー』を目標とします。『社会の変革者』として人間中心のデザインと徹底したコンセプト構築、問題解決スキルを習得。エンドユーザーを意識した、社会変化を先導するデザイナーを育成します。

研修制度

企業が求める人材像を理解し、必要能力を習得する「企業実習」
企業実習を各年次に4週間実施します。企業が求める人材と学生の希望する就職先のマッチングを図るための学びのスタイル。与えられた職務に対する責任感を持ち、就職を現実的なものと捉え、学校の授業とリンクさせることで、相乗学習効果を目指します。(実習期間は学生と個別相談してスケジュールを決定します)

募集コース・専攻一覧

  • ディスプレイ専攻

  • インテリア専攻

  • プロダクト専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • Illustrator(R)クリエイター能力認定試験 、
    • Photoshop(R)クリエイター能力認定試験 、
    • CGクリエイター検定 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • インテリアコーディネーター 、
    • インテリアプランナー 、
    • インテリア設計士 、
    • キッチンスペシャリスト 、
    • 照明コンサルタント 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • エクステリアプランナー 、
    • 商業施設士

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    株式会社ノミック 、 株式会社乃村工藝社 、 博報堂プロダクツ株式会社 、 株式会社リミックス 、 クロネコキューブ株式会社 、 株式会社スペース 、 関西不動産販売株式会社 、 株式会社さかとういす 、 株式会社ビークス ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

※建築業界、ディスプレイ業界、インテリア業界、プロダクト業界(雑貨・家具を含む)などの分野

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒553-0003 大阪市福島区福島6-25-23
TEL:06-6452-1411 入学相談センター(2019年4月新校舎(大阪市西区江戸堀)に移転)
E-mail:info@sozosha.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市西区江戸堀1-25-15 地下鉄四ツ橋線「肥後橋」駅下車 7番出口より徒歩5分
京阪「渡辺橋」駅下車 1番出口より徒歩11分
京阪「中之島」駅下車 6番出口より徒歩8分
「大阪」駅前2番乗り場より大阪シティバス88号系統天保山(大阪府)行 10分 「土佐堀1丁目」下車 徒歩3分
「大阪」駅前3番乗り場より大阪シティバス75号系統西大橋経由なんば行 10分 「土佐堀1丁目」下車 徒歩3分

地図

 

路線案内


創造社デザイン専門学校(専修学校/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る