• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 理学療法士
  • 今から役立つ経験を教えて
理学療法士になるために今から役立つ経験

理学療法士になるために今から役立つ経験

全国のオススメの学校

勉強も、技術も理学療法士にとっては大切なこと。でも、ただ、患者さんと直接触れ合う理学療法士にとってなによりも大切なのは、実はコミュニケーションです。このコミュニケーション能力を、理学療法士はどうやって磨いているのでしょうか。

物理と数学に加えて英語も必要

高校で習うことのうち、理学療法士の勉強にも役立つのは、物理や数学です。大学と違って一般教養課程のない専門学校で理学療法士の勉強をする場合にも、物理や数学の基礎知識は必須です。そのため、これらの科目が得意だと、授業を理解するのが楽になります。
また仕事が始まると、英語の論文を読んだりする機会もあります。特に大学院などへの進学も考えている方は、研究論文を英語で書くこともありますから、英語が苦手ではないことも大切になってきます。
専門学校や大学の勉強では、解剖や生理、運動の基礎知識、それに加えて疾患・症状の把握、評価と治療の知識は、すぐに現場で使うことになりますので、きちんと学んでおくとあとで困りません。

人と深く接する経験を積む。患者さんを知り、より良い仕事を

学校の勉強以外では、人と接する経験を積んでおくことがとても大切です。できれば、人と接する仕事の中でも、ウェイターやウェイトレスといったマニュアルで対応できることの多い仕事よりも、スポーツジムで直接お客さまにアドバイスをするスポーツトレーナーのアルバイトなど、お客さんとより深いコミュニケーションをする仕事の経験があると良いです。
理学療法士になると、患者さんと直接コミュニケーションをとっていくことになります。その患者さんに対して、どんなリハビリが一番いいのか。何を話すべきなのか。こういったことについて適切な判断をするために、相手の気持ちを理解することのできるコミュニケーション能力は、とても重要なのです。
きちんと挨拶ができること、相手を思いやった会話をできる能力を伸ばしておくように、心がけましょう。
患者さんとうまくコミュニケーションがとれるようになり、的確なリハビリができるようになると、患者さんの満足度が高まり、特に訪問リハビリなどでは、患者さんの口コミで評判が広がって、仕事につながっていくこともあります。
電話の対応や、挨拶の仕方、言葉づかい、メールの送り方など、社会人としてのマナーも早めに学んでおきましょう。

今後、理学療法士にはどんな知識が必要になる?

厚生省は2017年9月に、「第2回 理学療法士・作業療法士養成施設カリキュラム等改善検討会」を開催しました。そこで日本理学療法士協会は、社会保障制度論、医療経済学、栄養学、画像診断学、救急救命医学、理学療法管理学、予防理学療法学などを、新たに学習すべき科目として挙げています。今後はこのような勉強が必要になってきそうです。
「POST」や「PT-OT-ST.NET」のようなウェブサイトで、最新の医療情報や学会情報などをチェックすることも大切でしょう。
また、キャリアステップとして管理職になることを考えている方は、実際に患者さんの診察、治療ができる臨床能力のほかに、組織をうまく運営できるよう、マネジメント能力を養っていく必要があります。
例えば、管理職として働いていくためには、診療報酬について正しい知識をもち、コスト管理や運営方針を決めることができるようになる必要があるでしょう。

関連する記事

理学療法士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路