• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 四天王寺大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 教育学部
  • 小学校教育コース

私立大学/大阪

シテンノウジダイガク

小学校教育コース

定員数:
110人

多様なニーズに応える「いい先生」へ。小学校に加え、特別支援、中・高校(英または数)、幼稚園の教諭免許も取得可能

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    全国の国公立、私立の小学校で児童に教える先生。児童全員が一定レベルの教育を受けられるよう文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、教科の指導を行います。授業以外にも授業の準備、教材やテストづくり、採点、PTA活動、学校行事の運営など仕事内容は多岐にわたります。また、小学校の6年間は児童の人間形成に影響を与える大事な時期でもあるため、教科指導のほかにも児童の自立心・社会性を考慮しつつ、生活面での指導も行います。「児童に一番近い存在の大人」として時には児童の相談にのるなど、子どもたちに寄り添って学校生活をサポートする重要な役割を担っています。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、小学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、幼稚園教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 学校職員

    大学・短大、専門学校をはじめ、各種スクールなどで事務や経理などの実務から、学校経営・運営などを行う。

    学校もひとつの法人。どれだけの生徒を集め、いかに運営していくかは重要なポイント。生徒募集のための広報や入学、履修、就職などの各種手続き業務、教員との連絡、経理、大学で働く人の人事・労務管理など、さまざまな仕事がある。学生数が減少している現在は特に、いかに無駄のない運営をするか、学校の特色を効果的に打ち出すかなど、学校職員が重要な役割を担うようになっている。

  • 塾・予備校講師

    塾・予備校で教科の指導。わかりやすい指導が大切

    塾・予備校は工夫を凝らし、成績が確実にアップすることを求められる。そのため、塾・予備校講師にも、いかにわかりやすい授業をするか、楽しいと感じてもらえるようにするかが腕の見せ所。指導のし方や教材に工夫をしたり、話し方やコミュニケーションのとり方にも注意を払う。サービス精神旺盛であることも大事。また、塾・予備校によっては、教科の指導だけでなく、勉強のし方や進路への悩みの相談などを受けることもある。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

初年度納入金:2019年度納入金 148万5000円  (実績)

学科の特長

学ぶ内容

多様化するニーズに応える、いい先生をめざす
西日本トップクラスの実績を誇る小学校教員養成プログラムで「多様なニーズをもつ子どもに対応できる『いい先生』を育てる」ことをめざす。「いろいろな子どもを理解しケアする」「一人一人が活躍し育ち合うクラスをつくる」「子どもたちの違いをいかした学びをつくる」にはどうすべきかを考え、実践する力を身につける。
小学校に加え、特別支援、中・高校(英語または数学)、幼稚園のいずれかの教諭免許状を取得
(1)特別支援について深く学ぶ、(2)英語を通して異文化について考える、(3)数学が不得意/得意な子どもの豊かな学びをつくる、(4)幼児教育について学ぶ、に分かれて専門的に学び、「いい先生とは」を考え続ける。子どもの多様な発達に根ざして幼小中連携に対応できることをめざす。
「いい先生」とは?を問い続けることのできる先生を育てる仕組み
「学びのとらえ直し」を設定し、つまずきや疑問から専門的な学びを展開できる仕組みを展開。4年間を通じて大学の授業と教育現場での経験的な学びを統合することで、学生の強みや長所を発揮できる環境を整えている。また、多彩な進路選択の実現を可能にし、「いい先生」を模索し続ける先生を育成する。

実習

「学び続ける先生」のスタートとなる学校インターンシップ
1年次に四天王寺小学校で実地体験を行い、2年次から学校インターンシップを実施し、毎週、教育現場で丸一日を子どもたちと共に過ごす。子どもの成長する姿を縦糸に、深い子ども理解に基づいた先生方の指導や支援の実際を横糸にして、「教育」や「教員としての在り方」について経験的に学ぶ。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    毎週、学校現場を経験!自主性を育む教育を実践的に学んでいます

    10校のオープンキャンパスに参加し、私にとっては四天王寺大学が断トツによかったです。特に学生スタッフがとても親身で、そのコミュニケーション力の高さに驚きました。私も先輩たちのようになりたいと思いました。

    四天王寺大学の学生

卒業後

現役での公立小学校教員採用試験合格者数は西日本トップクラス。高い実績と確かな信頼を誇る
昭和42年の設立以来、52年にわたる教員養成の伝統があり、多くの卒業生の活躍により、各学校からも厚い信頼を得ている。現役での教員採用試験合格者数は、西日本の大学でも毎年継続してトップクラスの実績を誇る。※2018年度教員採用試験 現役合格者数84名(実数78名)※小学校70名、中学校11名、養護3名

制度

資格取得、教員採用試験への備えは万全!「教職教育推進センター」
教育委員会や各校の校長・教頭・教科指導・学校運営として活躍した専任教員が、教員採用試験に関する情報提供や相談、面接指導を実施。学力向上のための教員採用試験対策講座や、早期から現場経験を積める学校支援ボランティアの紹介、学生一人ひとりの学習状況に合わせた個別指導などが高い実績に結びついている。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 小学校教諭免許状<国> (一種 【主免許】) 、
  • 幼稚園教諭免許状<国> (一種 【副免許※】) 、
  • 中学校教諭免許状【英語】<国> (一種 【副免許※】) 、
  • 高等学校教諭免許状【英語】<国> (一種 【副免許※】) 、
  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (一種 【副免許※】) 、
  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (一種 【副免許※】) 、
  • 特別支援学校教諭免許状<国> (一種 【副免許※】) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 児童指導員任用資格

※副免許はいずれか一つを取得可能。副免許のみの取得はできません。また、他コースの免許は取得できません。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    公立幼稚園・保育所 、 公立小学校教諭(大阪府、大阪市、堺市、兵庫県 、 奈良県、和歌山県など) 、 公立中学校・高等学校教諭 、 公立学校養護教諭 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

(教育学部全体の実績)

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒583-8501大阪府羽曳野市学園前3-2-1
Tel:072-956-3183(入試・広報課直通)
nyushi@shitennoji.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府羽曳野市学園前3-2-1 「藤井寺」駅から「四天王寺大学」行バス 15分。 終点下車
「古市(大阪府)」駅から「四天王寺大学」行バス 15分。 終点下車

地図

 

路線案内


四天王寺大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路