• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 情報工学
  • 他の学問とのかかわり

情報工学と他の学問とのかかわり

ロボット作りを例にとってみても、ボディを開発するのが「機械工学」、それを動かすコンピュータ(電子回路)を設計するのが「電子・電気工学」ということになります。情報工学はそこにインストールするプログラムを開発する役目を担っているというわけです。

※このコンテンツは2018年の取材に基づき構成しています

機械にインストールするプログラムを開発する役目

情報学であり、工学である

情報工学は情報の流れや伝達について学ぶ「情報学」に含まれます。情報学が扱う領域は広く、文系学問としてテレビ・新聞・インターネットのあり方や企業における情報管理について学ぶこともあれば、理系学問としてコンピュータによるデータ収集や計算方法について学ぶというアプローチもあります。さらに、ものづくりについて研究する「工学」にも含まれますから、製品やサービスの仕組みついて研究したり、実際に作ってみることも重要な学びとなります。

ロボットの開発でその違いを説明

1台のロボットを作るのに必要な学問は?

工学と一口にいってもたくさんの学問がありますから、どの工学が自分の目指すものか、とてもわかりづらいと思います。そこでロボットの開発でその違いを説明しましょう。ボディや手足となるアームの構造設計や組み立て、さらには軽くて丈夫な素材の開発などを担うのが「機械工学」の役割です。ここでは材料力学、構造力学、機械製図、エンジン、流体力学などを学ぶことになります。一方、ロボットの脳となるコンピュータ(電子回路)を設計するのが「電子・電気工学」の領域です。ここでは半導体や電子回路、信号処理、コンピュータ制御、ロボット工学などを学びます。そして、ロボットの脳にインストールするプログラムを開発するのが、通信ネットワーク技術や情報処理について学びを深めていく、「情報工学」ということになります。

あらゆる分野とつながっている情報工学

医師にかわって病気の進行度を診断する医療ロボットや、人間と同じように会話をするロボットの開発など、情報工学の研究成果はさまざまな分野で応用されています。学生の研究をとっても、360度カメラを用いた学習教材や、農作物を収穫するロボット、音声で操作できる視覚障害者向けスマホアプリと実に多様です。そういった意味では、身につけた知識や技術を、経済、医療、建築、介護福祉、エネルギーなど、幅広い分野で生かせる学問といえるでしょう。

全国のオススメの学校

情報工学とはどんな学問?

情報工学では何をどのように学ぶか

情報工学はこんな人に向いている

情報工学を学んだ後の進路と今後の展望

情報工学ではこんな研究をしています

情報工学のここが面白い

もっと先生たちに聞いてみよう

Photo

ICT/IoT技術を支えるハードウェア技術を教える先生

神戸電子専門学校 情報工学科
石橋 秀夫先生

Photo

便利で楽しめるシステムや仕組みづくりができるエンジニアに

静岡理工科大学 情報学部 コンピュータシステム学科
高野 敏明先生

Photo

AIを応用して、夢中になれるゲームを開発する先生

東京情報大学 総合情報学部総合情報学科
マッキン ケネスジェームス 教授

もっと見る

情報工学を選んだ理由

こんなふうに情報工学を学んでいます

もっと在校生たちに聞いてみよう

Photo

地元を離れ、大好きな環境で仲間とともに成長中

愛知工科大学 工学部 情報メディア学科
神戸 大貴さん

Photo

自分のつくったものが動く感動!日々プロに近づいていることを実感中

神戸電子専門学校 情報工学科 電子科学コース
佐々木 邦彰さん

Photo

充実の環境で、ITの知識や技術をのびのびと学べるキャンパスです!

東京電機大学 理工学部 情報システムデザイン学系
A.Oさん

もっと見る

もっと卒業生たちに聞いてみよう

Photo

教育の舞台裏を、システムで支える。

大阪電気通信大学 
情報通信工学部 情報工学科

もっと見る

関連する仕事・資格もチェックしよう

関連する記事

情報工学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路