• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 茨城キリスト教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経営学部
  • 経営学科

私立大学/茨城

イバラキキリストキョウダイガク

経営学科

募集人数:
60人

教養や倫理観(ハート)、経営学の知識を身につけ、社会活動に参加する(ビジネス)人材を育成。

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 国税専門官

    調査・指導で適正な納税を促す

    適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う国税調査官、納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う国税徴収官、悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査など強制捜査を行い告発する国税査察官に分かれる。納税者の正しい申告についての指導も行う。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 中小企業診断士

    中小企業の経営全般を調査・管理

    中小企業の経営者の依頼により、会社経営全般の調査・診断をし、生産管理、経営指導などを通して、経営改善をはかる、いわゆるマネジメント・コンサルティングをする。また、個々の企業を当たるだけでなく、数人でチームを作り、商店街全体の再開発診断にあたるケースもある。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 財務

    企業の経営資金に関する戦略を経営者に提案する

    会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもある。

  • 公認会計士

    企業の財政状況を、第三者の立場で公正に監査する

    売上げや利益、財政状況を公表するために企業が毎年行わなければならない決算の際、社内の経理・会計部門が作成した財務諸表や税額などを、第三者の立場で公正にチェックし、内容を証明する仕事。

  • 税理士

    納税の手助けをする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

初年度納入金:2017年度納入金 127万円  (学納金のみ)

学科の特長

学ぶ内容

ビジネスに必要な基礎力と、即戦力として活躍するためのビジネススキルを修得
ビジネスリーダーに不可欠な問題解決能力やコミュニケーション能力をバランスよく学んだうえで、「戦略・マネジメント」「会計・ファイナンス」「マーケティング」「ビジネスエコノミクス」の4つの専門領域から、経営の専門知識や能力をさらに磨きます。

授業

経営戦略や経営管理などのマネジメント全般につながる「リーダーシップ演習I~III」
この授業は、学年に応じた課題を学生に与え、その課題を学生たちが協力し合ってクリアーしていくという演習形式で行っています。演習を通じ、それぞれが試行錯誤しながら自分の特性を見極め、他人任せではなく、チームの中で自分はどのような貢献ができるかを学び、自発的に問題を解決する力を育てます。
会社の動きを数値でとらえ、企業と社会のつながりを理解する「会計学総論I・II」
株主、従業員、債権者など、企業と関係を持つ人々は、企業の経営成績などに関する情報を必要としています。この授業では、貸借対照表や損益計算書などの会計書類による情報提供について学びます。会計を学ぶことで、企業と社会とのつながりが理解できます。

資格

教員がアドバイザーとなり、学生の資格取得を徹底的にサポート
早期からキャリア意識を高め、資格取得等においては、教員がアドバイザーになり、簿記検定、TOEIC(R)テスト対策、教職、SPI対策などの指導を行っています。さらに意欲のある学生には日商簿記1級、税理士や公認会計士などの国家資格取得に向けた指導も行います。

制度

地元企業との連携による各種制度を通して、地域経済の発展に貢献する人材を育成
地域企業や行政機関との連携により、企業の方々による講義、企業見学、インターンシップなどをとおして、実社会を理解する実践的な学びのチャンスを用意。こうした学びは学生の地域社会への関心や愛着を高めると同時に、地域社会からも高い信頼を得る機会になり、地域への就職へとつなげていくことが期待できます。

留学

米国オクラホマ・クリスチャン大学院への進学支援
協定を結んだ世界14か国21大学への約1年間の交換留学、春・夏期休暇を利用する2~4週間の海外語学研修があります。留学制度の利用だけでなく、経営学部学生には卒業後に一定基準を満たせば、オクラホマ・クリスチャン大学院のMBAコースに進学するための試験が免除となる制度が利用できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

目標とする資格

    • 公認会計士<国> 、
    • 税理士<国> 、
    • 日商簿記検定試験 (1級・2級) 、
    • TOEIC(R)LISTENING & READING TEST

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 94.1 %

( 就職者64名/就職希望者68名 )

主な就職先/内定先

    みずほ銀行 、 日立物流東日本 、 シチズンリテイルプランニング 、 あおば労務管理事務所 、 警視庁 、 茨城県警察 、 栃木県警察 、 那珂市役所 、 ひたちなか市役所 、 常陸大宮市役所 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1
フリーダイヤル0120-56-1890
nyushi@icc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県日立市大みか町6-11-1 「大甕」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


茨城キリスト教大学(私立大学/茨城)