• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 看護師
  • 勉強時間・やり方
看護師になるための勉強時間・やり方

看護師になるための勉強時間・やり方

全国のオススメの学校

看護師になるための勉強時間や方法はどのようにしたらよいでしょうか。勉強方法は高校生の間だけではなく、大学に通ってからもいろいろなやり方があります。自分の学習スタイルをなるべく早く確立しておくことが、その後の大学生活や看護師の試験合格のための受験勉強にも役立つことを紹介します。

自分の勉強スタイルを確立し、自分を知る

看護師は国家試験を受けて合格しなければなりません。その国家試験を受ける資格を得るためには大学に行く必要があります。そのため、高校では、まず大学入学へ向けて受験勉強をすることになりますが、その受験勉強のスタイルを早くに確立することが後の国家試験の合格にも役立つはずです。高校生活における受験勉強を通じて、自分の効率的な学習スタイルを早いうちにみつけておきましょう。そこで身につけた集中力、持久力、創造力、思考力、タイムマネジメント力などは、看護師の資格試験合格のために有意義な勉強スタイルになるからです。
無事、大学に合格して学校に入学すると、一般的な総合大学よりも授業のコマ数が多く、朝から夕方までびっしり授業があります。課題もたくさん出るので、対応に時間がかかり、とにかく忙しくなります。看護学生として、同じ看護科の生徒たちと参考資料を共有したり、手分けして勉強したり、友人と協力して進めていくことで、大変な勉強をなんとか乗り切る人も多いようです。きちんとスケジュールを立てて、効率良く勉強をしていきましょう。
また、自分をよく知ることも大切です。これからどんな看護師になりたいのか、そのために必要なことや足りないことは何か、そんなことを考えていくうちに、自分についてよく考えるようになります。すると、「得意だと思っていたことが苦手だった」、「好きなのはやっぱりこれ」、「自分にそんな面があるとは知らなかった」など、これまで思っていたことと違ったり、意外な一面を発見したりすることがあるでしょう。自分のことは知っているようでわかっていないものです。じっくりと自分と向き合うことをおすすめします。

進路を決める際の病院見学は必須

進路を決めるにあたっては、一番身近な学校の先生や先輩に聞くこと、ネットなどで調べることなどで、それなりの情報収集ができるはずです。そのなかでもぜひトライしてほしいのは、希望する病院の見学です。見学できる日が決まっているので、申し込めば担当の人がついて案内をしてくれます。外観から想像していた内容とまるで違う病院もあります。新しい病院のほうが建物や施設がきれいで気分がいいとか、古くても歴史ある病院のほうが、制度が整っているからやりがいがあるなど、希望理由は人それぞれです。何より、実際に現地に見に行くという見学制度は大切なので、ぜひアポイントをとって行ってみることをおすすめします。なかには、職業体験ができる病院もあるので、調べてみてください。いろいろな病院を見学すると、その病院の個性や雰囲気がわかり、自然と選べるようになっていくでしょう。

関連する記事

看護師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路