• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 和光大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 表現学部
  • 芸術学科

私立大学/東京

ワコウダイガク

芸術学科

募集人数:
80人

<アート> <デザイン> <プランニング> の3つの系統の授業を自由に学びながら、創作に必要な教養と技術を磨き上げます

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 外国文学

    海外の文学作品を読み、その国の文化や思想を学ぶ

    外国文学を読み、作家や作品の研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会や人間そのものを研究する。文学史、作家論のほか、言語や文化の研究も行う。語学学習は必須。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • ライター

    依頼されたテーマに関して取材をして記事にまとめる

    出版社や新聞社から依頼されたテーマについて、取材をし、記事にまとめる仕事。政治・経済、社会問題、教育、IT、グルメ、ファッション、エンターテインメントなどライターごとに得意分野をもっているのが一般的。自分から企画を売り込むこともある。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 125万円 

学科の特長

学ぶ内容

「何かを自分の表現で伝えたい」をカタチにします
「アート」「デザイン」「プランニング」の3つの系統の授業を自由に学びながら、教養と技術を磨き上げていきます。1・2年次は専門を限定せずにさまざまな芸術表現にふれることができます。3年次からは各自の専門分野を深めていきます。総合大学の芸術学科なので、実技と理論をバランスよく学べるのが特長です。
3つの系から自由に授業を選択し、自分の専門を究めていきます
絵画・版画・映像などを中心とした造形技術を習得する「アート」、IT時代のデザイン思考を養うため多様なデザインの現場を経験できる「デザイン」、書物や雑誌のみならず映像や空間に関する編集術まで身につけていく「プランニング」の3つの系から自由に授業を選択し、制作・研究テーマを深めていきます。

カリキュラム

自由な発想で学びを追究。自分で納得がいくまで制作に打ち込みます
アート系では「シルクスクリーン」「日本古典技法」「現代美術の立体表現研究」など、デザイン系では「アニメーション表現論」「広告表現研究」「プロダクト・デザイン」など、プランニング系では「製本ワークショップ」「日本マンガ史」「編集という仕事」など、枠にとらわれずに自由に学べるよう科目を設置しています。

授業

表現方法や技術を楽しみながら修得します。その一部を紹介
<グラフィックデザインの基礎>デザイナーの道具として必要不可欠となったパソコンを、鉛筆や絵具と同じように扱うための訓練を行います。
<製本ワークショップ>実際にある本をばらして仕組みについて学びます。イメージを膨らませて、プレス機やハリガネなどを使って実際に自分の手で本を作ります。

ゼミ

倉方雅行ゼミ「プロダクト・デザイン」
グッドデザイン賞の審査委員も務められた倉方先生のゼミでは、身の回りにあるモノがどのようにデザインされているか、その歴史や技術を学び、ものづくりを探究。大学祭では、ゼミ生がデザインした製品を販売します。アイディアをカタチにする面白さと、「買っていただく」ことまでを見据えるシビアさを体感できるゼミです。

卒業後

作家活動やグラフィックデザイナー、博物館学芸員など卒業後の進路はさまざま
自分の表現を追究し、社会で通用する実力を身につけた卒業生は、作家活動やグラフィックデザイナー、出版・編集者などとして活躍しています。その他、画家、陶芸家、各種デザイナー、アートディレクター、博物館学芸員、美術科教員などとして活躍しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    横浜トヨペット株式会社 、 株式会社ラコステジャパン 、 株式会社トライビジョンプロダクト 、 株式会社クレヨン 、 花王カスタマーマーケティング株式会社 、 データウェアネットワーク株式会社 、 日本梱包運輸倉庫株式会社 、 三松堂印刷株式会社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

主な進学先/法政大学大学院、和光大学大学院 ほか(学校全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒195-8585 東京都町田市金井町2160
TEL 044-988-1434(和光大学 入試広報室)

所在地 アクセス 地図・路線案内
鶴川キャンパス : 東京都町田市金井町2160 「鶴川」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

和光大学(私立大学/東京)