• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 法政大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会学部

私立大学/東京

ホウセイダイガク

社会学部

さまざまな社会現象を洞察し、問題を発見・分析・解決できる力を身に付けた人材になる

学べる学問
  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 国連スタッフ

    国際平和と安全維持のために活動する

    国際機関は、多数の国家が共通の目的を実現するために設立された組織で、その中心となるのが世界193ヵ国(平成26年〈2014年〉1月末現在)が加盟する国際連合(UN)です。国連は、6つの主要機関から成る国連(UN)と下部機関(国連児童基金(UNICEF)や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)など)に分かれており、さらに専門的あるいは国際的な課題に取り組む多くの機関があります。国連スタッフとは、国連・国連機関(下部機関、専門機関)に勤務し、ニューヨークやジュネーヴなどにある本部や、フィールドと呼ばれる世界各地の事務所で活躍する人々のことです。国連・国連機関の職員は全世界に約8万3000人(国連職員だけに限ると、約4万4000人)で、平和と安全、経済社会開発、人権、人道、国際法などの分野で働いています。国連スタッフの職種には大きく分けて専門職と一般職がありますが、一般職職員の採用基準や待遇は雇用する国連機関によって異なるため、ここでは取り扱いません。

  • アナウンサー

    ニュースやスポーツ実況などを、正しい発声法と美しい言葉で伝える

    ニュース原稿を読むことから、番組のナレーターや司会、スポーツなどの実況中継まで仕事の領域は広い。TV・ラジオ局に勤務する局アナと、プロダクションに所属またはフリーのタイプある。

  • 放送記者

    ニュースの“現場”で取材、時には報道も担当

    ニュースの“現場”で事件や事故を取材する。普通、政治、経済、社会、国際など専門分野に分かれる。ニュース原稿を書くだけでなく、時には自分で出演して報道を行う。政治家への密着取材で、わずかな変化や情報を敏感にキャッチしたり、事件現場で聞き込みに走り回ることも多い。

  • 図書館司書

    「本」と「利用者」の出会いを作る、図書整理&図書紹介のプロフェッショナル

    都道府県や市町村の公共図書館、私立図書館、大学図書館、学校図書館、国立国会図書館、専門図書館に勤務し、本や資料の収集・分類整理・管理、蔵書の貸出、情報提供(レファレンス)、広報などに従事する専門職員を「図書館司書」(=司書)と呼びます。正規職員の場合は「司書」の国家資格をもって働く人がほとんどです。「司書」の資格を取得するためには、「大学・短大で司書養成科目を履修して卒業する」「大学などが開講する司書講習を受講する」などの方法があります。また、学校図書館で子どもに読書指導を行う司書(司書教諭)として働くためには、「司書教諭」の免許が必要になります。「司書教諭」の免許を取得するためには、教員免許が取得でき、かつ司書教諭講習科目が受講できる大学や短大を目指すことになります。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 社会教育主事

    教育委員会に籍をおき、公民館や博物館、図書館など社会教育を行う機関への助言や指導を行う。

    「生涯学習」という言葉が日常的に使われるようになってきた。公民館などで、パソコン、英会話などさまざまな講習会や勉強会が開かれている。また、博物館や図書館などでも、それぞれに工夫を凝らした学習プログラムを提供し、地域に広く開放している。各都道府県や市区町村の教育委員会に籍を置き、これらの生涯学習のプログラムやさまざまな社会教育に対して専門的な知識をもとに指導・助言を行うのが社会教育主事。社会教育主事になるための講習を受け認定を受ける必要がある。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

総合的な視野と市民の視点で政策を構想し、提案できる人材を育成

社会学の主要理論をベースに、現代社会の実態を多角的に捉える知識と方法論を修得

メディア環境の変化に広い視野で即応できる多角的思考と先見性を持った人材を育成

キャンパスライフShot

法政大学 外国語教育も重視しています。学部独自の留学(SA)プログラムを実施。留学先はアメリカ、カナダ、中国
外国語教育も重視しています。学部独自の留学(SA)プログラムを実施。留学先はアメリカ、カナダ、中国
法政大学 さまざまな広さの教室やゼミ室、多目的スタジオなどが配置されている社会学部棟
さまざまな広さの教室やゼミ室、多目的スタジオなどが配置されている社会学部棟
法政大学 ゼミ同士の交流を深めることと、1年生へのゼミ選択の情報提供が目的の研究発表会
ゼミ同士の交流を深めることと、1年生へのゼミ選択の情報提供が目的の研究発表会

学部の特長

学ぶ内容

社会政策科学科
社会諸科学を応用してさまざまな社会問題を分析し、解決のための政策づくりを市民の視点で担える人材の育成を目指します。本学科では、理論系と実習系の科目を組み合わせることにより、行政、企業、NGO、シンクタンクなどのいずれの分野でも政策提言ができる能力を身に付けます。
社会学科
社会学の主要理論を基に、人間・文化・社会のさまざまな現象を解明し、変動する社会状況に対する洞察力と対応能力を持つ人材の育成が目標。同時に、「社会調査実習」などのフィールド学習で主体的に社会の実態を捉えるための方法を修得し、分析能力を磨きます。
メディア社会学科
メディア論と社会科学の知識を基に、現代の情報社会に即応できる能力と先見性をもった、マスコミ、メディア関連に強い人材を育てます。「映像制作実習」や「メディア分析実習」では、コンテンツ制作や分析を実体験。メディアによる情報発信能力を養成します。

授業

学科ごとのコース制
社会学部は、平成30年度から新しいカリキュラムに変わります。3つの学科それぞれの専門領域を基礎から学び、コースで自らの関心を追究しながら、人間・社会、地域・コミュニティ、環境、企業、文化、グローバル社会、メディアなどの対象領域で知識を応用する力を身に付けます。
語学教育
英語、ドイツ語、フランス語、中国語は中・上級科目まで設置され、実践的なコミュニケーション能力を高めることが可能。また、学部独自の留学(スタディ・アブロード)プログラムが充実し、アメリカ・カナダ・中国への留学が可能。旅費総額の30%程度を支給する社会学部SA奨学金制度もあります。
フィールド教育力
本学部では、実習でのフィールド学習を重視。その理由は、社会科学の調査や研究には、社会の現場を体験することが必要であることと、これまでのカリキュラム運営の中で、「問題意識を触発する」「コミュニケーション能力を豊かにする」などのフィールドの教育力の豊かさが実感されているからです。また、学部専用棟の中で全学年に多数のゼミが開講。ゼミ同士の交流も活発で社会学部のアカデミック・コミュニティのコアとなっています。

資格

取得できる資格
中学校〔社会〕・高等学校〔地理歴史・公民・* 情報〕教諭一種免許状<国>(* 情報はメディア社会学科のみ取得可)、学芸員 <国>、司書 <国>、社会教育主事任用資格など。計量的データと質的データを収集、分析する「社会調査士」の資格も取得可。

入試・出願

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生 就職実績
サントリーホールディングス、日産自動車、バンダイ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、日本生命保険、東日本旅客鉄道、全日本空輸、日本航空、産業経済新聞社、毎日新聞社、日本放送協会 他

問い合わせ先・所在地

〒194-0298 東京都町田市相原町4342
042-783-2091

所在地 アクセス 地図・路線案内
多摩キャンパス : 東京都町田市相原町4342 京王線「めじろ台」駅からバスで「法政大学」下車 約10分
JR横浜線「相原」駅からバスで「法政大学」下車 約13分
JR中央線「西八王子」駅からバスで「法政大学」下車 約22分

地図

 

路線案内


法政大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路