• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工芸大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術学部

私立大学/東京・神奈川

トウキョウコウゲイダイガク

芸術学部

国内屈指の環境でメディアアートを学び、「好き」を仕事にする!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 美術研究者

    大学・大学院、美術館・博物館などで専門分野を研究し論文を書く

    美術学、美術工芸品など美術に関連した専門的な研究を、大学・大学院、美術館・博物館などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う。

  • カメラマン

    写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ

    広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

プロフェッショナルの写真家を育成する環境と伝統

映像をゼロから幅広く学び、技と知を持った映像人に

自分の可能性に気づき、社会に求められるデザイナーになる

「双方向」「参加型」の新しいアートの世界。コンピュータを駆使し最先端の表現を創造していく

日本の4年制大学でいち早く設置された、アニメーションを多角的に学べる学科

ゲームを学問として学び、世界で通じるクリエイターになる

マンガについて体系的に学ぶ、深い理解が実績につながる

キャンパスライフShot

東京工芸大学 リニューアルした中野キャンパス。最先端「メディア芸術」の教育・研究拠点へ。
リニューアルした中野キャンパス。最先端「メディア芸術」の教育・研究拠点へ。
東京工芸大学 「ビデオスタジオ」調整室と連動し、実際のテレビ番組同様にスタジオ収録ができます。
「ビデオスタジオ」調整室と連動し、実際のテレビ番組同様にスタジオ収録ができます。
東京工芸大学 芸術学部生は学内施設および個人PCで自由にアドビアプリケーションを使えます。
芸術学部生は学内施設および個人PCで自由にアドビアプリケーションを使えます。

学部の特長

学ぶ内容

写真学科
写真に関わるあらゆる領域で活躍できる「真のプロフェッショナル」を育成。写真技術だけでなく芸術分野の専門科目を学習し総合力を習得するため、活躍の幅が広がります。
映像学科
映像に興味を持つ人が「ゼロから学び、真の映像人になれる」学科です。学ぶ中で自分の活躍分野を定め、最新設備で実際に映像を制作し、業界をリードする人材を目指します。「身体表現領域」では、「撮られる側」の人材も育成します。
デザイン学科
入学時に専門領域に分かれず、共通の基礎的なデザインの知識や技術を学んでいきます。3年次からは、広告やVI(ビジュアル・アイデンティティ)などを専門とする「グラフィックデザイン領域」、絵の可能性を追究する「イラストレーション領域」、Webなどのデジタルメディアを中心とする「映像情報デザイン領域」、インテリアや製品デザインを学ぶ「空間プロダクトデザイン領域」の4領域で専門性を高めます。
インタラクティブメディア学科
双方向性を備えたインタラクティブメディアは時代のニーズを捉え、近い将来、活躍の場が拡大すると予測されています。本学科は、ミュージック、CG、ソフトウェア、アートなどを多角的に学ぶことができます。
アニメーション学科
日本の4年制大学でいち早く設置されたアニメーション学科という誇りを携え、動画・背景・演出などアニメーションの全工程を学び、総合力を持った人材を養成する国内屈指の学科です。
ゲーム学科
総合芸術として、アカデミックにゲームを学べる学科です。コンピュータゲームの先駆者や、最前線で活躍するクリエイターから直接学べる点が大きなメリットです。ゲーム業界を先導するための能力を身につけます。
マンガ学科
マンガ制作をはじめストーリーや編集・出版知識などマンガを総合的に学びます。プロの漫画家や現場の編集者による実践的な指導が特長。在学中にデビューする学生も多数。

資格

美術の教員免許状取得
デザイン学科に取得可能な資格として新たに中学校・高等学校教諭免許(美術)が加わりました。将来の進路にひとつ選択肢が増え、卒業生のさらなる活躍が期待できます。

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職実績
アフロ、光潮社、資生堂、泉放送制作、オムニバス・ジャパン、太陽企画、NHKアート、シミズオクト、スペース、ティー・ワイ・オー、ナムコ、博報堂プロダクツ、ヤフー、良品計画、A-1 Pictures、博報堂アイ・スタジオ、ツインエンジン、東映アニメーション、カプコン、コロプラ、サイバーエージェント
■就職率 88.9%(就職者数327名)

問い合わせ先・所在地

〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5
0120-12-5246 入試センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
中野キャンパス : 東京都中野区本町2-9-5 都営地下鉄大江戸線「中野坂上」駅から徒歩 7分
東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

厚木キャンパス : 神奈川県厚木市飯山1583 小田急小田原線「本厚木」駅下車 「厚木バスセンター」7番乗り場からバス「東京工芸大学」行きで 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京工芸大学(私立大学/東京・神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る