• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東洋大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際学部

私立大学/東京・群馬・埼玉

トウヨウダイガク

国際学部

定員数:
2017年度定員数

次代の人々を導く力と、世界を見渡し「地域」を思考する力を身につけ、次世代のグローバル・リーダーへ!

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    高校の教科としてもおなじみの地理学。気候や地形のほか、動植物の分布や水の循環過程などを対象とする「自然地理」と、文化や歴史、民族、経済などを対象とする「人文地理」、地域それぞれの地理的要素を深く掘り下げていく「地誌」の3分野があります。カバーする範囲が広く、幅広い興味にこたえる学問です。地理学の醍醐味はなんといってもフィールドワークです。現地に住み込んで、その土地の自然や人の生活を体験しなければ、その関係性は見えてこないからです。海外をフィールドにする場合、時間や言葉など制約はありますが、とにかく行ってみることに重きをおくところから地理学の学習が始まるのです。

  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

  • 青年海外協力隊員

    開発途上国に赴いて現地の開発事業に協力する日本人ボランティア

    アジア、アフリカなどの開発途上国に派遣され、現地でコミュニティー開発、防災・災害対策、上下水道の整備、森林保全、スポーツ指導などさまざまな事業に協力するボランティア。独立行政法人 国際協力機構(JICA)が募集しており、対象は20~39歳の日本人。派遣される期間は原則として2年間。往復旅費、現地生活費、住居費などは支給されるが報酬はない。募集職種によっては、大卒以上の学歴や実務経験、該当分野の専門知識・技術が問われる。青年海外協力隊への参加を足掛かりに、NGOや国際機関での国際協力活動に進む人も多い。

  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)

    発券から手続き、搭乗案内など空港内サービス

    空港カウンターでの乗客サービスが主な仕事。旅客案内や誘導・整理など飛行機に乗るまでと、到着後はロビーに送り出すまでの業務を行う。搭乗手続きや手荷物の受付、パスポート・ビザの確認、言葉に困っている人の案内役をつとめるなど仕事内容は幅広い。

  • 空港業務スタッフ(グランドハンドリング)

    空港内で航空機の到着・出発に伴う、航空機誘導・貨物搭載・給油などの作業を行う

    ボーディングブリッジの接続、航空貨物や旅客手荷物・機内食の運搬、給油、機体の牽引・誘導など、航空機の到着出発に伴うさまざまな空港内業務を総称してこう呼ぶ。マーシャラーもこの中の一職種。それぞれの業務に応じて「大型特殊自動車免許」「危険物取扱者」などさまざまな資格が必要になる。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

グローバル・イノベーション学科

国際地域学科

国際地域専攻

地域総合専攻(イブニングコース)

キャンパスライフShot

東洋大学 グローバル・イノベーション学科では原則全ての科目を英語で実施。グローバル人財として必要な思考力・リーダーシップを養成。
グローバル・イノベーション学科では原則全ての科目を英語で実施。グローバル人財として必要な思考力・リーダーシップを養成。
東洋大学 国際地域学科の海外調査(アフリカ)の様子。教室を飛び出し「現場」での体験を積み、知識の応用力と実践力を磨きます。
国際地域学科の海外調査(アフリカ)の様子。教室を飛び出し「現場」での体験を積み、知識の応用力と実践力を磨きます。
東洋大学 本学部の前身「国際地域学部」で実施した学部海外研修(タイ)の様子。毎年、海外未経験者含め多くの学生が参加しています。
本学部の前身「国際地域学部」で実施した学部海外研修(タイ)の様子。毎年、海外未経験者含め多くの学生が参加しています。

学部の特長

学ぶ内容

グローバル・イノベーション学科3つの専門領域
グローバル・イノベーション学科には3つの専門領域を用意しています。
【グローバル・システム領域】
「グローバリゼーションと日本」などをテーマに、グローバル化のしくみを理解するとともに、それにともなう社会の変化や影響について学ぶ。
【国際ビジネス領域】
複数の国や地域にまたがって展開するビジネスのしくみや特徴、国際的なビジネスにおける企業・起業家のあり方などについて学ぶ。
【国際コラボレーション領域】多文化の共生と国際的な組織、国際貢献、「教育」にフォーカスした国際比較など、国や地域をまたいだ協力・連携に関する知識を学ぶ。
国際地域学科4つの専門領域
国際地域学科では、選択したプログラムに基づいて、4領域の専門科目を体系的に学びます。【国際関係・開発政策領域】【地域研究・比較文化領域】【コミュニティ・地域政策領域】【環境・情報・インフラ領域】があります。

授業

海外長期留学の必須化
グローバル・イノベーション学科の日本人学生には、海外への長期留学(1年間)が必須となります。留学先はカナダ・フランス・スペイン・フィンランド等の大学を構想中です。
クォーター制
国際学部では、1年間を4期間に分けるクォーター制を導入します。これにより幅広い分野の科目を集中的に学べるようになり、調査型研修や長期インターンシップ、留学等の充実した海外体験を活用して実践で学び、「現場」で活躍できる実践力を養います。

学部のプロフィール

グローバル・イノベーション学科
高度な語学力とコミュニケーション能力、そして経済学、経営学、政治学、国際関係学、情報学などを「基礎力」として修得。これら基礎力を築いた上で、協調性の高いリーダーシップ能力やグローバルなネットワークを構築できる能力の獲得をめざします。
国際地域学科
世界の国々や地域、そしてコミュニティにおける様々な課題・問題を、グローバルな視点と思考から捉える力を習得。解決に向けた実践的な行動力と高いコミュニケーション能力で、地域の人びとと協力し、発展に貢献する人財となることをめざします。

入試・出願

就職率・卒業後の進路 

■想定される進路
グローバル企業や国際機関、国際政治・外交、国際的な活動を展開するNPO・NGOなど、グローバルな舞台での活躍が想定されます。

問い合わせ先・所在地

〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
03-3945-7272

所在地 アクセス 地図・路線案内
白山キャンパス : 東京都文京区白山5-28-20 都営地下鉄三田線「白山」駅から徒歩 5分
東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


東洋大学(私立大学/東京・群馬・埼玉)