• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田調理師専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理製菓製パン科(2年制課程)

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)

定員数:
30人

調理師としてはもちろん、パティシエやブーランジェとしても活躍できる「食」のスペシャリストに

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • ショコラティエ

    チョコレートを専門に扱う洋菓子職人

    ショコラティエ(Chocolatier:フランス語)とは、チョコレートを使ったデザートやケーキを作る洋菓子職人のことです。チョコレートは品質管理や加工が難しい食材です。そのため、ショコラティエには、チョコレートをやわらかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといった加工技術に加えて、製菓に必要な素材に関する知識が必要とされます。また、創作したチョコレート菓子などを商品として売り出すときは、見た目の美しさも重要になるため、優れたデザインセンスも欠かせません。一人前のショコラティエになるには、洋菓子店やレストランなどに勤務しながら知識や技術を磨き、やがてチョコレート部門の仕事を任されるようになるのが一般的です。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2020年度納入金 142万円  (学習用品購入費約15万円が別途必要)
年限:2年制

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)の学科の特長

調理製菓製パン科(2年制課程)の学ぶ内容

料理の全ジャンルを学ぶ。また、2年目は製菓製パンの技術を集中して習得
調理製菓製パン科では1年目に、西洋料理・日本料理・中国料理・デザート・給食のすべてのジャンルの基礎を学びます。2年目には製菓製パンの各分野を集中的に学び、就職の幅を広げることができます。

調理製菓製パン科(2年制課程)の先生

実習を担当するのは専任の教員。わからないことがあるときに質問しやすい
本校の実習を担当する教員のほとんどは専任です。実習の授業以外の時間も学生生活をフォローする体制が整っています。授業でのサポートはもちろんですが、学生のことをよく理解し、ひとりひとりに合わせて指導できる環境です。
  • point こんな先生・教授から学べます

    豪快かつ繊細なデモンストレーションに学生もくぎ付け!基本メニュー50品を中心に、技術と知識を伝授。

    渡辺先生のダイナミックな鍋の振りや、繊細な包丁さばきに思わず息をのむ学生たち。「この姿がカッコイイ!」。そんなシンプルな動機から中国料理を選ぶ学生も多いといいます。実習が始まると早速、豪快な鍋振りに挑戦する学生たち。でも、コツを知らずしてはなかなか上手くいきません。先生は実習中も…

    織田調理師専門学校の先生
  • point こんな先生・教授から学べます

    清々しい緊張感のもと、「切る」「焼く」「煮る」「揚げる」「蒸す」の基本を軸に日本料理を学ぶ。

    凛とした空気が張り詰めた実習室が、実習が終わるといつもの賑やかさを取り戻す。そんなメリハリある実習が、今井先生が担当する「日本料理実習」です。先生のデモンストレーションに注ぐ学生たちの眼差しは、真剣そのもの。実習では道具の使い方や手入れの仕方をはじめ、基本技術の「切る」「焼く」「…

    織田調理師専門学校の先生
  • point こんな先生・教授から学べます

    白熱の西洋料理実習!学生の個性を把握し、一人ひとりの「なぜ?」が「理解と納得」に変わるまで徹底指導。

    初めて甲州先生の実習を受ける学生は、先生の全身からほとばしる情熱に圧倒されることでしょう。しかし、その実習は先生の一方通行ではありません。「理解と納得」を軸に、先生と学生のコミュニケーションが双方に行き交う指導です。もちろん、理解度は学生によって様々。そこで学生の個性を日頃から把…

    織田調理師専門学校の先生

調理製菓製パン科(2年制課程)の学生

  • point キャンパスライフレポート

    どんなに小さな疑問にも、先生からはいつも期待以上の答えが返ってきます!

    odaでは実際の現場にある調理器具を使って実習を行うので、実践的な力をしっかりと習得できると考えて入学しました。それぞれの器具については、先生方が現場での具体的な使い方を教えてくれるので、現場をイメージしながら学べるのもポイントです。

    織田調理師専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    幅広い料理の知識とスキルを身につけた、パン職人をめざしています!

    高校時代に様々な学校のオープンキャンパスに参加した中で、織田を選んだ理由はコース制を取っていない点に魅力を感じたからです。パンだけでなく、すべての料理を学べることは、将来の可能性を広げるにはベストな環境だと考えました。

    織田調理師専門学校の学生

調理製菓製パン科(2年制課程)の卒業後

調理師としての就職はもちろん、パティシエやブーランジェとしても活躍
ホテルや企業、個人店や給食会社などのキッチンで調理師として勤務します。全ジャンルの料理を学ぶことができるので、西洋料理・日本料理・中国料理・給食にも進めますが、調理製菓製パン科ではパティシエやパン職人としても就職が可能です。

調理製菓製パン科(2年制課程)の雰囲気

ひとりひとりが質問しやすく、馴染みやすい少人数制のクラス
本校は少人数制なので、わからないことや困ったことがあったときに質問もしやすい環境です。また、同じ目標を持った学生が集まるので馴染みやすく、イベントも楽しめます。

調理製菓製パン科(2年制課程)の研修制度

実際の現場を体験!1ヵ月のインターンシップに参加します
1年生から2年生に進級する直前に、ホテルや企業、個人店などの業態と西洋・日本・中国・製菓製パンなどのジャンルを選び、1か月間のインターンシップを現場に出て行います。就職活動が本格化したときにここで経験したことが活きてきます。

調理製菓製パン科(2年制課程)のイベント

学校生活を楽しむためのイベントがたくさん。みんなと仲良くなるチャンス。
入学してすぐに親睦を深められる宿泊研修旅行や、学校対抗で行われる運動会、球技大会や海外研修旅行などたくさん。また、学園祭ではレストランを開いて料理を振る舞ったり、スイーツやパン、屋台での販売も行ったりも。しっかり学びつつ、学校生活も楽しみます。

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)のオープンキャンパスに行こう

調理製菓製パン科(2年制課程)のOCストーリーズ

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)の学べる学問

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)の目指せる仕事

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)の資格 

調理製菓製パン科(2年制課程)の取得できる資格

  • 調理師<国>

織田調理師専門学校 調理製菓製パン科(2年制課程)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒164-0001東京都中野区中野5-32-8(入学相談課)
TEL03-3228-2111(代表)
info@oda.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都中野区中野5-30-6 「中野(東京都)」駅から北口を出て徒歩 3分

地図

 

路線案内


織田調理師専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る