• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 北海道
  • 北海道大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部

国立大学/北海道

ホッカイドウダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2020年8月時点)

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

北海道大学 法学部

法学部

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

目指せる仕事
  • 政治家

    人々の意見に耳を傾け、豊かな暮らしを実現。国や自治体を動かすリーダー

    国会で重要な議案を決めたり、県・市・区議会などや、各種委員会に出席し、さまざまな案件について議論したりして、人々の暮らしを安定させ、より豊かなものに導くことが政治家の仕事の中心です。多くの人と交流して意見や情報を吸い上げて状況を正しく把握し、国や地域で起こっている問題の解決に向けて動いていきます。資格は必要ありませんが、選挙に立候補して、有権者から選ばれなければ政治家として働くことはできません。「人の役に立ちたい」「世の中を良くしたい」という強い気もちや覚悟、推進力、決断力、さらには多くの人からの信頼や支持も必要となります。

  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    犯罪に訴えを起こすことができる唯一の職業

    刑事事件が起きたとき、警察官が捜査を進めますが、行われた犯罪に対して裁判所に正しい法律の適用を求めることができるのは検察官にのみ許された仕事です。被疑者を裁判にかけることはその人の一生を左右する可能性があるため、正義感だけでなく強い責任感が求められます。検察官になるには、最難関の国家試験である司法試験に合格する必要があります。

  • 検察事務官

    検察庁で検察官をサポートする国家公務員

    殺人、強盗、器物損壊、贈収賄など、さまざまな事件が日々起きています。犯罪や事件を詳しく調べて、被疑者を裁判にかけるか否かを決める役割の検察官(検事)をサポートするのが、検察事務官の仕事です。不正を許さない正義感や、社会、国の治安や秩序を守るという使命感が求められる職業です。検察事務官になるには、人事院が行う国家公務員試験に合格し、全国各地にある検察庁に採用される必要があります。

  • 裁判官

    法秩序を維持し、人権を守る司法の番人

    最高裁、高裁、地裁、家裁、簡易裁判所など全国にある裁判所で、民事、刑事、行政、家庭、少年など訴訟事件を審理し、事実を認定したうえで、法律を適用し、判決を下す。国民の権利擁護と、法秩序を維持するのが職務。

  • 司法書士

    市民の権利を守る法的手続きの専門家

    依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行う。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もある。将来独立して、事務所を開設することも可能。

  • 行政書士

    行政と市民の架け橋となる「街の法律家」

    個人や法人などの依頼を受けて、官公庁に提出する書類や、その他権利義務、または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成し、提出手続きを代行する仕事。またそれに関連する手続きの相談を受けたりといった業務も含まれ、仕事範囲はとても広い。

  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

bug fix
初年度納入金:2020年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2020年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)
bug fix

北海道大学 法学部の募集学科・コース

法学課程

北海道大学 法学部の学部の特長

法学部の学ぶ内容

法学部
 法学・政治学の立場から、よりよい社会を実現するための法律制度や政治制度を構築・運用・評価することで、グローバルな視点から広く社会に貢献できる豊かな人材を育成する。
◆法専門職コースでは、基本的な法律について重点的に学習し、法律知識を前提とした専門的な職業に就くことを目指したスペシャリストを養成する。基本的な実定法科目(憲法、民法など)を重点的に履修しつつ、自らの興味に合わせて国際法、知的財産法、労働法などを選択して履修できる。
◆総合法政コースでは、法的素養と政策判断能力、さらには幅広い視野と国際感覚を身につけたゼネラリストを養成する。必修・選択必修の範囲を緩やかにし、自らの興味に合わせた自由な履修を実現しているとともに、科目選択の目安とするため、「重点学習領域履修認定制度」を採用している。

北海道大学 法学部の入試・出願

入試一覧

合格難易度

北海道大学 法学部の学べる学問

北海道大学 法学部の就職率・卒業後の進路 

札幌市役所、北海道庁、NTTドコモ、栃木県庁、第一生命保険、JTB、伊藤忠商事など。

北海道大学 法学部の問い合わせ先・所在地

〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西7丁目
(011)706-7484(学務部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
札幌キャンパス : 北海道札幌市北区北9条西7丁目 JR「札幌」駅下車徒歩 約9分
地下鉄南北線「北12条」駅下車 徒歩約4分

地図

 

路線案内

※[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2020年8月時点)


北海道大学(国立大学/北海道)