• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 千葉
  • 東京ベイカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 美容科(昼間課程)

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)

定員数:
35人 (2年制)

スタイリストとして活躍するための美容についての様々な技術を、基礎からしっかり身につけられます。

学べる学問
  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

目指せる仕事
  • 特殊メイクアーティスト

    テレビや映画、舞台に登場する人物を作り上げるメークアップ・アーティスト

    映画や舞台、テレビドラマの出演者に対し、役柄に合ったメークを施す。架空の人物を作り上げるにあたり、創造力、独創性は必須。また、メークを施される人物の骨格や肉付きを考慮し、よりリアルに見えるメークを開発していく技術や知識も欠かせない。

  • 美容師

    お客さまの要望や流行を反映したヘアスタイルを作り上げる

    一人ひとりのお客さまの個性や注文に合うヘアスタイルに仕上げる仕事。シャンプー、カット、パーマ、カラーリングのほかメイク、着付け、ネイルケア、全身美容など数多くのサービスを提供する。ファッションショーや雑誌の撮影で活躍する美容師もいる。

  • ヘアメイクアーティスト

    求められる状況に合わせた“最高のキレイ”をつくる美容のプロフェッショナル

    ヘアメイクアーティストは、ヘアとメイクを専門に扱う美容のプロフェッショナルです。雑誌や広告、テレビや映画、ショーやブライダルの現場などでクライアントの要望に合わせてヘアスタイリングやメイクをします。類似する職業にメイクをメインで行う「メイクアップアーティスト」がありますが、「ヘアメイクアーティスト」はヘアとメイクの両方を担当します。求められるイメージや相手の希望に合わせてヘアとメイクを仕上げるため、ヘアアレンジやメイクの技術はもちろん、全体のバランスを崩さないようにファッションを含めた知識が不可欠です。ヘアメイクの専門資格ではありませんが、髪をさわるために美容師免許は必ず必要になります。イメージに合わせてヘアとメイクをつくり上げる想像力と表現力、手先の器用さ、手際のよさもヘアメイクアーティストに求められる資質です。専門学校や短大で美容に関するコースを履修し、美容師免許を取って就職するのが一般的ですが、現場で学びながら一人前を目指すことも可能です。

  • ヘアカラーリスト

    色彩知識と経験を生かして自在に髪色を表現する

    ヘアカラーのスペシャリストで、個人の持つ肌や髪、瞳の色を診断し、その人のもっとも似合う色を提案する。また、その色を的確に表現するために、複数のカラー剤を調合し、染髪までを行う。色彩知識と薬剤知識が必須の上、さまざまな髪質の染髪を経験して腕を磨いていくことが重要になる。

  • エステティシャン

    全身美容からストレスケアまで。心身の美をサポートするプロ

    皮膚のトリートメント、メイクアップ、痩身、脱毛、ネイルケアなどカウンセリングをして、客の目的と体質、性格にあったプログラムを組む。精神的な安らぎを求めてサロンを利用する客も多いのでカウンセラー的な役割も大きい。国際美容団体シデスコか国際エステティック連盟というインファの国際ライセンスを取得すれば海外で活躍することも可能。

  • ネイリスト

    美しい指先をプロデュースする、ネイルアート&ケアのスペシャリスト

    ネイルアートはもちろん、爪のお手入れやハンドケアなどのスキルを駆使し、指先全体を美しく整えるプロフェッショナルが「ネイリスト」。身だしなみの要とも言われる指先の「キレイ」や「きちんと」を応援する仕事です。ネイリストとして働くために特別な資格は必要ないので「簡単になれる」と思いがちですが、ネイリストは女性にとても人気のある職種。ネイルサロンへの就職や独立開業を目指し、きちんと収入を得られるようになるためには、JNECの「ネイリスト技能検定試験」など、ネイルの技能を客観的に審査・認定する検定試験で一定級以上を取得し、実力をアピールすることが大切です。高校卒業後の進路としては、ネイルの専門学校などに進学するか、ネイルサロンにアシスタントとして就職して技術や接遇マナーを学び、ネイリストとして一人前になることを目指すのが一般的です。

  • ビューティアドバイザー・美容部員

    化粧品の知識やメイクの技術を駆使する販売スタッフ

    デパートやショッピングセンターの化粧品売り場、化粧品の専門店やドラッグストアなどで、お客さまに対してメイクのアドバイスと商品の販売を行う仕事。顔立ちや健康状態、年齢、好みに合わせたメイク法やスキンケアについてアドバイスするとともに、その場で実際にお客さまにメイクをし、それぞれのニーズに合った化粧品を勧める。女性が圧倒的に多い仕事ではあるが、最近は男性のビューティアドバイザー・美容部員も少しずつ増えている。

  • メイクアップアーティスト

    タレントやモデルのメイクから、ブライダルや医療メイクなども

    テレビ、雑誌、CM、ポスター、コレクション、映画などのモデル、タレント、俳優などのメイクを手がけます。メイクは、役柄や求められる雰囲気づくりに対して深く関わる重要なポイントになっています。また、よりアート性を重視したものや、映画の特殊メイクなどの分野で高く評価されるケースも増えています。

  • まつ毛エクステスタッフ

    サロンでまつ毛エクステなどを施すまつ毛のスペシャリスト

    まつ毛専門のサロンや美容室などで、まつ毛エクステンション、まつ毛パーマ・カール、まつ毛カラーなどを行う専門家。まつ毛エクステが女性の間に浸透したことでニーズが高まっている仕事だ。なおサロンで仕事をするためには美容師資格が必須。ただし、美容師の勉強だけではまつ毛エクステなどの専門的な知識・技術は習得できないので、アイリスト養成に特化したスクールなどで学ぶ必要がある。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

初年度納入金:2023年度納入金 77万円  (別途教材費)
年限:2年制

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)の学科の特長

美容科(昼間課程)の学ぶ内容

新しい時代に合わせた美容師に。美容の知識や技術を広げられます
美容師にはヘアスタイルづくりはもちろん、トータルなデザインをプロデュースできる能力が求められます。東京ベイカレッジでは、さまざまな分野で活躍できるスタイリスト育成を目指し、ヘアカット・カラー、メイク、アップヘア、ネイル、アイラッシュなど、多彩な授業を開講しています。
サロンワーク実習が充実。技術はもちろん、お客様を癒し、愛されるスタイリストを目指します
プロとしてお客様への接し方を修得するために、模擬サロンでロールプレイするなど、シャンプーやマナーレッスンをはじめサロンワーク実習に力を入れています。カットやスタイリングなどの技術はもちろん、お客様への感謝を忘れないような、人間としての魅力もあふれる美容師を目指します。

美容科(昼間課程)のカリキュラム

1年次から実践的な授業を実施。業界トップレベルのカット技術を学べます
1年次から実践的な授業を実施。業界トップレベルの技術に触れ、技術&コミュニケーション能力を兼ね備えたクリエイティブなスタイリストを育成します。2年次には現場実習も体験し、接客技術にも磨きをかけます。就職後のスタイリストデビューを目指した教育が展開されます。
スタイリストに必要な土台を学生のうちにしっかりと築きます
入学後すぐからサロンワークに取り組み、1年次終了までには国家試験技術課題合格レベルまで到達。また1年次より「美容師」としての資格と技術を追求するのも東京ベイカレッジならでは。スタイリストとしての姿勢・接客スキルを徹底的に身に付け、卒業後即戦力となって活躍できる人材を目指します。

美容科(昼間課程)の学生

  • point キャンパスライフレポート

    「あなたじゃななきゃダメ!」といっていただけるトップスタイリストを目指します!

    入学の決め手は週3日制と学費の安さ。3日だけの授業で技術や知識が身につくか、国家試験に合格できるかなど最初は不安もありましたが、先輩方が問題なく合格していること、先生方の親身な指導やサポートに支えられて、自信をもって試験に臨めそうです。

    東京ベイカレッジの学生

美容科(昼間課程)の制度

さまざまなサポート制度を活かして、リーズナブルに学ぶ!
2年間の授業料は合計約150万円。学費の分割で納入できる「学費分納制度」もあり、「保護者に負担をかけずに進学したい」という意欲を支援します。授業は週3日制なので、週2日でアルバイトすれば自力での進学もかなえられます。詳しくは、進学相談会などでお気軽にご相談ください!

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)のオープンキャンパスに行こう

美容科(昼間課程)のOCストーリーズ

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)の学べる学問

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)の目指せる仕事

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)の資格 

美容科(昼間課程)の受験資格が得られる資格

  • 美容師<国>

美容科(昼間課程)の目標とする資格

    • 日本メイクアップ技術検定 (1・2・3級) 、
    • ネイリスト技能検定試験 (2・3級) 、
    • ジェルネイル 技能検定試験 (初級)

    ABEまつ毛エクステンション技能検定 ほか

東京ベイカレッジ 美容科(昼間課程)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒279-0012 千葉県浦安市入船1-5-2 プライムタワー新浦安8F
TEL:047-318-3090

所在地 アクセス 地図・路線案内
千葉県浦安市入船1-5-2 プライムタワー新浦安8F JR京葉線、武蔵野線「新浦安」駅より徒歩3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT