• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • クリエイティブアート科

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科

定員数:
35人

オリジナリティ溢れるアート表現を身につけ、人や社会とつながるアーティストを育成する。

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • 画家

    絵画を通じて人々を魅了する

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろです。絵を売った収入だけで生活できる画家はほんの一握りなので、ふつうは美術教師やデザイナー、イラストレーターなどの仕事をしつつ、その合間に創作活動をする人がほとんどです。自分の才能を信じて創作活動を続け、コンクールに出展をして受賞経験を積む、個展を開いて画商に認めてもらう、また最近ではSNSやブログなどで人々の目にとまることなどが成功への道のひとつです。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • フィギュア原型師

    キャラクターのフィギュアを作るエキスパート

    アニメや漫画などの平面だったキャラクターを、立体化させたものがフィギュア。いくつもの工程を踏んで制作され、大量生産を経て商品として仕上げられる。その最初の段階である「原型」を作るのがフィギュア原型師の仕事だ。デザイン画を描き起こし、粘土やパテなどの素材を使って原型を作る。躍動感のある魅力的なフィギュアに仕上げるためには専門的な造形技術はもちろん、ポーズや容姿など、どんなフィギュアにするかを考える力が求められる。主な活躍の場はフィギュアメーカーや玩具メーカー、造形デザイン会社など。

  • 陶芸家

    土選びから焼成まで

    工場での大量生産品ではなく、土選びから焼成まで、作品の一つずつに責任を持ち仕上げていく。焼き物の種類や手法はさまざまで、各地の窯元で修業する人もいればプロに弟子入りする人も。創作力と得意分野を持つことが大切。

初年度納入金:2022年度納入金 128万円 
年限:3年制

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科の学科の特長

クリエイティブアート科の学ぶ内容

独自の感性を磨き、幅広い表現スキルを学ぶ
「絵を描くことが好き」「モノを作るのが好き」といった想いを大切に、一人ひとりの志向や個性を尊重しながら、さまざまなアート表現を基礎から体系的に学んでいきます。3年次には複数の少人数ゼミから学びたいジャンルを選択して、専門分野の講師の個別指導により、オリジナリティや表現力を追求します

クリエイティブアート科のカリキュラム

地元企業・商店街などと取り組む、原宿デザインカリキュラム
東京デザイン専門学校の大きな特色のひとつ、産学協同プロジェクト。各企業や団体からの依頼を受け、実社会に直結した課題に取り組みます。中でも地元原宿の企業や商店とのつながりは深く、これまで竹下通りアーチとアートフェス、イラストマップなどさまざまなコラボを実現。最先端の街原宿のデザインの一端を担います

クリエイティブアート科の授業

自らのスタイルを追求しながら、メディアを意識したアート表現に重点を置く
現代のアートの需要はさまざまなシーンに広がっています。そのため、広告、ディスプレイ、インテリア、都市計画、アートセラピーなど各種メディアや用途を想定した作品づくりができるスキルを養います。また、原宿の街とのコラボやアート系のコンペやフェスへの参加を通した作品制作を行います

クリエイティブアート科の先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    教えるのは技術だけじゃない! 学生一人一人の中に、自信につながる「小さな種」が芽生える授業

    さまざまな課題にチャレンジしながら、基礎力、応用力、引き出し力を学びます。1年次には立体基礎力を、2年次には実材料(石膏、石、樹脂等)を使用し造形を、3年次には学生一人一人が進みたい方向に取り組む「表現ゼミ」で表現と向き合います。ゼミは、企画から材料調達・プレゼンまで自分自身で組…

    東京デザイン専門学校の先生

クリエイティブアート科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    小さい頃からものづくりが好き。器用さを活かした仕事に就きたい

    デッサン、造形、色彩、PCなど幅広くアート、デザインに関連することを学べることに一番魅力を感じ、本校を選びました。オープンキャンパスで講義について話を聞いたことがきっかけですね。

    東京デザイン専門学校の学生

クリエイティブアート科の卒業後

社会が求める個性的なアートを発信できるアーティストを育成
自分のテーマや芸術を追い求めるアーティストとしての活動と同時に、「時代や社会が求める」、「ビジネスシーンで求められる」作品づくりや、さまざまなメディアに素材提供できるマルチなクリエイターを育成します。また就職希望者に対してはデザイン・アートに関わる仕事の紹介も行います

クリエイティブアート科のクチコミ

デザインマインド豊かな地元原宿で感性を磨く!
地元原宿を題材にした課題や、原宿の企業や団体との産学連携活動の実施など、デザインマインド豊かな環境を授業に最大限活用します。原宿は「個性の街」。街に溢れるモノ、景色、音、匂いから、多くのことが吸収でき、それが作品づくりにも良い影響を与えます。原宿の街はクリエイターの卵達にとって最良の環境なのです

クリエイティブアート科の施設・設備

アート作品を発表するためのスキルを身につける
制作したさまざまなアート作品を印刷物やWebなどに発表するために必要となるIllustrator(R)、Photoshop(R)などの各種デザインソフトの基本的な操作スキルを習得します

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科の学べる学問

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科の目指せる仕事

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科の資格 

クリエイティブアート科の目標とする資格

    • 色彩検定(R)

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科の就職率・卒業後の進路 

クリエイティブアート科の主な就職先/内定先

    (株)ケイ・ウノ、(株)東京美工、(株)マリ・アート ほか

※ 2021年3月卒業生実績

アーティスト、メディアクリエイター、イラストレーター、デザイナーなどとしての活躍が期待されます。

東京デザイン専門学校 クリエイティブアート科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-8
フリーダイヤル 0120-339-929
t-design@tda.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区千駄ケ谷3-62-8 「原宿」駅竹下口から徒歩 3分
「明治神宮前」駅2番出口から徒歩 5分

地図

 

路線案内


東京デザイン専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT