• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本デザイナー芸術学院 名古屋校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ビジュアルデザイン学科

愛知県認可/専修学校/愛知

ニホンデザイナーゲイジュツガクイン ナゴヤコウ

ビジュアルデザイン学科

定員数:
50人

デザイン、イラスト、Web、広告、ゲーム、CG、映像…現場で求められるスキルを習得し、トップクリエイターを目指す!

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • エディトリアルデザイナー

    出版物の紙面をレイアウトする

    写真、イラスト、図表、文章など印刷物に使う素材を限られたスペースに効果的に配置する。単にスペースに必要な要素を収めるだけではなく、編集者の意図や雑誌のテーマをしっかりと把握し、誌面全体にその流れを盛り込んだデザインを施さなければならない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • 画家

    絵画を通じて人々を魅了する

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろです。絵を売った収入だけで生活できる画家はほんの一握りなので、ふつうは美術教師やデザイナー、イラストレーターなどの仕事をしつつ、その合間に創作活動をする人がほとんどです。自分の才能を信じて創作活動を続け、コンクールに出展をして受賞経験を積む、個展を開いて画商に認めてもらう、また最近ではSNSやブログなどで人々の目にとまることなどが成功への道のひとつです。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2020年度納入金(予定) 99万円~115万円  (2年制115万円 3年制99万円※このほかに、教材費・学校行事費・健康管理費等が必要となります)
年限:2年制(グラフィックデザインコース/2年制、イラストデザインコース・アートデザインコース/3年制)

学科の特長

学ぶ内容

デザインの基礎、広告・編集・デザイン、DTPまで学ぶ「グラフィックデザインコース」
業界の最前線で活躍するプロのデザイナーが、平面構成や色彩、デッサン等、デザインの基礎から応用までマンツーマン指導!また、デザインの仕事に欠かせないコンピュータ操作やソフトの使い方を習得し、雑誌やリーフレットの編集をはじめ、商品のパッケージデザイン、ホームページ制作の実習等にも取り組みます
イラストをベースに描写力・表現力を磨き、マルチな創り手を目指す「イラストデザインコース」
デッサン、クロッキー等の基礎から、アナログ表現、デジタル表現、立体造形、それらを複合したグラフィックデザインまで幅広く学びます。自分の個性やタッチを追求しながら作品制作に取り組み、高い描写力と多彩な表現力を磨き、広告、雑誌、アニメ、ゲーム、Web等の業界で活躍できるマルチクリエイターを養成します
多様な視点でデザインを探求し、社会とつながるクリエイターを育てる「アートデザインコース」
いま企業で必要とされる「ビジュアルコミュニケーション」を理解し、その対処能力を身につけていきます。これまでのデザイン分野の枠を超え、多様な視点でデザインを考え、社会と関わることを目的とした新しいタイプのビジュアルクリエイター育成コースです

実習

実践的な「産学協同プロジェクト」&トップクリエイターの作品に触れる「国内外研修」が魅力
「産学協同プロジェクト」では、企業から仕事を請け負い商品開発に挑戦したり、インターンシップを通して実際の現場を知る等、在学中から実践的な課題に取り組みます。さらに、1年次に国内研修旅行、2年次に海外研修を実施。美術館やビジネスの現場訪問を通してトップクリエイターの作品に触れ、視野を広げます

制度

授業課題が就職活動に!1年次からスタートする充実の就職支援制度
ニチデの学生は就職活動開始前に自己PRの材料となる作品集(ポートフォリオ)を作成し、万全の準備を整えます。この作業は授業で学んだ技術の再確認にもつながります。また、入学直後から卒業時を見据えたプログラムも展開。マナー・一般教養を身につける就職対策講座や個人面談を通し、学生のキャリア設計をサポートします

イベント

学校での学びがよくわかる「体験入学」。多彩なプログラムから選べる体験講座を毎月開催!
楽しみながら実際の授業を体感する「体験入学」や「入学相談会」を毎月開催しています!本校のカリキュラムや施設・設備、先生や学校内の雰囲気等がよくわかるほか、在校生とのフリートークを通して気になることを直接聞けるチャンス!交通費サポートもあるので、詳しくは学校にお問い合わせください

募集コース・専攻一覧

  • グラフィックデザインコース

  • イラストデザインコース

  • アートデザインコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • Illustrator(R)クリエイター能力認定試験 、
    • Photoshop(R)クリエイター能力認定試験 、
    • DTP検定 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • POP広告クリエイター技能審査試験

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

マスコミ・広告代理店、印刷会社、パッケージデザイン関連会社、ゲーム制作会社、CG・Web・映像関連会社等

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒453-0804 愛知県名古屋市黄金通1-16
TEL:0120-802-816(フリーダイヤル)
info_nda@keido.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市中村区黄金通1-16 「中村区役所」駅から4番出口を出て徒歩 3分
「名古屋」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 映像学科

日本デザイナー芸術学院 名古屋校(専修学校/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る