• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本外国語専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 英語本科

日本外国語専門学校 英語本科

定員数:
3470人 (総定員)

日本にいながら、欧米式の授業を受ける。高度な英語力と国際教養&思考力を磨きグローバルリーダーへ。

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    地理学には、気候や地形のほか、動植物の分布や水の循環過程などを対象とする「自然地理」と、文化や歴史、民族、経済などを対象とする「人文地理」、地域それぞれの地理的要素を深く掘り下げていく「地誌」の3分野があります。カバーする範囲が広く、幅広い興味にこたえる学問です。

  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(英語以外外国語)

    アジア、ヨーロッパなどの各国の言語と文化・歴史などを学ぶ

    中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などの外国語を使う力を養う。それぞれの言語を使う国々の文化、社会、政治、歴史などについても学び、外国への理解を深める。

目指せる仕事
  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外務公務員

    外務省や大使館、領事館で、日本の安全と繁栄を守る

    外務省(東京の霞が関にある本省と海外にある大使館など)で働く人たちが外務公務員。めまぐるしく変化する国際社会の中で、私たちが未来にわたり安全で豊かな生活が送れるように、外交政策を企画・立案する。その政策をもとに、世界中に設置された在外公館のネットワークを通じて外交の最前線で働く。

  • 大使館スタッフ

    在日大使館で働く国際交流の窓口役

    諸外国が日本に置く大使館や領事館などで仕事をする。事務処理などが主な仕事になるが、海外から派遣されてきている外交官に対して日本のことを伝え、理解を深めてもらう役割も担う。所属する大使館の国の言葉は必須。日本の文化や歴史、政治・経済などについても熟知していることが大切だ。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 通訳ガイド

    外国人旅行者を案内するのが仕事

    日本を訪れる外国人旅行者を案内する。空港までの出迎え、ホテルへの誘導から、観光案内など、旅行者が快適に日本滞在できるようにするため、さまざまな仕事をこなす。語学力のほか、日本文化に関する知識、また、好感を持たれる人柄なども大切。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ

    翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。翻訳者とも呼ばれます。翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

  • 留学コーディネーター

    留学を考えている人に、本人の希望に合った留学プランを提案し、サポートする

    留学を希望する高校生・大学生・社会人に対して、その人の目標に合わせた留学プランを提案する専門家。留学先の学校選びに関するアドバイス、入学手続きのサポート、航空券や滞在先の手配、海外の学校のシステム・教育内容や現地での生活に関する情報提供なども行う。一人ひとり留学の目的は異なるので、相手の話をしっかりと聞いて適切なアドバイスをすることが大切。自分自身の留学経験、現地とやりとりするための語学力などが求められる。

  • 海外現地ガイド

    海外に在住し、生活や文化に関する豊富な知識で、旅行客を観光案内する

    海外に在住して旅行客の空港への送迎や観光案内をする仕事。旅行契約内容に合わせてコースを組んだり、オプショナルツアーを紹介したりすることもある。旅行代理店との契約でツアー客を相手にするケースもあれば、個人旅行客にガイドとして雇われるケースもある。現地の歴史、文化、生活に関する詳しい知識、お客さんのさまざまな希望を受け止められる柔軟さが必要。

初年度納入金:2022年度納入金 145万円  (教材費、学科研修費等の特別行事費別)
年限:2年制

日本外国語専門学校 英語本科の学科の特長

英語本科の学ぶ内容

高度な英語運用能力と幅広い知識・教養、思考力、問題解決力を持もつグローバル人材を育成
入学時点で一定レベルの英語力と高い学習意欲を持つ人が対象のコース。TOEIC(R)テスト800点以上、英検準1級または1級取得を目指します。思考力、自己発信力を養う欧米大学型授業で、国際教養科目などカリキュラムの8割は英語で行い、高い英語力はもちろん国際社会で通用する教養力、論理的思考力を身につけます。

英語本科の授業

英語で行われる欧米大学型授業で、思考力、問題解決力、自己発信力、英語運用能力を養成
時事問題について自分の意見を英語で論理的に述べたり、ディベートを行う「Critical Discussion」や「Debating Skills」、英字新聞などを教材に英語で様々な分野の知識をインプットし、自分の考えをエッセイで表現する授業などで、思考力、問題解決力、自己発信力、英語運用能力を養成。
環境学や心理学など教養科目も英語で学び、国際社会で通用する教養力を修得
海外大学のテキストを使用して、「Environmental Studies(環境学)」「Psychology(心理学)」「Sociology(社会学)」「English Literature(英文学)」など教養科目を英語で学び、国際社会で通用する教養力を身につけます。

英語本科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    お客様は国内外。バイリンガルITエンジニアは、今後ますます求められます

    大手通信事業者のネットワークオペレーションセンターで、ネットワーク障害へのサポートを担当しています。顧客対応を行うだけでなく、シニアオペレーターとして後輩の指導も行っています。この仕事のやりがいは、お客様の「困りごと」を解決するお手伝いができること。お客様とは電話でやりとりするこ…

    日本外国語専門学校の卒業生
  • point 先輩の仕事紹介

    国家公務員として国際業務に携わるやりがいある仕事。いずれは海外勤務を経験したい!

    経済産業省で、出張の手続き、会場の手配、各国の日程調整、資料作成などを行っています。入省半年で担当した会議は8つほど。初年度から国際業務を任せていただき、とてもやりがいを感じています。現在は、鉄鋼分野に係る通商問題対応、他国との国際会議の準備などに携わっているのですが、機密事項を…

    日本外国語専門学校の卒業生

英語本科の卒業後

卒業後は、国際企業への就職や海外大学等へ
卒業後の進路としては、●英語力を活かし国内外の国際企業に就職、●海外のトップレベルの大学等へ留学する…などが考えられ、ここで身につけた英語のコミュニケーション力や思考力、自己発信能力を活かせる舞台は、国境を越えて大きく広がっています。

英語本科の資格

資格対策も万全で、TOEIC(R)テストスコア800点以上、英検準1級・1級を目指す!
「TOEIC演習」「英検1級対策」では、TOEIC(R)テストスコア800点以上取得、英検準1級・1級合格を目指し、文法、語彙力、リスニング力を徹底的に強化します。また、「TOEIC SW Test Practice」を通して、国際ビジネスで必要な電話・メール対応、交渉術を身につけます。

日本外国語専門学校 英語本科のオープンキャンパスに行こう

英語本科のOCストーリーズ

日本外国語専門学校 英語本科の募集コース・専攻一覧

  • 上級英語専攻

日本外国語専門学校 英語本科の学べる学問

日本外国語専門学校 英語本科の目指せる仕事

日本外国語専門学校 英語本科の資格 

英語本科の目標とする資格

    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST (B~Aレベル)

    ほか

日本外国語専門学校 英語本科の就職率・卒業後の進路 

英語本科の主な就職先/内定先

    デサント・ジャパン、ドームユナイテッド(アンダーアーマー)、日軽金アクト、内外日東、りそな銀行、米国三越、JTBグループ、H.I.S、ディズニーインターナショナルプログラム、JR東日本 ほか

※ 2020年3月卒業生実績

就職の他、国内大学編入、海外大学進学の進路もあります。

日本外国語専門学校 英語本科の入試・出願

日本外国語専門学校 英語本科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒161-0033 東京都新宿区下落合1-5-16
TEL03-3365-6141

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区下落合1-5-16 「高田馬場」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT