• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 大工
  • 気になる?年収・給料・収入
大工の気になる?年収・給料・収入

大工の気になる?年収・給料・収入

大工の年収は、厚生労働省が2015年に発表した「賃金構造基本統計調査」に掲載されています。10人以上の社員が在籍する会社における大工の平均年収は457万円、10~99人の会社では456.3万円、そして100~999人の会社では480.7万円となっています。ちなみに平均年収は、毎月支給される給与にボーナスなどを加えた額です。独立開業した大工職人の年収は、公的機関などによる調査が行われていないためデータがありません。

大工の給料

平成27年(2015年)「賃金構造基本統計調査」に掲載された大工の年収を、もう少し細かく見てみましょう。

○事業規模が社員10人以上の場合
・平均年齢 45.8歳
・労働時間 184時間/月
・超過労働時間 5時間/月
・給料 33万8500円/月
・賞与など 50万8600円/年
・平均年収 457万600円

○事業規模が10~99人の場合
・平均年齢 45.8歳
・労働時間 184時間/月
・超過労働時間 5時間/月
・給料 33万8400円/月
・賞与など 50万2100円/年
・平均年収 456万2900万円

○事業規模が100~999人の場合
・平均年齢 36.9歳
・労働時間 176時間/月
・超過労働時間 29時間/月
・給料 34万1400円/月
・賞与など 71万600万円/年
・平均年収 480万7400円

高収入を得るために

平成27年(2015年)「賃金構造基本統計調査」には、大工の年齢別年収も掲載されています。事業規模が社員10人以上の場合の年齢別年収(男性のみ)は以下のようになります。

・~19歳  216万8100円
・20~24歳 285万8300円
・25~29歳 376万2200円
・30~34歳 410万8200円
・35~39歳 530万9600円
・40~44歳 551万3400円
・45~49歳 578万7400円
・50~54歳 470万7100円
・55~59歳 401万6600円

修業期間中の年収は200万円台ですが、その期間を過ぎると300万~400万円台に突入し、職人として円熟する40歳台に年収のピークを迎えます。修業中の年収は低く、力仕事も多くて大変ですが、この期間に高度な技術と知識を身につけると、その努力に見合った年収を確保できます。さらなる高収入を得たい場合は、独立開業するという方法があります。大工としての技術や知識に加えてコミュニケーション能力なども必要になりますが、多くの顧客を安定して獲得できれば、工務店勤めの大工よりも稼げる可能性が十分あります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

大工を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路