• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 自動車・航空・宇宙
  • パイロット

パイロット

航空機を目的地まで安全に操縦するスペシャリスト
職場としては、民間の定期航空会社以外にも、コミューター航空(2地点間の人員輸送を行う不定期運行会社)やヘリコプターなどで物資輸送や農薬散布などを請け負う会社、官公庁のパイロットなどがある。また、新聞社やテレビ局などをはじめ、社用機を保有している会社もある。
パイロット
事業用操縦士<国>

パイロット

遊覧や報道、農薬散布といった報酬目的で航空機を操縦するための国家資格
遊覧や報道、農薬散布といった報酬目的で航空機を操縦するための国家資格。機種により4種類に分かれており、受験には規定の飛行経験などが必要。航空大学校(卒業生は飛行機の実技試験免除)や民間フライトスクールで学ぶことができる。取得までには個人差があるが、飛行経験を含めた受験準備をするための期間として、2年以上を目安に。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
パイロットになるには

パイロットになるには

航空会社のパイロットになるための方法は大きく3つあります。1つは、JALやANAが募集する未経験者対象の自社養成パイロットに応募する方法。入社後に訓練を受けて国家資格を取得するので、出身学科は問われませんが狭き門です。2つめは航空大学校に進学して、資格取得後に応募する方法。3つめは大学・専門学校の操縦科やパイロット養成コースで訓練を積み、事業用操縦士などの国家資格を取得して、航空会社の有資格者採用に応募する方法です。

パイロットの学校の選び方

POINT
授業料が安い航空大学校を目指すなら、短大・専門学校を卒業するか、大学で2年以上学ぶことが必要です。どの学科からでも応募できますが、航空大学校進学を想定したカリキュラムを用意している専門学校もあります。また、事業用操縦士の資格が取得できる大学・専門学校の操縦科などに進学するのも一つの選択肢です。2年で資格が取れる専門学校もありますし、アメリカに留学して訓練するプログラムなどが設けられている4年制大学もあります。

パイロットの求められる人物は?適性を知る

POINT
パイロットにまず必要なのは健康な体です。パイロットになる際はもちろん、なってからも定期的な身体検査があり、基準を満たしていないとパイロットを続けることはできません。また、飛行中には悪天候などさまざまなトラブルがあり、それらにどう対処するかを瞬時に決めなければなりませんから、決断力や実行力も不可欠です。さらに、何か作業をしながらでも他のことに目配りができる力が求められます。この点はパイロットになるための適性検査でもチェックされます。

パイロットの必要な試験と資格は?

POINT
パイロットになるには国土交通大臣の技能証明を受けて、指定の資格を取得する必要があります。代表的な資格として、「事業用操縦士」「自家用操縦士」「定期運送用操縦士」の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などが定められています。エアラインパイロットになるには、「定期運送用操縦士」の資格が必要です。取得には飛行訓練が必要なため、航空大学校に入学す1のが一般的です。パイロット養成課程のある大学などに進学し、「事業用操縦士」などの免許を取得してから航空会社に就職する方法もあります。
パイロットの仕事内容

パイロットの仕事内容

飛行機を操縦して乗客や貨物を、予定通りの時刻に、安全に目的地まで送り届けるのがパイロットの仕事です。航空会社の路線には国際線と国内線がありますが、おおよその仕事の手順は共通しています。大型の旅客機には機長と副操縦士の2名が乗り込み、機長は操縦を担当、副操縦士は管制官との通信や機長の補佐を行います。管制官と連絡を取りながら、安全に航行できるよう航路を定めますが、大きな気流の乱れや落雷の危険性などで、管制官と連絡をとって進路変更をする場合もあります。着陸後は、飛行日誌を記入し、整備担当者に機体の状態を連絡します。

パイロットの気になる?年収・給料・収入

POINT
いつの時代もなりたい職業ランキング上位にノミネートされるエアラインパイロットは、狭き門だけに収入面でもあこがれを誘う職種です。厚生労働省が実施した「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、パイロットの平均年収は1531万円。前年に引き続き平均年収1位の職種となりました。全職種の平均年収441万円と比べると3倍近い年収です。ただし、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の大手2社とLCC(格安航空会社)各社では年収にかなりの差があります。

パイロットの就職先・活躍できる場所は?

POINT
代表的な就職先はANAやJALなどの航空会社で、その場合は旅客機や貨物機などの操縦を担当します。厳しい訓練や試験を経て、経験も重ねながら副操縦士、機長へとステップアップしていきます。このほか、自衛隊や海上保安庁、警察、消防などの航空機やヘリコプターの操縦士として働く道もあります。その場合の身分は公務員となります。また、物資輸送やチャーター飛行を手がける民間の運行会社などに就職して小型機やヘリコプターの操縦を担当するケースもあります。
  • 空港
  • 海外

パイロットのズバリ!将来性は?

POINT
近年、LCC(格安航空会社)が台頭してきたことや、国の政策として、成田空港や羽田空港を整備・拡張をして国際線の発着数を増やしていることもあり、パイロットのニーズは今後も増えていくと見られています。機長になれるのは40歳前後と、養成に時間がかかる専門性の高い仕事なので、体調管理と努力を怠らなければ将来的な安定性は高い職業です。ちなみに国際民間航空機関(ICAO)によると2030年には全世界で2010年の2倍超の98万人のパイロットが必要になると見込まれています。

先輩たちにも聞いてみよう

パイロットとして働く柳川 亮さん
フライトの離着陸は、最も緊張する瞬間です
東海大学 工学部 航空宇宙学科航空操縦学専攻 卒業
柳川 亮さん
パイロットとして働く西口 勝康さん
新たな目標は立派な機長になること。操縦士の職を全うするまで安全運航を堅持したい
大阪航空専門学校 パイロット学科  卒業
西口 勝康さん

パイロットのやりがいを聞いてみよう

安全に飛行することがパイロットの最大の使命です。それだけに1回1回のフライトが緊張の連続です。しかし、責任が大きいからこそ、無事にフライトを終えたときには毎回大きな達成感を味わうことができます。また、パイロットのなかでも最も責任の重い機長となるには、多くの訓練と経験を重ねることが必要です。簡単にはキャリアアップできないレベルの高い職種であり、熟練の技術を生かして働くことができるのもパイロットの仕事ならではのやりがいです。

パイロットの志望動機を教えて!

常にあこがれの職業のトップランクに位置するパイロット。子どもの頃からの夢を追い続けた人が多くいるようです。乗り物が好きだったり、空を飛ぶことにロマンを感じていたり、身近にパイロットとして活躍する人がいて興味をもった人も。また、大手航空会社のエアラインパイロットは超難関の職種で、かつ絶え間ない訓練を要する高い専門性とタフさを必要とする仕事だけに、あえて挑戦してみたい意欲が湧いたという声も聞かれます。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
事業用操縦士<国>の就職先

事業用操縦士<国>の就職先

操縦士として就職を希望する人が多いが、採用枠は狭いのが現状。
パイロットをとるには

事業用操縦士<国>をとるには

事業用操縦士<国>の受験資格

回転翼航空機の場合は、18歳以上で150時間以上の飛行経験が必要。航空従事者技能証明学科試験は東京と大阪の場合は年6回実施。詳細は各地の試験場により異なる。

事業用操縦士<国>の合格率・難易度

合格率
※非公開

資格団体

国土交通省
電話:03-5253-8111 内線50316(運航安全課 乗員資格係)
URL:http://www.mlit.go.jp/about/file000041.html
パイロットを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

東京工学院専門学校 - 体験入学 - 2017/11/05~2017/11/12 - 東京都小金井市前原町5-1-29
大阪外語専門学校 - 韓流塾・韓国語フェア【まるまる一日韓国語!】 - 2017/10/29 - 大阪府大阪市中央区大手通2-3-10
東京工学院専門学校 - オープンキャンパス - 2017/11/05~2017/11/12 - 東京都小金井市前原町5-1-29