• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 小学校教諭

小学校教諭

全教科オールラウンドに教える小学校の先生
公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。
小学校教諭
小学校教諭免許状<国>

小学校教諭

教育現場に身を置き、子どもたちの成長を手助けする
国公立、私立の小学校で教諭として働くために必要となる免許状。取得するには、大学などで所定の単位と学位を取得したうえで、各都道府県の教育委員会へ申請するのが普通。免許取得後、実際に小学校で働くためには、各教育委員会や私立小学校の採用試験を受ける必要がある。担任を受け持つクラスを中心にした教科指導や生活指導など、成長期児童の教育全般に携わる仕事だけに、やりがいとともに責任は重い。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
小学校教諭になるには

小学校教諭になるには

小学校教諭免許は、短大の子ども学科などを卒業すれば二種免許、大学の教育学部などを卒業すれば一種免許、大学の教育学研究科、教職大学院などを修了すれば専修免許が取得できる。どの免許でも就職は可能。一種免許で就職した後、働きながら、または休職して大学院で専修免許取得を目指す場合もある。公立校で働く場合には卒業年に自治体ごとに行う教員採用試験を受験し、合格すれば小学校教諭として採用される。配属される学校は自治体の教育委員会で決定される。

小学校教諭の学校の選び方

POINT
一種免許を目指すなら大学、二種免許を目指すなら短大が選択肢になる。一種と二種は基本的に仕事内容や給与に違いはないとされているが、二種取得者は教員になった後、大学で単位を取得して一種を取得することが努力義務とされている。小学校教諭は指導教科も多く、4年間学ぶ意味も大きいこともあり、一種を目指して大学に進む人が多い。大学選びの際には、心理学系の科目が充実している、国際教育に強いなどカリキュラムの特色をチェックしよう。

小学校教諭の求められる人物は?適性を知る

POINT
小学校教諭として働くには、小学校教諭免許(一種または二種)の取得が必須。子どもが好きなこと、人にものを教えるのが好きなことももちろん必須条件だ。また、小学校の先生は全教科を担当するため、さまざまな分野について好奇心をもって調べたり、社会の動きに関心をもったりすることも大切な素養の一つ。一人ひとりの児童の様子を毎日愛情深く見守り、微妙な変化を察知する力、児童を引きつけるコミュニケーション能力なども求められる。
小学校教諭の仕事内容

小学校教諭の仕事内容

小学校教諭の気になる?年収・給料・収入

POINT
平均給与40万5388円/月 ※公立小・中学校教育職のデータ ■総務省「平成24年地方公務員給与実態調査」

小学校教諭の就職先・活躍できる場所は?

POINT
就職先は国公立・私立の小学校。最も多いのは公立の小学校だ。教員の場合は資格をもつ専門職ということもあり、1年目から担任を受けもつなど、経験にかかわらず責任ある仕事をまかされるのが特色。教職員の間で連携は取りつつも、自分なりのやり方を工夫できる余地が大きい仕事だ。なお、授業はもちろん、教材の準備、保護者への対応、児童間のトラブルの解決、クラブ活動の指導など、やるべき仕事は非常に多い。数年ごとに同じ都道府県内のほかの小学校への異動もある。
  • 学校

小学校教諭のズバリ!将来性は?

POINT
少子化が進んでいるが、現場の人員不足もあり、今のところ小学校教員の採用は活発。今後はしだいにニーズも落ち着いていくとみられているが、将来も確実に必要とされる仕事であることに変わりはない。なお、日本は欧米諸国と比べて修士を修了している先生が少なく、今後はより高い専門性をもった小学校教諭が必要という議論もされている。動向に注目しておこう。

先輩たちにも聞いてみよう

小学校教諭として働く川上 竜平さん
学校は“楽しいところ”だと伝えたい。分かる喜び、できる楽しさを味わってほしい
吉備国際大学 心理学部 子ども発達教育学科 卒業
川上 竜平さん
小学校教諭として働く芦田 朋さん
子どもの良いところを、いっぱい見つけてあげられる先生になりたいんです。
皇學館大学 教育学部 教育学科学校教育コース 卒業
芦田 朋さん
小学校教諭として働く前川 隼人さん
授業に学級運営に充実した毎日。子どもたちの成長と笑顔が大きなやりがいに!
京都橘大学 発達教育学部 児童教育学科 卒業
前川 隼人さん

小学校教諭のやりがいを聞いてみよう

子どもが心も体も大きく変化する時期に、成長に立ち会うことができるのが小学校教諭にとっての大きなやりがい。小学校教諭は全教科を担当するのが一般的なので、担任するクラスの児童と常に触れ合うことができるのも魅力だ。また、公立小学校の場合、児童の学力は千差万別。勉強がわからなくて苦労している児童が自分の指導によって理解が進んだり、勉強する楽しさに目覚めたりすることも先生だからこそ味わえる醍醐味だ。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
小学校教諭免許状<国>の就職先

小学校教諭免許状<国>の就職先

全国の小学校
小学校教諭をとるには

小学校教諭免許状<国>をとるには

小学校教諭免許状<国>の受験資格

小学校教諭の養成は通常、4年制大学、短期大学や専門学校、大学院などで行われ、「教科に関する科目」および「教職に関する科目」を所定の単位修得することで、それぞれ一種免許状、二種免許状、専修免許状が授与される。

小学校教諭免許状<国>の合格率・難易度

合格率

資格団体

文部科学省 初等中等教育局 教職員課 教員免許企画室免許係
電話:03-5253-4111(内線2453)
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/main13_a2.htm
小学校教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

北陸福祉保育専門学院 - 2017学校見学会!【大学提携こども未来学科】 - 2017/11/04~2017/11/18 - 新潟県長岡市福住1-5-25
広島福祉専門学校 - アナタの愛情と技術が介護の原動力 - 2017/11/12 - 広島県安芸郡海田町大正町2-27
広島福祉専門学校 - ヒトとつながる。アナタがつなげる。 - 2017/11/12 - 広島県安芸郡海田町大正町2-27