• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 大工
  • 歴史を知ろう
大工の歴史を知ろう

大工の歴史を知ろう

全国のオススメの学校

大工の歴史といえば、大工道具の「差し金」を考案したといわれている聖徳太子の時代にさかのぼります。この時代、土に関わる職人を「左官」というのに対して、木に関わる大工を「右官」としていたという説もあるくらい大工は古くから人々に認められる仕事だったようです。

江戸時代の花形職人といわれた大工

江戸時代、大工をはじめとする職人の仕事の種類は140種類もあったといいます。とりわけ、大工、左官、鳶は花形職人としてもてはやされていたといいます。左官は壁などを塗る職人、鳶は建設現場の高いところで作業をする職人を指します。今の時代にあっても、そのどれも建築現場では欠かせない仕事です。

職人となるための厳しい修行

花形職人の大工ではありますが、職人になるための下積み生活は精神的にも、肉体的にたいへんな苦労を強いられていたようです。大工になるには、今でいえば小学校を卒業する年齢の12歳で弟子入りし、朝は親方の家の掃除から始まり、飯炊き、風呂焚きと夜遅くまで雑用に追われる生活だったといいます。こうした下働きを1、2年経た後、やっと現場に出してもらえるようになるものの、大工仕事はさせてもらえず、道具の名前を教わるところから始まったそうです。それだけに20歳過ぎても半人前。それでも辛抱して一人前の大工を目指したというのですから気の遠い話です。

一人前になると大出世

10数年かけて一人前の大工になると、江戸時代の大工の給料は一般の職業の2倍はあったといいます。しかも実働は4、5時間だったといいますから、かなりはぶりがよかったのでしょう。さらに、この時代、江戸は火事が多く、大工は大忙しだったといいますから、不幸中の幸いとばかりに引っ張りだこの職業だったといえます。

歴史のなかで有名な大工といえば?

歴史上、最も名の知れた大工といえば日光東照宮でお馴染みの「左甚五郎」でしょう。「眠り猫」みたさに全国各地からはもとより世界から観光客が押し寄せているのですからやはり腕は一級品といえるでしょう。

大工を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路