• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 栄養士
  • 会いに行こう
栄養士に会いに行こう

栄養士に会いに行こう

全国のオススメの学校

栄養士に会いに行こう

栄養士の仕事は、健康な方を中心に、栄養指導や給食の運営などを行うことです。栄養士が働く場所は、身近なところでは学校給食を作る「給食センター」がありますが、それだけではありません。栄養士の仕事を直接、目にしたい場合は、どこへ行けばよいでしょうか。栄養士の主な仕事内容から、2つに分類して紹介します。

栄養を考えた給食・献立作成

給食や献立の作成が主な仕事となる職場は、幼稚園、小学校、中学校、高校、そして、専門学校や短大、大学などがあります。また、病院や診療所などの医療施設、特別養護老人ホームなどの老人福祉施設・介護保険施設、保育所や児童養護施設などの児童福祉施設でも、給食の運営や献立作成業務を行っています。
基本的には、健康な人を対象に、栄養バランスを考えた食事の提供を行います。子どもの場合は、成長に応じた食材の選択や、アレルギーへの配慮なども重要です。
給食や献立作成に携わる栄養士に会ってみたいなら、まずは、母校に連絡を取ってみましょう。

栄養相談や食品に関する調査・研究

都道府県庁や市町村役場、保健センターなどに勤務し、健康づくり政策の企画・立案や、地域住民向けのイベントの開催、栄養相談などを担当している栄養士もいます。また、大学や企業などの試験研究機関で、食品に関する調査や実験、研究に携わり、健康に役立つ商品開発や、食と健康に関する科学的根拠を社会に発信している栄養士もいます。さらに、スポーツ関連機関や飲食店、料理教室やマスコミ関係などで働く栄養士もいます。
例えばスポーツ関連機関では、運動能力を高めるための栄養や、ケガや疲労が起こりにくい身体づくりのサポート、食事に関するアドバイスをしています。また、最近では健康や食事に気を使う人が多いため、栄養士を必要としている飲食店も増えています。クッキングスクールを開いたり、フリーの栄養士としてテレビや講演会などで活躍したりする栄養士もいます。
都道府県庁や市町村役場、保健センターなどの公的な機関に勤める栄養士に興味があるなら、地域のイベントをのぞいてみましょう。スポーツ関連機関や飲食店、料理教室で働く栄養士に話を聞きたいなら、直接問い合わせてみることが一番の近道。熱意が伝われば、職場見学などをさせてもらえるかもしれません。
まずは「どんな栄養士になりたいか」「どんな仕事がしたいか」を考えてみましょう。目指す栄養士像が決まったら、思い切って行動してみるのがよいでしょう。
栄養士養成の専門学校や短大・大学のオープンキャンパスには、卒業後さまざまな職場で働く栄養士の先輩や、経験・知識が豊富な先生がいますから、そうしたところへ足を運ぶのもオススメです。

関連する仕事の会いに行くもチェックしよう

関連する記事

栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路

RECRUIT