• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪調理製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 製菓衛生師科(1年制)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウ

製菓衛生師科(1年制)

定員数:
160人

全国トップレベルの実習量で、技術を磨き五感を鍛える。パティシエとしての視野を広げて、新世代のパティシエをめざす

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • 和菓子職人

    和菓子作りの達人。繊細な和の世界観・季節感を菓子に表現

    和菓子職人は和菓子を専門に手がける菓子職人です。和菓子は歴史ある日本の伝統的なお菓子であり、和菓子職人はわび・さび、季節感など、“日本ならでは”を表現することを大切にしています。蒸す・焼く・練るといった技法をベースに、自然の美しさや芸術性を自らの感性で感じ取り、小さな菓子に表現します。資格や免許が必要な職種ではありませんが、一人前になるまで時間と努力を要します。和菓子職人になるには製菓専門学校で和菓子独特の技術を学び、和菓子店や和菓子メーカーに就職するのが一般的ですが、和菓子屋の門を叩き、弟子として下積みから和菓子職人を目指している人もいます。世界中で和食ブームの今、和菓子への注目も高まっており、和菓子職人が世界で活躍することも夢ではありません。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • ショコラティエ

    チョコレートを専門に扱う洋菓子職人

    ショコラティエ(Chocolatier:フランス語)とは、チョコレートを使ったデザートやケーキを作る洋菓子職人のことです。チョコレートは品質管理や加工が難しい食材です。そのため、ショコラティエには、チョコレートをやわらかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといった加工技術に加えて、製菓に必要な素材に関する知識が必要とされます。また、創作したチョコレート菓子などを商品として売り出すときは、見た目の美しさも重要になるため、優れたデザインセンスも欠かせません。一人前のショコラティエになるには、洋菓子店やレストランなどに勤務しながら知識や技術を磨き、やがてチョコレート部門の仕事を任されるようになるのが一般的です。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金(参考) 181万円  (〈プラスアップシステム利用で176万円〉※諸経費[教材費、包丁セット等]が別途必要。)
年限:1年制

学科の特長

学ぶ内容

毎日実習だから、誰よりも【多くの製菓】を体感し成長できる!
毎日実習を行い、堂々全国トップレベルの実習量を誇る!!前半は生地作りやクリームの絞り方、素材の組み合わせなど、段階的に基礎技術を習得。後半からはカフェやショップトレーニングで「お客様を満足させるものを作る」という環境の中で実践を積みます。1年間でパティシエとしての基礎技術と専門知識を体得できます。
アーティスティックな製菓の世界。回数を重ねることで個性と感性を磨きます
お菓子を表現するのは【味】だけではなく、人々を感動させる【演出力】が必要。その感性を磨くためのクリエイティブな授業を組み込んでいます。アメ細工、シュガーアート、チョコレート細工、マジパン細工、また四季折々の和菓子を手掛けたり、スイーツをデザインしたり。オリジナリティーあふれるパティシエを目指します。

カリキュラム

全ジャンルを1年通して学ぶ。さらに後期からは将来進みたいジャンルを学ぶ専攻実習が加わる
1年間を通し、洋菓子・製パン・和菓子とトータル的に学びます。後期からはパティシエ、ブーランジェ、ブライダルパティシエから一つの分野を選び、じっくり取り組む専攻実習が加わります。自分の就職先とリンクしたジャンルの技術・知識の幅を広げ即戦力として活躍できる力を養います。

先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    技術だけでなく『凛とした元気さ』を持って、長く活躍できる人材に。自発的な姿勢を引き出す授業

    プロとしてのお菓子づくりにはチームワークが欠かせない。平井先生の授業では学生同士で考えながら話し合い、進めていくことを大切にしている。ただ教えられた通りにするだけではなく、自ら考え、失敗するプロセスを重要視しているのだ。「うまくいかない時や叱られた時に、落ち込んでしまっては前に進…

    大阪調理製菓専門学校の先生

実習

1日で300名の「おいしい笑顔」に出会える実演ショップトレーニング
一般のお客様に向けた期間限定のケーキ&ベーカリーショップをオープン。オリジナル商品の開発から製造、接客販売までを学生主体で行います。完成度の高いお菓子やパンを作ることはもちろん、一日300人のお客様をお迎えし、ご対応するためにスピード・段取り・チームワークを意識したショップ運営を実践します。
お値段はお客さまの満足度で決定!「おいしい評価」がダイレクトに伝わるカフェトレーニング
キャンパス内にある360度のオープンキッチンで、注文を受けてからスイーツを仕上げます。メニューの値段はお客様自身の満足度で決めて頂くので評価がダイレクトに伝わります。学内の実習だけでは学べない、プロとして最も大切な「お客様満足度」を意識しながら取り組むトレーニングです。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    人と同じはイヤ。得意のムース系に特化したケーキ屋さんを持ちたい!

    中学からよく料理を手伝っていました。最初は油を引くことさえ知らなくて…。でも物作りが好きな僕はどんどん料理に興味がわき、進路活動でDAICHOのオープンキャンパスに参加。2年制で調理と製菓、カフェまで広く専門的に学べる点に魅力を感じて決めました。

    大阪調理製菓専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    結婚式という特別な記念日だから、一皿一皿の完成度には徹底的にこだわります!

    ウエディング専門施設「アートグレイス ウエディングコースト」で働き始めて5年が経ちました。現在、コース料理の最後にお出しする皿盛りのデザートや、ウエディングケーキ作りなどを担当しています。この両方を作れることはウエディングパティシエの魅力だと思いますし、大きなやりがいを感じる毎日…

    大阪調理製菓専門学校の卒業生
  • point 先輩の仕事紹介

    私の特技を活かして作ったケーキで、お客様をパッと明るい笑顔にしたい!

    幸福を呼ぶ黒猫が目印の手作り焼き菓子・ケーキのお店「シャ・ノワール」でパティシエとして働いています。今は生クリームを使ったデコレーションケーキの仕上げを手掛けることが多いですね。得意なのはチョコペンを使ってキャラクターなどの絵を描くこと。お客様に喜ばれるのはもちろん上司や先輩にも…

    大阪調理製菓専門学校の卒業生

制度

在学中に調理+製菓 2つの資格取得を目指せるWライセンスシステム
調理+製菓の知識を持っていれば活躍の幅は無限に広がります。DAICHOでは、調理と製菓両方の国家資格を取得出来るWライセンスシステムを用意。また、カフェに特化した調理と製菓を学ぶカフェWライセンスシステムも設置。集大成として研修費全額補助で海外研修に参加出来るのも魅力。

募集コース・専攻一覧

  • パティシエ専攻

  • ブーランジェ専攻

  • ブライダルパティシエ専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

食育指導士

受験資格が得られる資格

  • 製菓衛生師<国>

目標とする資格

    • フードコーディネーター

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ホテル大阪ベイタワー 、 (株)ポアール 、 洋菓子のサフラン 、 パティスリー・フロンティア 、 シャ・ノワール 、 クラブハリエ 、 (株)ベストプランニング 、 (株)バルニバービ 、 Mamezo&Cafe 、 (株)カフェ ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒595-0021 大阪府泉大津市東豊中町3-1-15
TEL:0120-235-233(入学総合案内)
Mail:info@daicho.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪調理製菓専門学校 : 大阪府泉大津市東豊中町3-1-15 JR阪和線「和泉府中」駅から徒歩 3分
南海本線「泉大津」駅からバス 7分

地図

 

路線案内