• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 名古屋商科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際学部
  • 英語学科

私立大学/愛知

ナゴヤショウカダイガク

英語学科

定員数:
85人

グローバル化が進むビジネス社会において、ビジネスで通用する英語力を目指す

学べる学問
  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 通関士

    物品の輸出入に必要な手続きを行う専門家

    輸出入される物品が税関(国境を越える物品に関する事務や取り締まりを行う国の機関)を通過(通関)するのに必要な申告書の作成や、税関手続きの代行などを専門的に行うのが通関士です。通関の手続きは複雑で、しかも多くの規制があるため、この業務に携わる人は通関法や関税法、貿易に必要な法令や手続きなどの知識が不可欠です。このため通関士になるには、国家試験の通関士試験に合格し、通関業務を行っている会社に就職する必要があります。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ

    翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。翻訳者とも呼ばれます。翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

  • ツアーコンダクター

    楽しく安全な旅をナビゲートするサポート役

    ツアーコンダクターは添乗員とも呼ばれ、旅行会社のパッケージツアーなどに添乗して出発から解散までの間、旅程を見守る現場責任者です。スケジュールの管理、交通手段や宿泊先、食事などの予約確認や調整、海外であれば出入国手続きのサポートを行い、すべての参加者に楽しい思い出をもち帰ってもらえるように力を尽くします。ツアーコンダクターに必要な資格は旅行業法で定められており、国内ツアーに添乗する場合は国内旅程管理主任者、海外でも添乗業務を務めるには、総合旅程管理主任者の資格が必要です。

  • 客室乗務員(キャビンアテンダント)

    航空機内で乗客サービスを行う

    航空機内において、乗客が快適な空の旅をできるようにサービスにつとめる。緊急事態が発生した場合には、旅客の安全を確保するのも仕事。神経の行き届いたサービスはもちろん、冷静沈着な判断や適切な処置を行えることも必要で、体力的にも精神的にもかなり重労働。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2018年度納入金(参考) 138万円 

学科の特長

学ぶ内容

「ビジネスツール」としての英語能力と異文化理解で、国際的なコミュニケーション能力を養う
ネイティブ教員による指導や海外留学プログラムを通じ、仕事の場において英語でコミュニケーションできる能力を養います。また言語・文化・経済情勢や政治体制などが異なる相手の立場を尊重しながらビジネスを円滑に進める能力、激動する世界情勢の問題を発見し解決を図る能力を身につけた真の国際人の育成を目指します。

施設・設備

自学自習を支援するセルフ・アクセス・センター(SAC)
英語運用能力を効果的に向上させる自学自習スペースです。海外経験豊富な専任アドバイザーが常駐、個々の語学力に適した教材選びや学習方法などを助言。また語学学修システム「PC@LL」を導入したヒヤリングとスピーキング力の向上や、継続的な学習によるTOEIC(R)LISTENING AND READING TESTのスコアアップも期待できます。

制度

交換留学生との交流サークル「CESA(セサ)」
豊富な海外提携校から毎年100名ほどの交換留学生が本学で学んでいます。これらの留学生たちとイベントなどを通して交流を積極的に行うサークル「CESA(Cultural Exchange Student Association)」。お互いの言語や文化を教え合う「Language Exchange Program」などもあり、活発な国際交流が実現しています。

留学

世界各国の若者が性別・国籍を問わず集う「国際ボランティアプロジェクト」
夏休みを利用して海外で2~3週間の日程で行われるボランティアプログラムです。世界30カ国で実施され、本学からの271名の参加は、全国No.1の実績です(2010~2014年度累計)。各国の若者と共同生活をしながら、地域社会へ貢献。異文化理解も深めます。奨学金として往復航空券を給費します。
ヨーロッパ一人旅「ギャップイヤー・プログラム」
1年次もしくは2年次の約70日間、学生の自主的な計画に沿ってヨーロッパ各国を旅するユニークな留学プログラムです。奨学金として往復航空券、ヨーロッパ滞在中の鉄道フリーパス、20泊分の宿泊費、海外保険代金を給費。見学・調査・ボランティアなどの異文化体験を通して人間的成長を図ります。
語学研修+現地企業でのインターンシップを体験!「フロンティア・スピリット・プログラム」
このプログラムでは、派遣先大学(英国または中国)での語学研修の後、現地企業でのインターンシップや自主旅行(英国のみ)を体験します。その結果、実践的語学力の修得はもちろん、人間的な成長も期待できます。また世界52カ国128校の海外提携大学(2017年1月現在)への留学も可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【英語】<国> (1種) 、
  • TOEIC(R)LISTENING AND READING TEST

目標とする資格

    • TOEFL(R)テスト 、
    • 実用英語技能検定 、
    • 国内旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 通関士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 99.1 %

( 就職希望者557人中就職者552人 ※大学全体2017年3月卒業生実績 )

主な就職先/内定先

    セブン イレブン・ジャパン 、 積水ハウス 、 パナホーム 、 名古屋鉄道 、 JALスカイ 、 中部国際空港旅客サービス 、 ドリームスカイ名古屋 、 クラブツーリズム 、 名古屋ヒルトン 、 マイナビ ほか

※ 2017年3月卒業生実績

※学部全体の実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒470-0193 愛知県日進市米野木町三ヶ峯
0120-41-3006

所在地 アクセス 地図・路線案内
日進キャンパス : 愛知県日進市米野木町三ヶ峯 地下鉄鶴舞線「赤池」駅よりスクールバス 約25分
リニモ「公園西」駅よりスクールバス 約7分
名鉄豊田線(地下鉄鶴舞線)「米野木」駅より名鉄バス「名商大行」 13分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

名古屋商科大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る