• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都産業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際関係学部

私立大学/京都

キョウトサンギョウダイガク

国際関係学部

定員数:
200人

海外での実践学習と討論を重ね、理想の国際関係に向けて行動する人材に

学べる学問
  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    外務省や大使館、領事館で、日本の安全と繁栄を守る

    外務省(東京の霞が関にある本省と海外にある大使館など)で働く人たちが外務公務員。めまぐるしく変化する国際社会の中で、私たちが未来にわたり安全で豊かな生活が送れるように、外交政策を企画・立案する。その政策をもとに、世界中に設置された在外公館のネットワークを通じて外交の最前線で働く。

  • 外交官

    世界を舞台に国益を守り、国際社会に貢献する日本の顔

    在外の公館である大使館や総領事館でさまざまな外交事務を担当したり、現地の情報収集を担当する。諸外国と日本の関係を円滑に友好的に結ぶための政策決定などに影響を与える仕事だ。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • ツアーコンダクター

    楽しく安全な旅をナビゲートするサポート役

    ツアーコンダクターは添乗員とも呼ばれ、旅行会社のパッケージツアーなどに添乗して出発から解散までの間、旅程を見守る現場責任者です。スケジュールの管理、交通手段や宿泊先、食事などの予約確認や調整、海外であれば出入国手続きのサポートを行い、すべての参加者に楽しい思い出をもち帰ってもらえるように力を尽くします。ツアーコンダクターに必要な資格は旅行業法で定められており、国内ツアーに添乗する場合は国内旅程管理主任者、海外でも添乗業務を務めるには、総合旅程管理主任者の資格が必要です。

  • 海外現地ガイド

    海外に在住し、生活や文化に関する豊富な知識で、旅行客を観光案内する

    海外に在住して旅行客の空港への送迎や観光案内をする仕事。旅行契約内容に合わせてコースを組んだり、オプショナルツアーを紹介したりすることもある。旅行代理店との契約でツアー客を相手にするケースもあれば、個人旅行客にガイドとして雇われるケースもある。現地の歴史、文化、生活に関する詳しい知識、お客さんのさまざまな希望を受け止められる柔軟さが必要。

  • 客室乗務員(キャビンアテンダント)

    航空機内で乗客サービスを行う

    航空機内において、乗客が快適な空の旅をできるようにサービスにつとめる。緊急事態が発生した場合には、旅客の安全を確保するのも仕事。神経の行き届いたサービスはもちろん、冷静沈着な判断や適切な処置を行えることも必要で、体力的にも精神的にもかなり重労働。

  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)

    発券から手続き、搭乗案内など空港内サービス

    空港カウンターでの乗客サービスが主な仕事。旅客案内や誘導・整理など飛行機に乗るまでと、到着後はロビーに送り出すまでの業務を行う。搭乗手続きや手荷物の受付、パスポート・ビザの確認、言葉に困っている人の案内役をつとめるなど仕事内容は幅広い。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

2019年4月、国際関係学部誕生。政治・経済・共生の3コースで学び、社会科学の専門知識と英語力を兼ね備えた人材へ

キャンパスライフShot

京都産業大学 全員が1年次に3週間海外でリサーチ。国際関係の専門知識と語学力、実践力を養う
全員が1年次に3週間海外でリサーチ。国際関係の専門知識と語学力、実践力を養う
京都産業大学 2年次から選べる3つのコースで世界との関わり方を追究する
2年次から選べる3つのコースで世界との関わり方を追究する
京都産業大学 欧米、アジアなど「多様な世界」を学び、あらゆる地域で活躍できる多様な価値観と柔軟な思考力を養う
欧米、アジアなど「多様な世界」を学び、あらゆる地域で活躍できる多様な価値観と柔軟な思考力を養う

学部の特長

学ぶ内容

3コースの学び
社会科学の専門知識を深めグローバル化に対応できる能力を養成する。 [国際関係・政治コース][国際関係・経済コース][国際関係・共生コース]の3コースを設け、2年次から選択する。 各領域の専門知識を段階的かつ体系的に修得するとともに、国際関係分野の学際的な科目を学修。情報収集力やコミュニケーション能力、自分の見解を他者に発信する力を養うアクティブ・ラーニング型の授業や、実務的な英語力が総合的に身につけられる科目も充実している。

授業

参加型・双方向型授業
国際社会で自在に交流できるコミュニケーション能力を養うために、参加型・双方向型授業(アクティブ・ラーニング)を中心に展開し、少人数クラスでディスカッションやディベート、プレゼンテーションなどを実施。教室にはホワイトボードや大型モニターを設置し、学生自らが学んで答えを見出していける環境を整備する。
海外フィールド・リサーチ
1年次の必修科目。春休み3週間の海外体験は、2年次以降の学びや将来の進路について考える機会にもなっている。英語圏4か国・アジア圏3か国の大学で英語の授業と並行して行われる実習は、各国のリサーチテーマに沿った内容だ。
国際キャリア開発リサーチ
国際的な活動を行う国内外の公共機関事務所や民間企業の協力のもとでプロジェクトや問題解決型研究に取り組み、社会人に求められる自主性や問題解決能力、情報発信能力、他者との協働に必要な調整能力などの形成を図るプログラム。2年次以降、夏休みなどに約2~3週間実施するリサーチを体験(各グループに分かれて体験)することで、卒業後の進路選択に向けた基盤を形成する。

学部のプロフィール

国際関係学部の特色
昨今の国際社会には、環境問題や資源エネルギー問題、難民問題やテロなど、1国では対応できない問題が山積している。こうした国際情勢を客観的に認識し、理論的に分析することで、なすべき対応や選択について判断できる人材や、粘り強く課題に取り組み成果を獲得する、胆力ある人材の育成が強く求められている。そうした社会のニーズを受けて、2019年4月、将来の世界を背負って立つ人材を育成する「国際関係学部」を新設。

就職率・卒業後の進路 

■想定される進路
【国際関係・政治コース】国家公務員・地方公務員。国際協力・開発援助機関の職員など。
【国際関係・経済コース】グローバル企業・外資系企業、政府系経済団体や商工会議所・商工会、地域の経済団体、観光業など。
【国際関係・共生コース】公益団体や企業、教育関係機関、政府系開発協力機関、ODA関連企業、NGO・NPOなど。

問い合わせ先・所在地

〒603-8555 京都府京都市北区上賀茂本山
075-705-1437 

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市北区上賀茂本山 「国際会館」駅から京都バスで 約9分 「京都産業大学前」 下車
「北大路」駅から市バス・京都バスで 約15分 「京都産業大学前」下車
「出町柳」駅から京都バスで 約30分 「京都産業大学前」下車
「二軒茶屋」駅から無料シャトルバスで 5分

地図

 

路線案内


京都産業大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る