• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 武蔵野大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部

私立大学/東京

ムサシノダイガク

法学部

定員数:
290人

「法律」と「政治」を学び、幸福な社会の実現に貢献できる人材を目指す

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    犯罪に訴えを起こすことができる唯一の職業

    刑事事件が起きたとき、警察官が捜査を進めますが、行われた犯罪に対して裁判所に正しい法律の適用を求めることができるのは検察官にのみ許された仕事です。被疑者を裁判にかけることはその人の一生を左右する可能性があるため、正義感だけでなく強い責任感が求められます。検察官になるには、最難関の国家試験である司法試験に合格する必要があります。

  • 裁判官

    法秩序を維持し、人権を守る司法の番人

    最高裁、高裁、地裁、家裁、簡易裁判所など全国にある裁判所で、民事、刑事、行政、家庭、少年など訴訟事件を審理し、事実を認定したうえで、法律を適用し、判決を下す。国民の権利擁護と、法秩序を維持するのが職務。

  • 司法書士

    市民の権利を守る法的手続きの専門家

    依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行う。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もある。将来独立して、事務所を開設することも可能。

  • 行政書士

    行政と市民の架け橋となる「街の法律家」

    個人や法人などの依頼を受けて、官公庁に提出する書類や、その他権利義務、または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成し、提出手続きを代行する仕事。またそれに関連する手続きの相談を受けたりといった業務も含まれ、仕事範囲はとても広い。

  • 不動産鑑定士

    不動産の価値を評価する専門家

    建売住宅やマンションの価格を鑑定評価する。これらの鑑定は、土地価格の変動や物件の交通の便、周囲の環境などを考慮し、客観的に行われる。それゆえ、社会的責任も重い。高度な技能が要求される。資格取得のための試験も超難関で、取得できるまでの道のりも長い。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、社会のできごとを広く伝える

    ジャーナリストの定義は確立されていませんが、広い意味で「新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのメディアで報道する人や寄稿する人」とする場合、新聞記者や放送記者、雑誌記者、編集者、ルポライター、フリーライター、キャスター、報道写真家などを総称名しているといえます。なかには自分でジャーナリストと名乗ればいい、という人もありますが、少なくとも多くの第三者や社会からジャーナリストとして認められることが必要でしょう。また、会社や組織に所属するのではなく、自らの信念に従いフリーランスで取材活動や執筆を行う人を、狭い意味でジャーナリストと呼ぶ場合もあります。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道(発信)の仕方や内容によっては、ひとつの業界のみならず、国民意識や政治まで変えることもあります。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

ルールを創り、集団を幸福に導ける人になる

民主主義の根幹を担う、政治と行政に携わる能力と技術を身に付ける

キャンパスライフShot

武蔵野大学 「大教室双方向授業」では、緊張感を持ちながら集中して学べます。
「大教室双方向授業」では、緊張感を持ちながら集中して学べます。
武蔵野大学 学生参加型の授業を通して、分析力や論理的思考力、プレゼンテーション力などを身に付けます。
学生参加型の授業を通して、分析力や論理的思考力、プレゼンテーション力などを身に付けます。
武蔵野大学 「地方政府研究」など実践的な授業を通して、社会で活躍できる力を身に付けます。
「地方政府研究」など実践的な授業を通して、社会で活躍できる力を身に付けます。

学部の特長

学ぶ内容

法律学科
実用的な法学を学び、法曹、民間企業、公務員としての活躍を目指します。民法を先に集中して学び、一般的に3年次までかかるとされる民法財産法を2年次で修了し、各法律を3年次以降に学ぶ独自のカリキュラム「民事基本法先行集中学習」を採用。法曹その他の資格試験に早い段階から対応できます。
政治学科
日本や世界各国の政治制度、政治事情を学び、自己を取り巻く社会環境を理解し、政治と行政に携わる能力と技術を身に付け、社会に貢献できる人材を育成します。また、正規授業で公務員試験対策ができるのも特長です。

授業

武蔵野BASIS
「武蔵野BASIS」は、全学共通の基礎課程。1年次は学部・学科の枠を越えた学生同士がともに学び、課題発見・解決力、プレゼンテーション力など社会人基礎力を身に付けます。
カリキュラム
法律学科では、ビジネス志向の学生と公務員・国家資格志向の学生がそれぞれ将来のイメージに合わせ授業を選択できるカリキュラムです。
政治学科では、企業・マスメディア志向、公務員志向、グローバル志向など将来の進路や目的に合わせた3つの履修モデルがあります。
企業エクスターンシップ
法律学科で学んだ法理論が実社会でどのように役立てられているかを、企業や官公庁などを実際に訪問して確かめます。有明キャンパス周辺には実習先となる多くの優良企業があり、地の利を活かしたプログラムといえます。
実践的授業
政治学科では市役所等を訪問・調査し、地域社会の問題を知る「地方政府研究」や、選挙実務の体験等を行う「選挙特殊研究」など、社会を実務で学ぶ授業を展開しています。
グローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)
政治学科を対象に実践的な語学力を身に付けた、次世代のグローバルリーダーを育成。無料で参加できる海外体験や留学対策英語科目など充実のプログラムです。本学の対象入試を受験した方の中から成績により選抜します。

資格

目標とする資格
司法試験【国】、司法書士【国】、不動産鑑定士【国】、行政書士【国】など
国家公務員育成プログラム
国家公務員(総合職等)を目指す、法律学科と政治学科の学生を対象としたプログラムです。本学の対象入試を受験し採用された学生は、学外の有料講座に無料で参加でき、成績により奨学金が付与されます。
法曹・士業プログラム(法律学科)
現役弁護士など特別講師による演習講座や、特別奨学金など、司法試験、司法書士、不動産鑑定士などを目指す学生を強力にサポートする選抜制のプログラムです。

学べる学問

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職実績
※平成26年度開設のため卒業生はいません。
■大学院進学
法学部1期生が法科大学院に合格

問い合わせ先・所在地

〒202-8585 東京都西東京市新1丁目1番20号
03-5530-7300 
〒135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
03-5530-7300 

所在地 アクセス 地図・路線案内
有明キャンパス : 東京都江東区有明三丁目3番3号 りんかい線「国際展示場」駅から徒歩7分
ゆりかもめ「国際展示場正門」駅から徒歩6分
ゆりかもめ「有明(東京都)」駅から徒歩7分

地図

 

路線案内

武蔵野キャンパス : 東京都西東京市新町1丁目1番20号 JR中央線「吉祥寺」駅からバス15分 武蔵野大学下車 徒歩0分
JR中央線「三鷹」駅からバス10分 武蔵野大学下車 徒歩0分
JR中央線「武蔵境」駅からバス7分 武蔵野大学下車 徒歩0分
西武新宿線「田無」駅からバス5分 至誠学舎東京前下車 徒歩5分

地図

 

路線案内


武蔵野大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る