• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 植草学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 発達教育学部
  • 発達支援教育学科

私立大学/千葉

ウエクサガクエンダイガク

発達支援教育学科

定員数:
140人

多様な個性に向き合える教員や保育士になるために子どもの発達と支援について広く学びます

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 児童文学

    日本や外国の児童文学を研究し、創作する

    童話や昔話など、児童を対象にした文学と、児童文学の読み手である児童の心理や言葉の発達などについて研究する。児童文学を創作することもある。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    全国の国公立、私立の小学校で児童に教える先生。児童全員が一定レベルの教育を受けられるよう文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、教科の指導を行います。授業以外にも授業の準備、教材やテストづくり、採点、PTA活動、学校行事の運営など仕事内容は多岐にわたります。また、小学校の6年間は児童の人間形成に影響を与える大事な時期でもあるため、教科指導のほかにも児童の自立心・社会性を考慮しつつ、生活面での指導も行います。「児童に一番近い存在の大人」として時には児童の相談にのるなど、子どもたちに寄り添って学校生活をサポートする重要な役割を担っています。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、小学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、養護教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、幼稚園教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • ベビーシッター

    子どもとマンツーマンで向き合い、保育から学習指導まで

    仕事をもつ親などの代わりとなり、個人宅や託児施設で乳幼児から小学生くらいの子どもの世話をするのがベビーシッターの仕事です。ベビーシッターになるのに資格や免許は必要なく、また、子育ての経験がなくてもベビーシッターとして働くことは可能です。ただし、子どもの発達や心理、健康などに関する知識はあるに越したことはなく、ベビーシッターとして働く人のなかには、保育士資格、幼稚園教諭免許状、看護師資格のほか、認定ベビーシッターや英国チャイルドマインダーといった民間資格をもつ人も多くいます。最近では英語などを教える家庭教師的な役割や、外国人宅でのニーズも多く、語学力を求められるケースも増えています。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

初年度納入金:2019年度納入金 137万円  (入学金27万円・授業料78万円・施設費22万円・教育充実費10万円、その他教科書代などが別途必要です)

学科の特長

学ぶ内容

困難さのある子どもの支援やインクルーシブ教育についてしっかり学びます
教育や保育の現場では、障害や困難性のある子どもが多く在籍するようになりました。また、小学校などには学習困難な子どもが多くなり、一人ひとりの子どものニーズにしっかり対応できることが求められています。本学科では学生全員必修で、インクルーシブ社会の形成に貢献するための基本的な知識や考え方について学びます。
将来の夢に向かって効果的に学べる3つの専攻
◆小学校教育:発達障害のある児童の支援を学び、個々の発達に応じた指導力を高める◆特別支援教育:障害の特徴と支援を学び高い専門性と実践力、温かなハートをもった教員を育てる◆幼児・保育:乳幼児期の子どもの発達、教育・保育について、基本となる知識と新たな視野を備えた保育者を育てる

学生

先輩の声 <発達支援教育学科 2年(2018年入学) 高橋真奈さん/千葉県私立成田高等学校出身>
植草学園大学では障害について専門的に学べるだけではなく、障害のある人もない人も区別なく優しく包み込むことのできる力が身につきます。また、アットホームな雰囲気で仲間と成長し合える環境があります。先生方の丁寧なご指導のもと、児童一人ひとりの得意なことや魅力を伸ばせる特別支援学校教諭をめざします!

卒業後

小学校、特別支援学校、幼稚園、保育所のほか、障害児・者施設、児童福祉施設で活躍する道も
取得資格を活かした進路があります。小学校、特別支援学校のほか、知的障害児施設、肢体不自由児施設、子育て支援センターなどでの活躍が期待されます。そのほか、保育所や企業・病院などの託児施設、養護施設などの福祉施設、公立・私立の幼稚園・小学校など、活躍の場はたくさんあります。

資格

小学校教諭・幼稚園教諭・保育士など、子どもの教育に関する資格を幅広く取得できます
必要な課程を履修すれば、小学校教諭1種免許※、特別支援学校教諭1種免許※、幼稚園教諭1種免許※、保育士※などが卒業と同時に取得可能です。また、定められた科目単位を取得し成績が基準を満たせば、「インクルーシブ教育支援士」「インクルーシブ教育・保育支援士」という本学独自の認定資格を取得できます。※国家資格

設立の背景

建学の精神に基づいて、心をはぐくむ教育を
本学の教育理念は「障害のある人もない人も共に生きる社会をめざす」「学習上・生活上の困難性がある人を支援できる人を育てる」。この理念は、学園建学の精神「徳育-こころの教育」に基づき、教育・福祉・医療を支える人材に欠くことのできない心をはぐくむものです。社会に貢献できる有為な人材を育てていきます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 小学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 特別支援学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 幼稚園教諭免許状<国> (1種) 、
  • 保育士<国>

目標とする資格

    • 社会福祉主事任用資格 、
    • 児童指導員任用資格 、
    • レクリエーション・インストラクター 、
    • NPO日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.3 %

( 就職希望者109人/就職者105人 )

※ 2018年3月卒業生実績

小学校、特別支援学校、幼稚園、保育所、こども園、児童養護施設、障害者施設、企業や病院の託児所等で活躍

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒264-0007 千葉県千葉市若葉区小倉町1639-3
TEL 043-239-2600(入試・広報課)
nyuusi@uekusa.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
千葉県千葉市若葉区小倉町1639番3 JR「都賀」駅よりバス約15分
JR「千葉」駅よりバス約35分
千葉都市モノレール「千城台北」駅より徒歩約10分

地図

 

路線案内

※ JR「千葉駅」よりバス約35分、JR「都賀駅」よりバス約15分、千葉都市モノレール「千城台北駅」より徒歩約10分


植草学園大学(私立大学/千葉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る