• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 静岡理工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報学部
  • 情報デザイン学科

私立大学/静岡

シズオカリコウカダイガク

情報デザイン学科

募集人数:
70人 (学部一括募集 2年次学科選択)

人と社会、コンピュータの関係を調査、分析する力を養うことで多様な問題解決に取り組める人材を養成します。

学べる学問
  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

目指せる仕事
  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 情報工学研究者

    大学や専門の研究機関で、コンピュータや情報機器などに関する専門的な研究・開発を行う。

    コンピュータやさまざまな情報機器の現状を踏まえ、さらに将来的にどのように進化していくか、科学的に研究する。テーマはそれぞれの研究者が専門にこだわった研究を行っている。例えば「情報」をどのように解析させていけばいいか、その手順についての研究を行う人もいる一方で、ロボットと人とのコミュニケーションに注目して「情報」をどのように捉えていくかを研究している人もいる。また、あらゆる場面でコンピュータが使われている社会がどのような変貌を遂げていくか、人にどのような影響をもたらすかを考察している研究者もいる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

初年度納入金:2017年度納入金 154万円  (入学金30万円、授業料124万円)

学科の特長

学ぶ内容

多彩な学問領域にITを活用し、情報収集・分析する力を育成
ITを活用して情報を収集、分析する手法を様々な学問分野に多角的に応用することで各分野が抱える複雑な問題を探究していきます。生命やITといった理系的な学問領域は勿論、経営や社会、心理、スポーツ、デザインなど多彩な学問領域に情報処理と活用の手法を取り入れることで各分野の可能性の幅を広げています。
IT化社会に必要な情報活用力を修得、複雑な社会問題の解決に貢献できる人材を育てる
ITを活用したビジネススタイルが急速に進む社会ではデータを収集、駆使し問題解決を図っていける情報活用が求められています。本学科ではIT社会に求められる理想的な人材を育成するための環境を整備。将来は金融、サービス、物流、販売などの幅広い業種、企画、営業、総務、人事など様々な職種で活躍が期待できます。

研究室

【神経行動学研究室】動物行動からヒトの脳、行動、社会のしくみを解析
動物の実際の行動を対象として、その神経機構を考える「神経行動学研究室」。解剖学、生理学、薬理学など幅広い学問領域をカバー。複雑なさえずりをする小鳥の脳の研究をヒトの言語メカニズムの解明に繋げる研究や、脳波、筋電位などの信号を解析し、車椅子を操作するシステムの実用化に向けた研究をおこなっています。
【スポーツ科学研究室】運動やトレーニングによる身体の変化を科学的に分析する
コンピュータを駆使して様々なスポーツの動きを分析(動作解析)し、技術的な上達度や上級者と初心者の動きの違いなどを分析する環境を整えています。単にアスリートのための研究ではなく、運動による身体の変化を分析することは子どもの健全な発達、中高年の健康づくりにつながる研究にも役立っています。
【経営情報システム研究室】インターネットをもっと便利に!データベース技術の可能性を追求
銀行やコンビニ、物流等の企業組織を支える経営情報システム。それはインターネットで繋がり、私たち生活を支える24時間365日のノンストップサービスが基本です。しかし、このシステム維持に定期的な更新作業は必要不可欠です。サービス継続に影響しない安心安全な経営情報システムの維持方法を追求しています。

制度

「情報」についての理解を深め、入学後2年次に学科と分野を選択
情報学部での学科・分野選択は2年次です。1年次は情報に関する基礎的な知識を他の学問分野と併せて学び、情報に情報工学として取り組むコンピュータシステム学科と学際的に関わる情報デザイン学科の違いを理解していきます。それぞれの学科、分野に分かれた2年次からはより専門性と多様性のある科目を学んでいきます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種)

目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • TOEIC(R)LISTENING & READING TEST 、
    • 3次元CAD利用技術者試験 、
    • マルチメディア検定 、
    • 画像処理エンジニア検定

    文書処理能力検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 94.8 %

( 就職希望者58名/就職者55名 )

主な就職先/内定先

    (株)NTTファシリティーズ関西 、 遠州中央農業協同組合 、 遠州トラック(株) 、 サイバーコム(株) 、 中部薬品(株) 、 とぴあ浜松農業協同組合 、 (株)バロー 、 マックスバリュ東海(株) 、 矢崎総業(株) 、 リコージャパン(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※学部全体の実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒437-8555 静岡県袋井市豊沢2200-2
TEL/0538-45-0115

所在地 アクセス 地図・路線案内
静岡県袋井市豊沢2200-2 「愛野(静岡県)」駅からスクールバス 5分
「愛野(静岡県)」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

静岡理工科大学(私立大学/静岡)