• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療技術学部

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

医療技術学部

臨床工学技士・臨床検査技師・視能訓練士・救急救命士・診療放射線技師を目指す!

学べる学問
  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護とは、人がもっている生命力を最大限に引き出し、自分らしく生きるためのサポートをすることです。看護学は、そんな看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。大学では、1年次は、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 訪問介護員(ホームヘルパー)

    家庭に派遣され、家事を代行する

    高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設へのつきそいなども行う。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努める。

  • 臨床工学技士

    生命にかかわる高度な医療機器を扱う“いのちのエンジニア”

    人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作し、その保守と点検を行うのがおもな仕事。医学的な知識と工学的な知識を兼ね備えてなければいけない。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • 理学療法士

    運動やトレーニングで機能回復を目指す『リハビリの専門家』

    運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

  • 義肢装具士

    全国にたった5000人。義手・義足づくりの専門家

    義肢装具士は、病気や事故で手足を失った人や身体に障がいがある人のために、人工の手足や補助道具を製作する専門家です。義肢装具を製作するための専門知識や技術だけでなく、医学やリハビリテーションに関する知識、コミュニケーション能力も磨き続けることが必要な仕事です。義肢装具士になるには、専門の養成施設で学び、国家資格を取得しなければなりません。義肢装具士の養成施設は全国にわずか10校のみ(2017年5月現在)となっています。資格保有者も約5000名とまだまだ発展途上の業界ですが、義肢装具の技術発展は著しく、それらを扱うことのできる高度な知識をもった義肢装具士の需要は増加しています。海外やスポーツの現場など、活躍のフィールドも年々広がりつつあります。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

日本初!「臨床工学技士と臨床検査技師の同時取得」に対応した科目を配置し、学生全員でWライセンス取得を目指す

視能訓練士〈国〉と同行援護従業者(視覚障害)の取得に対応。医療・リハビリなど幅広い領域で活躍できる専門職を育成

「生命を救う」最前線で活躍する高い判断力と実践力を兼ね備えた“救急救命士”を養成

チーム医療の一員として高度医療を支える“診療放射線技師”を養成

キャンパスライフShot

新潟医療福祉大学 最新の実習環境で、臨床工学技士(国)と臨床検査技師(国)のWライセンス取得を目指します
最新の実習環境で、臨床工学技士(国)と臨床検査技師(国)のWライセンス取得を目指します
新潟医療福祉大学 日本海側唯一の視能訓練士養成大学。子どもから高齢者まで「眼」の健康を支援します
日本海側唯一の視能訓練士養成大学。子どもから高齢者まで「眼」の健康を支援します
新潟医療福祉大学 実際の救命活動を見据えた科目を配置し、高い実践力と判断力を兼ね備えた救急救命士を育成します
実際の救命活動を見据えた科目を配置し、高い実践力と判断力を兼ね備えた救急救命士を育成します

学部の特長

学ぶ内容

臨床技術学科
【臨床工学技士】【臨床検査技師】の2つの国家資格を同時取得するカリキュラムで学生全員でWライセンス取得を目指します。病気の発見から治療・手術・生命維持まで、医師と密接に関わりながら、従来の資格の垣根を越えて、より幅広い業務に対応できる「臨床技術者」を育成します。
視機能科学科
「眼の検査」「視能矯正・訓練」「視能リハビリ」を学ぶ専門科目に加え、近年注目を集める「子どもの眼の健康管理」や「高齢者へのロービジョン(低視覚)ケア」を学ぶ専門科目を配置し、子どもから高齢者まで“眼の健康”を支援できる【視能訓練士】を育成します。また、他学科の学生と連携し「チーム医療」の一員として活躍するためのスキルを身につけます。
救急救命学科
日本海側唯一の4年制救急救命士養成学科。救急処置を行う【救急救命士】の資格取得に加え、防災士などの複数資格取得に対応したカリキュラムで救急医療の最前線で生命を救うスペシャリストを育成します。また、救急救命士国家試験と公務員採用試験のダブル合格に向けた万全のサポート体制を構築しています。
診療放射線学科(H30年4月新設)
X線撮影やMRI検査、超音波検査などによる「診断」から、放射線を使用した「治療」を学ぶ専門科目を配置し、医師の診断や治療をサポートするための知識と技術を身につけます。また、他の医療系学科の学生と共に学ぶ「連携教育」を通じて、チーム医療の一員として活躍できる、時代が求める【診療放射線技師】を育成します。

資格

受験資格が得られるもの
■臨床技術学科/臨床工学技士(国)+臨床検査技師(国) Wライセンス
■視機能科学科/視能訓練士(国)
■救急救命学科/救急救命士(国)
■診療放射線学科/診療放射線技師(国)※
※H30年4月新設
取得できる資格
■視機能科学科/同行援護従業者(視覚障害)
■救急救命学科/第一種衛生管理者(国)、防災士(日本防災士機構認証)
目標とする資格
■臨床技術学科/ME技術実力検定試験
■診療放射線学科/放射線取扱主任者(国)※
※H30年4月新設

就職率・卒業後の進路 

■就職実績
★平成29年3月卒業生 就職率97.6%達成★ (就職希望者84名/学部全体※改編前実績)
就職センターでは、学生が希望する職種・勤務地・条件等を確認し、学生個々に合わせた個別指導を徹底しています。これにより毎年全国トップクラスの就職率を達成しています。
■活躍の場
病院等医療機関、検査・健診・血液センター、医療機器メーカー、眼科診療所、特別支援学校、消防機関、陸・海・空自衛隊 他

問い合わせ先・所在地

〒950-3198 新潟県新潟市北区島見町1398番地
025-257-4459 入試事務室

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市北区島見町1398番地 「豊栄」駅から無料スクールバス 20分
「新潟」駅から車 30分

地図

 

路線案内


新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る