• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ビジネス(営業、事務、企画系)
  • 経営コンサルタント
  • 会いに行こう
経営コンサルタントに会いに行こう

経営コンサルタントに会いに行こう

身近にコンサルタントをしている人がいない場合、コンサルタントに出会う機会はなかなかありません。ただ、誰でも参加できるセミナーや講演会、交流会などで、コンサルタントが参加をする機会があるので、そういった情報のなかから、高校生が参加できるイベントを探してみるとよいでしょう。

独立コンサルタントが集まる協会のイベントがある

高校生でも、将来の仕事として経営コンサルタントやコンサルティング業務に興味をもってウォッチしていれば、どこかでコンサルタントに出会う機会があるかもしれません。身近にコンサルタントをしている人がいれば、その人に直接話を聞くのが一番ですが、そういう人が身近にいない高校生が、コンサルタントに出会う機会を見つけるのはなかなか難しいでしょう。経営コンサルタントによるセミナーや講演会などはあちこちで開催されていますが、参加費用が結構かかったり、そもそも社会人しか参加ができなかったり、高校生の立場では、イベントの情報自体を見つけるのが難しいのが事実です。
ただ、ある経営コンサルタントによると、独立した個人として専門性の高い業務を企業から請け負って仕事をするインディペンデント・コントラクター(独立請負人)という働き方をする人たちが集まる協会があり、その主催イベントに、将来独立して働きたいという思いをもった高校生が数名参加していたのだそうです。
参加したきっかけを聞くと、自分でネットの情報を調べたり、協会のメンバーである知人から紹介されたり、育成セミナーなどをおこなっている団体からの招待があったということでした。参加していたある高校生は「将来、独立して働きたいと思っているので、どんな感じなのかを見てみたかった」と話していたのだとか。ある経営コンサルタントは、そのような場に高校生が来ていることに感心したと同時に、将来の仕事や働き方に興味をもって、自分なりに情報収集をしていれば、経営コンサルタントと会って話すチャンスはいろいろなところにあるはずだと話してくれました。

新しい働き方が注目されている

さまざまな職種の人が独立して一人で仕事をしていると、横のつながりがなかなかできません。そこで、いろいろな分野の人が集い交流する場を作って、情報交換や顔合わせをおこなって人脈を作り、仕事にも生かしていこうという考えが出てきています。
米国ではすでに1,000万人近いインディペンデント・コントラクターが活躍しているといわれています。日本ではまだ一般的な働き方ではありませんが、個人事業主はこれからの新しい働き方として注目されています。企業に属することなく、また、人を雇わずに、すべて一人で事業を経営していくので、フリーエージェントといえる働き方です。インターネットが発達し、PC環境が整い、シェアオフィスなども盛んに利用される昨今では、起業する人も増えています。雇われない生き方に興味をもったり、憧れたりする人も多いようです。

取材協力

小笠原隆夫

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士 BIP株式会社 代表取締役社長 IT企業の人事部門責任者を務めた後、ユニティ・サポートを設立し、以降は同代表、人事コンサルタントとして、 中堅・中小企業を中心に、人事制度、採用活動、人材開発、人事戦略策定やCHO(最高人事責任者)業務など、人事・組織の課題解決・改善のコンサルティングを行っている。2017年よりBIP株式会社の代表取締役社長。

全国のオススメの学校

経営コンサルタントを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路