• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 助産師
  • やりがいを聞いてみよう
助産師のやりがいを聞いてみよう

助産師のやりがいを聞いてみよう

「新しい生命の誕生」をサポートできるのが、助産師という仕事の一番のやりがいでしょう。妊娠時から見守ってきた妊婦さんが無事出産をし、赤ちゃんと一緒に元気に退院していく、その瞬間はまさに助産師の仕事の集大成。分娩時や入院時、何かあったらすぐに駆けつけ、妊婦さんの体だけでなく心もていねいにケアしていく助産師と妊婦さんの間に築かれる信頼や絆は、医師との間以上に強いものであることも多いようです。

「生命の誕生」という感動的な瞬間に立ち会える

「出産」という女性とその家族にとっての一大イベントを一番近くで支えられるのが、助産師です。産婦さんが何時間もかけて新しい生命を生み出し、元気な赤ちゃんの産声が分娩室に響きわたる瞬間は、何度経験してもやはり感動的なものだと言います。助産師は陣痛に苦しむところから二人三脚で「出産」というゴールを目指します。スポーツに例えるなら、助産師はコーチであり、またチームメイトでもあるのです。一緒に頑張ってきた産婦さんが無事出産をし、その胸に子を抱くとき、その母親の喜びは助産師の喜びになります。

自分の手で赤ちゃんをとり上げられる

助産師は、医師の指示がなくても「助産行為」を行うことができます(正常分娩のみ)。看護師もお産の場に立ち会うことはありますが、たとえ医師の指示があったとしても、内診をしたり、赤ちゃんをとり上げたり、へその緒を切ったりすることはできません。特に母子ともに問題がない正常分娩の場合は、助産師がメインとなってお産が進んでいくので、無事に出産を終えたときの達成感は格別です。

女性の「一生」を支えられる仕事

妊娠・出産・子育ては、女性にとっての大きなライフイベント。それを機にこれまでとは生活がガラリと変わり、変化にとまどう女性も少なくありません。慣れない子育てによって「産後うつ」に陥る女性の多くは、「一人で悩みを抱え込んでしまうこと」が原因とも言われています。子育てに関する考えは人によって違うので、たとえ家族であってもその悩みを理解してもらえず、孤独に陥ることも。そんな女性を救えるのが、女性の性、妊娠・出産・子育てのプロフェッショナルである助産師です。「悩みを相談できたことで、スッキリできた」「頼れる人ができてうれしい」という声は、仕事の大きなモチベーションになることでしょう。産前・産中・産後と、「女性の人生」にずっと伴走できるのは、助産師という仕事ならではの魅力です。

全国のオススメの学校

助産師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路